「TOEICスコア」の記事一覧

TOEICスコア700点台でも就活に活かせる!?TOEIC対策と効果

TOEICを受けた理由

私の大学で定期的にTOEICを受けるので、特に自分としては理由はなく学校が行うがままに試験を受けました。とは言っても受けるからにはいい点を取りたいですし、就職にも有利になる場合があるのでそれなりにTOEIC対策の勉強をして受けたつもりでした。会場は自分の大学でしたので、あまり緊張感はない感じでした。 私はそれなりに気合いを入れていたのでそんな事はなかったのですが、途中で寝てしまう人なども、視界のすみにちらほらと映っていました。でも確かにその気持ちがわからなくもありませんでした。なぜなら試験時間がとても長いのです。しかも最初にリスニングがあり、次に文法問題なのですが、その最初のリスニングが100問もあるのです。

TOEICを受けた印象

そのリスニング100問分を集中して聞くとなると、かなり疲れます。ですので途中でくじけてしまう気持ちもわからなくはありませんでした。しかし私としては準備もして取り組んでいたので、最後までやり抜きたいという気持ちからやっているとその長い試験時間も短く感じ、最後まで問題を解ききれませんでした。受けるまではこんなに過酷な試験とは思わなかったので、終わるとぐっと疲労が出て来たのを今でも覚えています。

TOEICを持ってて得したこと

その時の結果はあまりよくなかったのですが、次の大学でのTOEIC試験での最初の経験を生かし準備万端で挑み、時間配分や気力配分に気を使いうまくできたと思います。そして二回目の試験では700点代を撮る事ができ、就職活動の履歴書にも書く事ができ、受けられる企業も増えたので、TOEICで頑張って本当に良かったと思っています。確かに大変ですし勉強も試験本番も気力のいるTOEICですが、頑張ってスコアを持っていて損はしないと思いますよ。
TOEICスコア700点台でも就活に活かせる!?TOEIC対策と効果へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

目標を持って英語学習、TOEICを目標に英語学習する効果を検証!

TOEICを受けた理由

高校時代までは英語が大の得意だった私。通っていた高校では最高でクラスで2番までいきました。高校自体も愛知県の進学高校でしたから、それなりの英語レベルだったと言えるはずです。ところがご多分に漏れずテストは出来るが会話が出来ないという有様でした。自分で情けないとは思っていたのですが、日常で英会話は必要ありませんし、仕事でも関係ありません。
では、そんな私がTOEICを受けた理由は? となりますよね。はじめてTOEICを受験したのは35歳の時。結婚して9年目だったのですが、実は私の妻はTOEIC895点の実績があります。「あなたね、英語くらい少し話したらどうなのよ。今度、TOEIC受けなさいよ」

TOEICを受けた印象

こんな経緯で受験する羽目になったのです。で、私の得点ですよね。正直に書きますが、430点しか取れませんでした。とにかくヒアリングが全くだめ。何を言っているのか全くわからなかったのです。あれだけ英語が出来たのに、実際に使えないことが証明されてしまいました。でも、さすがに妻は呆れていましたよ。「430点・・・はっ?」という感じです(笑) その後は数年経って一度だけ受験しましたが、その時は400点を切ってしまいました。英語で東大模試のA判定を取ったことがあるのにこの惨敗ぶり。

TOEICを持ってて得したこと

本来ならばここで一念発起、となるのでしょうが実際には全く逆。英語に対する意欲は完全に無くなってしまいました。でも、海外旅行に行くと英語に対する意欲が再燃します。海外ですべて妻任せにするのは何とも格好悪いものです。男としてのプライドがムクムクと沸いてくるのですが、実際に話そうとするとまったく通じません。完全なカタカナ英語で勉強してきたツケが一気に回ってきたのですが、あの当時はそれで良かったのでした。今の教育はずいぶん変わってきましたが、私の世代は仕方がありません。
目標を持って英語学習、TOEICを目標に英語学習する効果を検証!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

