「英語学習方法」の記事一覧

偏った英語学習法を実践すると効果は半減!?全方面での学習がおすすめ

ディクテーションが英語学習の上達法

英語を聞き流すだけの勉強方で、英会話の習得ができるとさまざまなメディアでCMが流れています。多くの有名人やスポーツ選手が利用しているようで人気らしいのですが、個人的には英会話には良くても、英語の学習法としては足りないと思っています。よく、文法なんて意味がない、文法が分からなくても会話はできると言う人がいますが、確かに話しは通じるかもしれませんが、英語ときちんと学びたいなら、文法はやはり大切です。
最低でも、中学生レベルの文法と英単語はマスターするべきです。私は英和辞書を常に携帯し、分からない単語はすぐに調べるようにしています。例文を書き写し、分からない単語を調べ、和訳をします。この場合は意訳ではなく、なるべくそれぞれの単語の意味を反映した訳にします。また、「ディクテーション(dictation)」も大切にしています。
リスニングと似ていますが、ディクテーションは聞こえてくる英文と一言一句残さずに書きとる勉強法です。全ての文章、全ての単語を書き取ります。とても面倒くさい勉強法ではありますが、私の音の聞き取りとスペリング力が上達したのは、ディクテーションのおかげです。特に、TOEICなどの得点を上げるにはとても効果的だと思います。
学校では論文、ビジネスの場では書類と、英語でレポートを作成する機会は少なくありません。その場合、英会話だけの英語力では足りないのです。英語をきちんと習得したいならば、聞き流すだけのような偏った学習法ではなく、手間と時間がかかって面倒くさくても、リスニング、リーディング、グラマーと全方面での学習をおすすめします。できれば、ディクテーションもぜひ取り入れてください。映画のディクテーションは楽しくもあり、勉強にもなる素晴らしい勉強法だと思います。シナリオも手に入りやすいので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう。
偏った英語学習法を実践すると効果は半減!?全方面での学習がおすすめへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

洋書”オズの魔法使い”を使った初心者におすすめの英語学習方法

オズの魔法使いを使った英語学習方法

私の行ってきた勉強方法は、色々あります。高校生だったころに使っていた参考書を読んでみたり、英語の勉強は英語でするに限ると聞いて、アメリカの子供向けの簡単な教材で勉強をしたり。しかし、どの勉強法も、あまり効果が現れませんでした。理由は簡単です。途中で勉強するのに飽きてしまうからです。そもそも、私は勉強が嫌いで、英語以外の勉強も捗ったためしがありませんでした。
そんな私ですが、ある日、通販サイトで見かけた本をきっかけに英語の勉強を始めました。その本の名前は「The WONDERFUL WIZARD OF OZ」。オズの魔法使いの、翻訳されていないアメリカ版です。海外の本は安く、オズの魔法使いは300円以下の値段だったので、つい購入してしまったのです。届いたオズの魔法使いを開いてみると、子供向けの小説なので、あまり難しい単語も文法も使われておらず、辞書片手にではありますが、スイスイと読んでいくことができました。
子供向けなので挿絵も多く、挿絵と照らし合わせることで、辞書を引く前に意味にあたりをつけることができたことも、早く読むことができた要因になりました。子供向けなので、ページ数もあまり多くなく(140ページほど)、二週間で読みきることができました。子供向けとはいえ、一冊の本を読みきったので、英文を読む自信がでてきて、敬遠していた海外サイトの英文などにトライしてみようと思い、英文で書かれた記事を読み始めると、思っていたよりも難しい文章ではなく、辞書を使う必要はあったものの、一つの記事を読みきることができました。
英文を読むことになれていたことと、辞書を開く習慣ができたことで、ボキャブラリーが多少なりとも増えていたことが、いままで最初の一行すらまともに理解できなかった英文を読破することに繋がりました。オズの魔法使いは、英語の勉強が苦手だった私に、英文を読める魔法をかけてくれたようです。
洋書”オズの魔法使い”を使った初心者におすすめの英語学習方法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英文は、別に規則正しく日本語に直す必要はない!?

