リエゾン

2013年5月17日
LINEで送る
Pocket


リエゾンとは「音の連結」という意味です。英語では、単語間を滑らかに発話しようとするため単語末尾の子音と次の単語の先頭の母音とが結びついて、「音の連結」 を起こす傾向があり、リエゾンは主に2種類あります。ひとつは①子音+母音での連結。

例えばfind out[faind aut]=[ファイン ウト]の[d]と[a]音が連結した結果、[faindaut]=[ファインウト]とひとつながりの発音がなされる。

もうひとつは②[t/d]+母音の連結で、[t/d]の音が弾音化。子音+母音の中でも[t/d]+母音のパターンでは、[t/d]音は破裂せずに、日本語の 「ラ音」・「ダ音」に近づいた軽く弾く感じの音に変化する傾向があります。例えばget on というフレーズは、通常のリエゾンでは[ゲッダン]という発音になるが、これが[ゲラン]あるいは[ゲダン]に近い音で発話されます。この様に音の連結(リエゾン)には①子音+母音と②[t/d]+母音の2種類があるのです。


あわせて読みたい記事

関連するキーワード

pagetop