「英語教育」の記事一覧

中学生以下の子供に教えたい英語習得のための勉強法

中学生からの英語学習方法

英語の勉強方法ってあまり難しく考えない方がいいのではないかと思います。私は小学生のころから洋楽が好きでよく聞いていたので、中学で英語の授業が始まるのが待ち遠しかったほどなのです。
もともと勉強は嫌いな私でしたが、中学の教科書は暗記するようにしました。今の中学生の学習方法はわかりませんが、ノートに何度か書いてスペルも正確に書けるように努力しましたね。
中学生時代は特に英会話スクールに通うとか塾に通うなどはしませんでしたが、中学3年を終える頃には多分、基礎的な英語力はついていたと思います。
ですから、日本の英語教育はあながち悪いものでもないと思うのです。今はネイティブの講師の授業も公立学校でもありますから、むしろ私の中学生時代よりも恵まれていますしね。
そして、高校生になり、アメリカ人の先生のもとで少し英会話のようなものを習いました。この時は自分の英語がネイティブに通じたので嬉しかったですね。
そして、いつも好きで聞いていた洋楽。案外、この歌詞を覚えるだけでも英語の勉強になったものです。もちろん、ヒアリングの練習にもなりました。
その後、成人してアメリカに留学したり、社会人になり英会話スクールにも通いましたが、私の原点はやはり中学でしっかり教科書の英語を勉強したことです。
英語を勉強すると、やはりとても世界が広がります。海外旅行先でも不自由しませんし、仕事を探す際にも選択肢が広がるでしょう。実際、私は外資系の会社に勤めていたこともあります。
それに、外国人の彼や彼女ができた時にも、コミュニケーションがスムーズに行きますよね。私の英語学習法は古典的なものですが、今ほど、英語学習の手段が豊富な時代はないと思います。グローバルな時代やはり英語だけは、必要最小限だけでも勉強しておきたいですね。
中学生以下の子供に教えたい英語習得のための勉強法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

お年寄りも受けていた!?英検を子供と受けてみた

子供と一緒に受けてみました

最近、小学生の子供を連れて、受けに行きました。受けたのは子供です。英検の試験会場は、本当にお子さんが増えています。小学生もちらほらみかけました。みんなだいたい3級くらいから上を受けているようです。
親の意識もだいぶ変わってきて、子供に英語教育を受けさせたい人が多いですし、実際受験対策にも、英検は有効だということで、英語熱がすごいですね。小さいお子さんたちですけど、特に騒がしい様子もなく、みなさんもくもくと手続きをされていました。
受けた印象ですが、お年寄りが、腕試しで何回も続けて受けている方がいらっしゃったり、小学生の姿が目立ったり、中高生が、学校の授業の一環で受けていたりと、いろいろです。
待合室で小学生のお母さんと一緒になったので、いろいろ界隈の英語教室の情報交換をしたり、どこの図書館には児童英語の蔵書が多いかなどの話をしたりしました。
子供はお年寄りに話しかけられて、がんばれと激励されたそうです。なぜかチョコレートまでもらっていました。いろんな年齢の人が受けますから、日頃あまり一緒に机を並べたりしないような年齢の方と、同じ試験を受けたのは、子供には印象深かったようです。
子供は試験を受けに行くこと自体は嫌がらないので、長い目でゆっくり受け続けて行こうかなと考えています。本人は英語が好きだし、資格がある事で、英語力の証明になる事もぼんやりわかってはいますね。
次は1級を受けます。結局資格って持っているか、持っていないかのふたつにひとつなので、大人になって受けるより、今時間のある時に、まだ記憶力があるうちに、手早くとってしまう方が、あとが楽ちんかなと思っています。
本人は落ちてもケロっとしていますし、親のほうも、まだ小学生なので、ゆっくりかまえていられるので、こういう難易度が高い試験は、早いうちから始めてしまった方が、余裕をもって取り組めるのかもしれません。
お年寄りも受けていた!?英検を子供と受けてみたへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

留学を体験して感じた英語教育の日本と海外との違い

9ヶ月間のイギリス語学留学

私がイギリスを英語留学を選んだ理由は、ヨーロッパの中で英語を話しているというのが魅力だった。実際、日本から英国まで飛行機で12時間かけて行ったが、それは、実際に現地での生活に比べるととても長く感じた。
私が現地で過ごしたのはわずか9ヶ月。その期間、いろいろな経験をした。まずは、空港から、語学学校までのタクシーの移動だろうか。
通常のタクシーでは高額だが、語学学校の計らいもあって、思ったよりも安く、空港から深夜にも関わらず、ホームステイ先まで送っていただいた。
最初のイギリスでの1日は飛行機の12時間以上の移動とタクシーでの移動を合わせるとほとんど丸一日費やしたといってもいいだろう。語学学校は、いい場所にある。そこは海のそばで、常に海を見ることが出来た。
学校では、多くの留学生がいた。将来、大学へ進学を考える人、英語を学んでより収入や高い地位を会社内で得るために来た人と様々だ。
私もその一人だったが、みな最初はうまく英語をしゃべれず、やはり、大学を目指す学生や現地で既に働きながら学んでいる人たちの方が、よくしゃべっていたように感じた。
だから、事前に入学時に能力テストを行い、その後、英語力別に教室を割り当てているのは正しいと思った。ちなみに私は、下から数えて2番目のクラスで、中学生レベルだったのを覚えている。
もし、高度な文法と読解力を持っていたら、上のレベルからスタートするはめになったに違いない。それに関しては非常に語学学校の先生達の計らいに感謝している。
Kate & William Royal Wedding, London, United Kingdom
Kate & William Royal Wedding, London, United Kingdom / DoctorWho

また、クラス内では、様々な国から色々な理由で参加している人たちがいた。実際英語のレベルは楽で読んだり聞いてもなんとなく解ったが、しゃべることと書くことがうまくできず、ほとんどテストだけがよかったのを覚えている。
その反面、他の生徒は、文法や読むことが出来ないのにしゃべれている。それが、私には不思議でならなかったが、日本の英語教育の利点の1つに違いないことはいうまでもないだろう。
数ヶ月の内に1つ上のクラスへ、おそらく高校初級レベルだろうか?流石に英単語も忘れていて、非常に読むことに時間がかかり、周りは、ほとんど大学志望の留学生が多かったので、とても早く読み、教員の質疑応答をきっちりとやっているのがとてもすごく思えた。
とにかく、語学学校で英語を学ぶことは、世界から日本を見ることができ、自分にとってかけがえの無い経験となった。
留学を体験して感じた英語教育の日本と海外との違いへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

英語は地球語!と感じた海外旅行での体験談

英語が話せてよかったこと

英語は地球語。英語を話すことで世界中を旅することができます。私は、今まで様々な国に旅行にいっています。
イギリス、フランス、イタリア、エジプト、トルコ、インド、」タイ、ベトナム、マレーシア、カンボジア、フィリピン、アメリカ、オーストラリア
高い添乗員付きの旅行をしたのは、小学生の時の家族旅行だけです。それ以外は、ホテルと航空券がセットになっているプランか、航空券だけ買って現地で宿泊先を決めています。
両親も海外旅行が大好きなのですが、英語が話せないため、自由に旅行できない上にすごく高いツアーに参加しています。英語が話せれば、半額以下で旅行できるのに。海外での買い物の価格交渉も英語ができなければ、言い値で買うことになります。
旅行の醍醐味は、やはり現地の人との交流だと思います。これも、英語ができれば、世界中の人とコミュニケーションをとることができます。エジプトやトルコで、現地の人と友達になり家に招待してもらったこともあります。観光地に訪れ、買い物をするだけでは味わえない、異文化の交流をすることができます。
travel essentials.
travel essentials. / thealphafemale

インドでは、イギリスの植民地だった時代があることもあり、英語が準公用語となっています。インドでホームステイをした時、デリー大学に通うホームステイ先の学生から、「日本では大学では、何語で話すの?」と聞かれました。もちろん「授業も日本語だし、友達とは日本語で話すよ」と答えましたが、インドでは、大学で友達と話をするときには英語を使うそうです。
日本でも、英語を話せるような英語教育をしてもらいたいですね。そうすれば、義務教育を受けただけで世界中の人とコミュニケーションがとれるようになります。
グローバル化が進み、仕事でも英語を使うような世界になっているのですから、義務教育での英語を見直す必要がありますね。ただ、私はすでに義務教育を受け終わっているので、日本で英語のスキルアップに日々励んでいきたいと思います。
英語は地球語!と感じた海外旅行での体験談へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

pagetop