TOEICで就活が変わる!?TOEICを持ってるだけで最終面接まで

TOEICを受けた理由

まず、受けた理由ですが、これに関しては学生の時に強制的に受けたのがきっかけでした!それ以来、自分自身の英語のスキルアップの為にうけてきましたが、自分の英語のレベルがどれほどあるのかを数字として見たかったので受験していました。印象としては、結構難しいと言うのが一番です。決して簡単ではないですし、毎回テストの形式は似てはいても、簡単に思えた事は一度もありません。

TOEICを受けた印象

また、学校の様に学生が一気に受験する時などは、自分の学校で団体受験などができるのかもしれませんが、殆どは他の大学などの貸し会場で受験を行うのでそこまでいくのが、又大変と言えば大変です。近いといいのですが・・・TOEICは、リスニングと文法に分かれていて、(以前私が受験した時)初めにリスニングから始まり、終わってから文法にはいるので、リスニングでかなり眠くなってしまいます。
なので、リスニングは聞かないといけない所と、聞かなくていいところは聞かないと区別してやってきました。そして、毎回テスト形式が変わると説明が流れるのですが、その時が次の問題を先に読むチャンス!説明など聞いていても何の役にも立たないので、先にどれだけ早く問題を読む事ができるかが大切だと思います。
問題を早くよんでおく事で、どんなことが質問されているのか頭にいれた上で、文章を聞く事ができるので、いち早く答えを導きだすことができますし、問題を早く説く鍵だとおもいます。文章に限らず、絵を見て答える問題も一緒です。先に絵を良くみておくと回答もだいぶん楽になります。

TOEICを持ってて得したこと

資格を持っていて得をした事は、大学の英語のクラスでは、点数によってあらかじめ単位が貰えると言う事でした。例えば、点数が650点以上ある場合は、英語の単位2単位を貰えるなど。後は、就職の時もTOEICを高得点とっていると、TOEIC800以上とかの企業も諦めずに受験できる所です。
TOEICで就活が変わる!?TOEICを持ってるだけで最終面接までへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語初級者必見!TOEICのスコアを600点まで伸ばすための対策法とは!?

TOEICを受けた理由

会社で毎年度、自己目標の設定などが必要なのですが、同僚達と、資格取得や英会話レベルを上げる事についての話題が多くなり、実際に難しい資格を取得したり、TOEICなども高得点を取る同僚や後輩が増えてきました。数年前、私の友人が、TOEICで950スコアを取った事もあり、公式テキストなどを見せていただきました。

TOEICを受けた印象

友人のように高得点を取るのは難しいと思いますが、なんとなく私も受けてみる自信が付いた所で、自己目標の設定にTOEIC600スコアを入れました。自己目標に入れてしまったので、最新の公式テキストを購入してきました。公式テキストで勉強をしてみて、まず感じたのは、TOEIC用の勉強をしないと高いスコアを取るのは難しいと思いました。それは、試験のイメージのまま、流れについていかなければ、焦ってしまって、落ち着いて受ける事ができないように思いました。
TOEIC試験は、家の近くの大学で行われ、年齢層の広さに驚きました。見てみると、やはり私と同じぐらいの年齢が多かったのですが、定年を過ぎていると思われる年配の方もいらっしゃいました。そして、試験の説明等が始まり、若い方は、静かに開始を待っている様子でしたが、質問や音量の調整をお願いするなど、年配の方々の意欲が強く感じられ、広い年齢層に浸透していて、支持されている試験なのだと改めて感じました。試験が終わり、思ったよりも上手くできなかったことにショックを受けながらも、楽しく受ける事ができたと思いました。

TOEICを持ってて得したこと

TOEICを受けてみて、目標スコアには達しませんでしたが、自己評価の達成率も80%以上となり、上司への報告は自身をもって話す事ができました。多くの人とTOEICスコアについてのお話ができるので、まだスコアは低いですが、受けて良かったと思っています。そして、社内では、語学で優れている人の海外出張もあり、次回に向けての勉強も始めました。
英語初級者必見!TOEICのスコアを600点まで伸ばすための対策法とは!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop