英検を活用して英語力を確実に向上させる試験学習法とは!?

2012年4月24日
LINEで送る
Pocket


英検受けた理由

情けないことに、高校2年生のときに受験したのですが、受けた理由は、母から「英検ぐらいとっておきなさい」という忠告を受けたからです。半ば強制的に受けさせられました。しかし、若干面倒だな、という思いもあった反面、自然とその忠告は受け入れられました。将来に向けて、自分の英語力を試すのも、いいかもしれない。と思いました。これら2つが受けた理由です。

英検受けた印象

某大学が受験会場として指定されましたが、英検は、まだそれほどTOEICが普及していなかったので非常に多くの人が試験を受けに来ているのを見て、また、非常にピリピリと張り詰めたような雰囲気というか空気が辺り一面(受験会場一面)に漂っていました。本当はリラックスして平常心で受験し、自分の力を最大限に発揮しなければいけなかったのですが、逆に緊張してしまったのを覚えています。
これは、実は現時点では、一度もありません。やはり、英検だけでなく、簿記とかでも言われることですが、「履歴書に書けるのは(資格を持っていることでのアピールできるのは)2級から」と、社会一般では暗黙の了解があるようで、私の取得した英検のレベルである準2級は履歴書に書くことも出来ず、人と話していて(友人などと)も自慢もできず、今から思うと、「受けた意味はあまりなかったな」と思います。

英検を持ってて得したこと

敢えて資格を持ってていて得したことを挙げると、その後の大学入試の時に、英語を得意科目に出来たことです。私は私立文系の大学を複数受験しましたが、受験科目のうち、英語はせいぜい覚えておくべき文法を忘れていないか定期的に文法の参考書を読んでチェックして覚え直す作業と、単語&熟語の暗記、これら2つを通学時間に行うだけでまあまあの偏差値をキープ出来ました。この勉強法は、英検を受けるときに行った勉強法そのままでしたので、大学を受験に役立ったと言えると思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop