「英語教材」の記事一覧

英語は音が重要!?自分で目標を決め総合的な英語力を伸ばす!

リスニング教材で英語学習方法

英語は海外に行って勉強するのが本当は一番いい、一番の近道だ、と主張する人がいますが、実際それは真実だと思います。赤ちゃんがそうであるように、相手の言っている言葉を理解してリアクションをおこさなければ自分の生命の危機にさえ関わる、少なくとも生活に著しい不便が生じる・・といった環境におかれることで、人間の脳はそれに順応して必要なものから習得していくようにできているからです。
しかしだれもが留学できるわけではありませんし、する必要もないと思います。自分で目標を決めてひとつずつクリアしていくことによって、総合的な英語力も付いてくるからです。まずは「音」が一番大切です。耳から入ってくる音を理解して、こちらから相手にわかる「音」を発しなければいけません。リスニングとスピーキングは非常に密接な関係にありますが、ここではリスニングについて書いてみます。
リスニングを勉強する時の方法は・完全なネイティブのスピードで・自分の語彙の範囲内の内容を・わかるまで何度も聞くの繰り返しがとても効果的です。 わからないものは何度聞いてもわかりません。ここが留学時と違うところで、わからない言葉も場面を変えて何度も出てくれば自然とわかるようになりますが、日本で学習する場合はそうはいきません。わからないものは調べるしか方法がないのです。
リスニング教材を用意して、まずは何度か聞きます。何度か繰り返して聞き取れないときはスクリプトをチェックします。実際にわからない単語があれば調べて、単語単位で知らないものがなければ更に聞き込みます。知らない単語がないのに聞き取れないようなら自分でその箇所を声に出して何度も読んでから聞き直します。この方法を根気よくやることでかなりのリスニング向上が得られます。
英語は音が重要!?自分で目標を決め総合的な英語力を伸ばす!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

ある本を読んで、英語学習の考え方が180度変わった言葉とは!?

脳に英語回路を作る英語学習方法

英会話に興味があり、まず単語を暗記してから色々試したものの、当然聞き取りも話せる様にもなれませんでした。しかし、ある本を読んで考え方が180度変わりました。脳の中に英語回路を作るということが書かれていて、衝撃を受けました。詳細は、まず英語耳を作って5つの音の違いを聞き分けることから始めます。
例えば、「L」と「R」を聞き分けるとか、「S」と「TH」を聞き分けるなどです。正直、今までの勉強法は、単語や文章を覚える為に、口に出して読んでみるのが基本でしたが、その場の自己満足に近く、実際の英会話が必要な場面では全く意味がありませんでした。
しかし、この聞き分けることを頭に入れて単語をリスニングすると、自然と頭の中にスペルが浮かんでくる感じです。そして、はっきりと「L」と「R」の違いなどが時間とともにわかって来ます。その後に、映画や海外ドラマのDVDで俳優のセリフを聞いてみても、今までとは全然違う感覚で耳の入って来ます。
これが、脳に英語回路を作る最初のステップなのです。これだけでも、私には十分過ぎる進歩だと思い、今でもiPhoneの英会話のアプリを使って、毎日英語回路を作成中です。中学校から英語の授業が始まり、卒業まで6年間も英語の授業があったのに、最近の数か月で間違いなくレベルが上がりました。
ぜひ、学校でもこの様な実践的な英会話が身に付く方法で勉強するべきだと思います。聞き取りだけでなく、発音に関しては、ボイスレコーダーに録音して、自分で聞いてみます。前段で、脳に英語回路を作った後のステップなので、自分の発音がしっかりしていないと、違和感があってしょうがありません。その相乗効果で、聞き取りと発音が抜群にレベルアップすることが出来ました。自分でこの方法の良さを体験したので、子供たちにも伝えようと思います。
ある本を読んで、英語学習の考え方が180度変わった言葉とは!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

綺麗な撥音が出来るようになる事で英語上達速度がぐっと上がる!

英語が上達する英語学習方法

私は日常英会話にはまったく困りません。しかし、この技術を身につけたのは、中学校3年生の時のことです。留学したわけでもありませんし、英語の学習塾にすら行ったことはありません。こんな私がなぜ英会話を中学生の時点で習得できたかをお教えしましょう。私が実行した勉強方法はいろいろありましたが、もっとも重要視したのは撥音の練習です。学校の授業はどうしても文法などに偏りますが、まずは綺麗な撥音が出来ると英語が楽しくなるのです。
私は中学校一年生の時に、NEW PRINCEの教科書を徹底的に読み込みました。細部についてはもう記憶がありませんが、中学校1年生ですから【This is a pen】レベルの内容です。しかし、これを何百回と読むのです。「そんなことをして意味があるの?」 と聞かれそうですが、私は実際にこうして話せるようになったのです。この単純な文を流ちょうに読めるようになると、ヒアリングも出来るようになるのです。
ポイントはここにあります。【This is a pen】という簡単なフレーズですが、これをネイティブに早口で話されると、意外に悩んだりします。しかし、自分が完全に話せると、このネイティブ発音がすーっと耳に入ってくるから不思議。とにかく試してください。また、撥音記号はもっと重要です。【This is a pen】クラスの文であればだれでも音読できます。しかし、外人のような撥音で発声できるかというと、多くの人が脱落するでしょうね。
こんな文でもカタカナ撥音をすると、外人にはわからなかったりします。やはり外人に通じないと英語をやる気が起きませんよね。しかし私は綺麗な撥音が出来ましたから、学校に来たアメリカ人の先生にも一発で理解してもらえたのです。
綺麗な撥音が出来るようになる事で英語上達速度がぐっと上がる!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

英語学習の効果が出る時間帯は早朝!?脳科学×英語で効率的に学ぶ

海外ドラマで練習!英語学習方法

英語の勉強は毎日少しずつでも続けられるようなものがよく、まとめて休日にするよりも、短時間でも継続して時間が取れるようにしたほうが、特にヒアリングに関しては効果的です。寝る前にちょっとやろうと思っても、夜はお酒を飲んでいたり疲れていたりと、なかなか勉強にこころを振り向けられないもの。 朝の時間を有効活用するために、すこしだけ早起きをしてみましょう。
私は一時間余裕をもっていますが、30分でもいいと思います。また、もっと早起きをしている方もあるようです。具体的な勉強法は海外ドラマの視聴です。字幕の設定と音声をを英語にして、集中して聞き取りに専念してみて下さい。文字で表示されているので、何を言っているのかは一目瞭然なのですが、聞き取れるかどうかはものによってまちまちという結果になると思います。方言や癖、喋り方の速度が違いますので、自分にあったものをみつけて下さい。
子供向けのアニメはボキャブラリーも多くなく、台詞のスピードも遅いので最初はお勧めです。ドラマであれば、ファミリー向けのコメディなどがわかりやすいものが多いです。教科書ではなかなかみつけられない慣用句的な言い回しに気付いたり、省略のパターンの発見など、実際の会話で使われる内容の勉強にはもってこいです。気に入った表現はメモしておき、自分のものにすることができるかもしれません。
読書や教材での勉強も大切ですが、ドラマを見る楽しみもあるので続けやすいです。具体的には、一度見たもののほうが、ストーリーがわかっているので言葉そのものを追いやすく、教材としてはいいかと思います。飽きない程度に繰り返し同じものを聞き取って行くと、なお効果があります。要は、なんとなくではなく、いくつの言葉をしっかりと聞き取れるかであり、発音のバリエーションに慣れるという練習です。
英語学習の効果が出る時間帯は早朝!?脳科学×英語で効率的に学ぶへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop