「TOEIC対策」の記事一覧

1分間TOEICテスト英単語 FREE

1分間TOEICテスト英単語 無料版英単語60 3.4.0(無料)
カテゴリ: 教育, ブック
販売元: kokoro cinderella – kokoro cinderella inc.

この英語アプリの特徴

  • テンポ良く単語を出題
  • その場で色分けし、即座に分類出来る
  • 長文読解法などのアドバイスを紹介
  • スピードや表示方法など選択可能
  • 単語を一気に閲覧できる
(さらに…)
1分間TOEICテスト英単語 FREEへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  - 

必須英語試験!駐留軍労働者の募集要項を見て挑戦したTOEIC

TOEICを受けた理由

私がTOEICを受験したのは、転職を考えていたことと、実際に自分がどの程度英語ができるのか知りたかったという2つの理由からです。
転職の情報を色々と集めて探していると「駐留軍労働者募集」というサイトを見つけました。いわゆる米軍基地内での求人です。安定した職業の一つと言えるでしょう。
詳細を見ると求人の条件に「英語中級以上TOEIC500点以上」などと具体的に点数まで表示されています。まず、自分の英語力を示した上で面接が可能となるわけです。
当時30代中盤で、試験というものから遠ざかること10年以上でした。これだけ遠ざかっていると、勉強や試験に対して新鮮ささえ感じてしまうほどでした。
私は中学、高校、大学と合計10年間も英語を勉強してきましたがご多分にもれず、話せるレベルには到達しませんでした。そんな私でしたがTOEIC対策の参考書を購入し、時間を探しては勉強をしました。
TOEICの試験は、6月でした。私は関東学院大学 金沢八景キャンパスで受験しました。その日は、会場の教室は蒸し暑くて「夏の受験は避けたほうが無難。」と思ったことを覚えています。

TOEICを受けた印象

試験では、リスニングが苦手な私はリーディングで点数をかせぐように頑張りました。わからない問題に時間をかけないようにしていましたが、試験終了時間ギリギリまで問題を解いていた私でした。
TOEICの試験は傾向があるようなので、その傾向への対策を講じていくことが点数アップにつながると感じました。後日、求人の応募にかかる条件もクリアできたので面接を受け、晴れて希望していた職業に就くことができました。

TOEICを資格を持っていて得したこと

TOEICという試験を受けたことによって私は仕事の選択肢を広げられたと思っています。タイミングや運などもあるとは思いますが、学ぶことが力になったという実体験でした。TOEICは、より良い人生を生き抜くためのアイテムの一つだと私は考えています。
必須英語試験!駐留軍労働者の募集要項を見て挑戦したTOEICへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

今の自分のレベルを知る事が英語習得のスタートになります!

TOEICを受けた理由

昨年TOEICを受けました。受けた理由は、副業でやっているフリーランスの仕事で、海外とのやりとりがあり、コミュニケーションを円滑にするため英語力を上げる必要があったのですが、それには何か具体的な目標があった方が、モチベーションが高まってよいと思ったからです。
実際発生するやりとりはメールと年に1、2回の打ち合わせですが、不安なときは通訳を頼んでいますので、自分が話せればそのコストも削減できます。英検も考えはしたのですが、何級という判断基準よりも、何点レベルと言うTOEICの方が分かりやすい感じがしました。

TOEICを受けた印象

実際に受けた印象は、緊張していたせいもありますが、思ったよりずっと難しかったという事です。話すスピードがとても速く、使われる言い回しも難しくて、分からないで勘でマークした箇所が沢山ありました。
事前にハイレベル向けの参考書をかなり勉強して行ったのですが、文法が分かっていても聞き取れないので、猛勉強が無駄に終わった感じがします。終わった後は自信喪失し、しばらくはもう一度受ける気力がありませんでしたが、時間を置いたらまた頑張ろうと思えてきて、今また勉強しています。
資格を取ってから、自分が思っていたよりずっと出来てないという事が良く分かり、また具体的な点数が分かったため参考書が選びやすくなりました。点数が分からなかった頃は手探りでハイレベル用の参考書を買っていましたが、もう少し低いレベルに一度戻る必要があると分かりました。

TOEICを資格を持っていて得したこと

また、私は720点だったのですが、このラインは「英語が出来る」という最低ラインらしくて、それ自体は威張れないのですが、少なくとも要英語力とある募集には応募できる事もあります。派遣会社に登録する際も資格の一つとして書けますので、時々はそれで仕事が来ることもあります。
今の自分のレベルを知る事が英語習得のスタートになります!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

今はTOEICスコア800点台も珍しくない?就活の現実は厳しい

TOEICを受けた理由

当時の男友達が会社で受けされられていて、私も面白そうなので受けてみました。問題集を買いましたが、写真問題とか広告とかあっていっそう面白い!と感じました。今までのテストと違う感じ!ハマってしまい、それ以降20回位は受けました。

TOEICを受けた印象

受けた印象はTOEICって格闘技だな、と感じました。まずリスニング100問、リーディング100問、と問題数が多いのでじっくり考えてやっていたら確実に時間が足りません。
リスニングは放送で進んでいきますので順番にやるしかないですが、それにもテクニックが要ります。リスニング長文などは問題用紙には放送で読み上げる文は記載されていなくて問題と答えの選択肢しかありません。放送が流れる前にあらかじめ問題文を読んで何が聞かれているか?ということが把握出来てるかできてないかで大きく特典ゲットの差がつきます。
またリーディングですが、パート5の間違い探しからはじまってパート7の長文読解までありますが、これも順番にやっていては私の場合は間違いなく時間が足りませんでした。そこで5→7→6の順番で苦手の6は当たってるのがあればラッキーくらいの気持ちで最後に5分で片付けていました。そういうやり方でやると時間が足りないばかりか逆に5分くらい余る位になりました。

TOEICスコアを持って得したこと

持っていて得したことは確実に就職の目安になったことです。派遣の場合、スキルが命ですのでTOEICがあったおかげで外資系企業でのお仕事が回ってきました。実はTOEICを頻繁に受けているときは英語とは全く関係のない仕事をしていたのです。ほんとにTOEICを持ってなかったら・・・と思うとぞっとします。
しかしながら今では派遣でもTOEIC800点台も珍しくないらしく900点台後半でないとめぼしい仕事はゲットできなくなっています。 もちろんTOEICが出来たからといって仕事も出来るとは限らないですが、同じスキルの人がたくさん居る場合、選考の目安になるのかなあと思います。
今はTOEICスコア800点台も珍しくない?就活の現実は厳しいへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

pagetop