嫌いだった英語を克服する英語学習方法

英語は中学のころから得意ではなく高校に入ってから一段と嫌いになりました。特に英文法なるものがサッパリ分からない。文法がダメだと、英文解釈もできやしない。困ったものでした。それでも、一応は大学入学を希望してましたので、受験英語なるものを勉強していました。しかし、やはり苦手なものはどうしても得意にはなれず、国語、日本史、英語の受験科目のうち、英語だけが遅れてしまったのですね。
まずいなとは思っていたのですが、時間は止まらない。高校三年の夏が終わり、受験まで半年を切ったころ、慕っていた先輩からアドバイスを受けました。それによると、英語は長文がカギなんだよ。とにかく読むしかない。まあ、読書は好きでしたから、先輩の忠告通り、さっそく読めそうな英書を買ってきて、文章を目で追っていきました。でも、それまで苦手だった科目です。いきなり読めるわけもなく。どうしても文法が分からないから分の意味も理解できない。再び先輩にアドバイスを受けに行ったのでした。
英文は、別に規則正しく日本語に直す必要はないんだよ。頭から意味を確かめて行けばいい。このとき、特に堅苦しい英文法を意識することもない。英文で大切なのは、主語、動詞、目的語。あとは適当に訳せばいいんだ。本当にそれでいいのでしょうか。半信半疑でやってみた。すると、これが不思議なことに、英文の意味がすらすらと頭に入ってくる。驚きました。
確か二分からない英単語はたくさんありましたが、その前後にある分かる単語でだいたいの予想で読むことができました。結果、私はあれほど嫌いだった英語だったのに、もっとこの科目を勉強したいと思い、大学では英文科に進んだのでした。人生って、おもしろいものですね。何があるか分からない。
英文は、別に規則正しく日本語に直す必要はない!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語の勉強に悩み試行錯誤して考えた自己流の英語学習法を紹介

自己流の英語学習方法

学生の頃、英語の勉強に随分悩まされました。まず、言葉が違いますし、文法も違います。こんなのどうしたら覚えられるんだと思った時もありました。しかしある時、ある事に気づきました。問題の英単語を全部日本語にしてしまえば、後は日本語の並び替えに変わるのではないかと。例えると、Can you tennis?(あなたはテニス出来ますか?)という問題があったとします。(簡単な問題すぎて申し訳ない)この文章を直訳すると、出来る、あなた、テニス、になります。
もし、問題の文法が分からなくても、単語すべてを日本語に訳してしまえば後は正しい日本語に並び替えれば良いだけになります。そう思ったときから、私は試験範囲の英単語をひたすら暗記、スペルも覚えました。すると、問題を見ると覚えた単語ばっかりで、日本語に訳しては並び替え、訳しては並び替えを繰り返し、ほぼノーミスに近いレベルまで点数を取ることに成功しました。
それからというもの、苦手分野だった英語がだんだんと得意になっていきました。不安要素であったリスニングも、単語さえ覚えていれば聞いた内容の中の単語を訳して繋げる。文字で記されているかいないかの違いしかありません。私が思うに、英語が難しく思う理由は、動詞と接続詞にあると思います。動詞1つに対して、前後の分の内容で意味が全く変わってしまうので、そこに悩まされる事が多いと思います。
しかし、単語を覚えてしまえば動詞がどのような意味を指しているのか分からなくても、日本語としてしっくりくる文を自分で作ることさえ出来ればそれが正解なのです。意味の分からない文を問題にするわけが無いのですから。この勉強方は様々な言葉にも対応できるのが強みだと私は思います。ですので、もし、英語が苦手という方はこの勉強方を一度試してみてください。暗記はひたすら読む、書くを繰り返せば自然と頭に入りますのでぜひお試し下さい。
英語の勉強に悩み試行錯誤して考えた自己流の英語学習法を紹介へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop