「英語字幕」の記事一覧

ネットで学ぶ!英語力を伸ばすYouTubeでの英語学習法を解説!

You Tubeで英語学習方法

私は、海外の情報を見るのが大好きで、常にインターネットを使って、海外のニュースサイトなどを見ています。特に日本が海外の人からどう思われているのかなどを知るのが好きです。といっても英語が分かるわけではなく、もっぱら翻訳ソフトを使っています。ただし、翻訳ソフトというのは、感情が不足している機械的な翻訳となるため、訳のわからない言葉になることも多く、翻訳としては完璧とはいえません。
やはり自分で英語を学んで理解できるようになるのがベストだと思っています。そこで最近、英語の勉強の場として選んでいるのが、動画サイトのYou Tubeです。日本のことが大好きな外国人がいて、You Tubeで日本の情報を発信しています。その人の大きな特徴は、英語を話ながら日本語の字幕をつけてくれるところです。日本語を話している時は英語の字幕をつけてくれます。
英文は勿論のこと、英語の発音の仕方など、英語を理解する上では、この動画がとても分かりやすく参考になります。私はどちらかというと、文字で読む英語は、どうにかのレベルで半分以上は理解できるのですが、実際に英語を聞くとなると(リスニング)基本的な正しい英語の発音を理解していないので、聞き取ることができない状況です。ゆっくり繰り返し話してもらえれば、理解できることもありますが、通常の速さで英語を話されたら、殆ど理解できない状況になります。
You Tubeの動画は、自分で繰り返し見ることができるので、分からない英語を何度も聞き直すことができます。難しい教材を買って、無理に頭に詰め込むよりは、自分の興味のあるものから、自然に英語と接する方が、英語を学ぶ上では頭に入りやすいと思います。私の英語力は、まだパーフェクトとはほど遠いですが、好きな情報を題材にして勉強しているので、以前よりは英語が理解できるようになりました。
ネットで学ぶ!英語力を伸ばすYouTubeでの英語学習法を解説!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

NHKの「大人の基礎英語」を活用すると英語学習が続けられた!?

ディーリングよりヒアリング!英語学習方法

年齢的な問題かも知れませんが、以前は紙面で文字としての英語を見なければ英語で何を言ってるのか理解することが出来ませんでした。どう言う状態かというと、耳で聞くだけでは何を言ってるのか聞き取れなかった(理解ではなく)のです。映画ならば、日本語の字幕の代わりに登場人物の会話を英語でそのまま流す感じでなきゃ駄目だったんです。単語の意味が判らなけくてもそのまま英語を聴き取って文字に出来ることがかなり重要だと言う事に気がついたのは30歳を越えてからでした。まず、何を言ってるのかを正確に聞きとることが重要だと思います。
そこに気がついてからはとにかくCNNや海外ドラマ(字幕)を見る事にしました。CNNはとにかく意味が判らなくても流しっぱなしに、海外ドラマは録画して一度目は字幕を見ながら普通に見ますが、その後からは画面を見ないで声だけ聞くことにしています。一度見ているので映像のイメージとあらすじが頭にある分、声だけ聞くと英語が耳に入りやすいです。それに登場人物の声を聞き分け出来るので意味も理解しやすいのでアメリカの日常で使われてる言いまわしで判らないものがあるとその時だけ画面を見て確認も出来ます。
取り合えず、目で見る左脳方式に慣れてしまった自分を徹底的に改善することからはじめました。後は、年に数回海外に行くのでそこでの実践で鍛えます。その場合、海外での予定と自分の行動であらかじめ妄想というか予想をして、言い方を予習することもなかなか役に立ちます。ただ、そればかりをやり過ぎると、間違ったまま覚え込む可能性もある為にネットや本で言いまわしのパターンは調べ直すことも大事だと思います。
別の教材としては、NHKの「大人の基礎英語」録画して週に一度まとめて見てます。旅をしているというシュチエーションなので気楽に見れるのが良いのかも。もう少し若く、さらに耳が良ければ英語の発音ももっときちんと出来たのかも知れません。ですがそこまでは欲張らずに、今は相手が何を話してるのか正確に聞きとること、基本的な言いまわし+ふさわしい単語の使い方に特化して、幅を広げたいと思います。
NHKの「大人の基礎英語」を活用すると英語学習が続けられた!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

中級者向け!リスニング力とスピーキング力を確実に伸ばす英語学習法

中級者向けの英語学習方法

これは初心者というよりは、中高と英語を勉強してきた中級者向けの勉強法だと思うので、その点はご了承ください。私がこれから紹介する英語の勉強法は、主に日本人の義務教育では養うのが難しいと思われている、「リスニング力」と「スピーキング力」を養うための勉強法です。その方法とはずばり「映画を英語字幕で見る事」です。
それっていきなりじゃ無理なんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、これが結構やってみるとできてしまうのです。もちろんわからない所は止めて辞書を引くなどする事も重要なのですが、実際内容はなんとなく目と耳で補いあえるために流れとして頭に入ってきます。特に自分の一度見た事がある映画だとやりやすいので、最初は見た事あるもので字幕の早さなどについていく練習をしてもいいでしょう。しかし慣れて来たら、見た事はないけれど興味のある映画を選ぶ様にしましょう。
その映画の内容やストーリーをきちんと把握したいという気持ちから映画にも集中する事ができますし、映画字幕でも理解して見れるという楽しさがまたモチベーションに繋がるために、飽きずに向上心をもって取り組む事が可能なのです。これをつづけているとだんだん簡単に映画についていく事ができますし、映画内でよく使われている表現が正しい発音とともに頭にインプットされていきます。
そのため慣用表現の発音の繋がりが理解でき、他のリスニングなどをやった時にも言葉同士の繋がりがわかっているのでとても楽に聞ける様になります。そして映画で覚えた単語や表現は、その状況になった時にぱっと頭に浮かんでくれそれをそのまま口に出す事ができ、スピーキングにも貢献します。ただ紙に書いて覚えるのと、ストーリーの中で人が喋っているのを聞いて頭に定着させるのでは全然違うのです。このような面から私はこの映画での学習法をおすすめします。
中級者向け!リスニング力とスピーキング力を確実に伸ばす英語学習法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語講師が教える!授業後の復習のポイントを解説

自主学習でしっかり復習!英語学習方法

私の英語学習法は英会話学校で実際にネイティブの外国人と話し、自主学習でしっかり復習するように心がけています。私はもともと人見知りで、さらに外国人と話すときに緊張してしまって、旅行などでせっかく話す機会があっても、全然話すことができなかったので、英会話学校に入学しました。
英語は学校では得意だったにも関わらず、外国人講師に緊張してしまい、英会話では初心者クラスでのスタートでした。でも、少人数制クラスを選んでいるので、だんだん臆することなく話すことができるようになりました。
レッスンの最初はアイスブレイクトークの世間話があるので、最近の自分の行動を頭の中で事前にまとめておきます。余裕があれば、最近習った文法や単語を取り入れるようにしています。私は映画を観るのが好きなので、観た映画の感想や意見などを考えておくことが多いです。
そのときに使う自然な雰囲気の英語は英語のフリーペーパー・メトロポリスの映画コーナーを参考にすることが多いです。(メトロポリスはタワーレコードやカフェなどにおいてあります。)また映画をDVDを観るときには、1回目は普通に日本語字幕で観て話を理解したら、2回目は英語字幕にして気になったセリフなどを英語字幕で確認して、素敵なフレーズをメモして覚えます。
英会話レッスンの後には、その日に習った文法、単語を復習します。文法や単語は繰り返し使わないと覚えないので、習った単語や文法は自分なりの例文を作って、次のレッスンで使ってみるようにします。
英会話学校に定期的に通うことで、実際に外国人と話す機会があり、英語を勉強するモチベーションも保てます。外国人と話すことにも慣れるので、旅行中や仕事など英語を使うことに対する自信もつきました。
英語講師が教える!授業後の復習のポイントを解説へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  - 

pagetop