「英語圏」の記事一覧

簡単なフレーズを徹底的に覚える!?自信をもって推薦する英語学習法

300のフレーズを丸暗記する英語学習方法

ある程度の基礎学力は必要ですが、私が自分自身で実行してきた英語習得方法をお話しします。ここで紹介することは、私が自信をもって推薦する方法ですので、是非皆さんにもやっていただきたいと思います。【往復チケットをください】を英語に訳すと【I want to buy a round ticket】となりますが、このようなフレーズを300程度集めて徹底的に覚えるのです。難解なフレーズである必要はありません。とにかくこの程度の簡単なフレーズで良いのです。
これは旅に関するフレーズですが、このように様々な分野を自分で決めて簡単なフレーズを300ほどピックアップします。そして、あとはひたすらこれを暗記。まずはこの段階まできっちりとやり抜きます。問題はこの効果がどう表れるかですね。このようなフレーズを覚えた後に、実際の生活シーンで似たような状況が出てくるはずですが、その時に頭の中で英語でそのフレーズを唱えるのです。
たとえば、寿司屋に入ったとしましょう。その時「どれがお勧めのネタなのかな?」とまずは日本語で考えます。そしてその次ぎに、300フレーズの中でこのフレーズに似たものがなかったかどうかを思い出します。 「そういえば what do you recommend・・・ という文章があったな」
もうおわかりですね。この寿司屋で私の頭の中にはこういう発想を起こすのです。そして、頭の中で文章を組み立てて復唱するのです。このような作業が外国で役に立ちます。4年前にパリに遊びに行ったのですが、その時入ったレストランでも、お店の人にこの構文を迷うことなく話すことが出来、そして実際に通じました。ただ問題はヒアリング。このときにも、私の問いかけに早口で返してきたので何を言っているのかわからなかったのです(笑) でも、この問題は別の勉強方法で克服すれば良いのです。
簡単なフレーズを徹底的に覚える!?自信をもって推薦する英語学習法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

TOEIC対策を重視した英語学習を、実践し感じたTOEICの効果!?

TOEICを意識した英語学習方法

私はなるべく英語の勉強をしていきたいと思っているのですが、最近はTOEIC対策を重視した英語学習をしていくようにしています。これまで私は趣味で英文学の作品を読むことがあったのですが、そのような英文学の本を読むことで英語の勉強をしていくようにしていました。しかし、TOEICなどの英語の資格試験用の勉強をした方が何かと役に立つと思い始め、TOEIC対策用の英語学習に切り替えていきました。
具体的には、まずTOEICで高得点を取った人の体験談のような本を何冊か読みました。それらの本で英語の勉強法や、英語学習に使った本などの情報を集めました。そして、そのような情報に基づいて、学習するための本を購入しました。英単語や英文法、TOIECの過去の試験の問題集など、それぞれのジャンル別に本を購入しました。
そして、それらの本を読んで勉強していきました。まず英文法に関する本を読んだのですが、これは大学入試の時に勉強した英文法の本とほとんど同じようなことが書かれていました。そのため、大学入試でしっかりと英語を学んでいる場合は、このような本はあまり必要ないのではないかとも思いました。しかし、大学入試から時間が経っていて忘れてしまっているところもありますから、そのようなことの確認としては良いと思いました。
また英単語の本でも、大学入試の時に使ったベストセラーの参考書と同じ単語が、思った以上にありました。しかし、そのTOEIC対策用の英単語の本には、その単語のニュアンスに関する説明があったり、その単語を使った2~3行の文章も記されていました。また、同じような意味の単語もいくつか書いてありました。このようなことから、とても使いやすい本だと思いました。
その他に、TOEICの過去の試験の問題集も何冊か解きました。それらの問題は、問題のレベルによって比較的簡単なものもありましたし、知らない単語があって難しく感じるものもありました。効果に関しましては、まだ勉強を始めてそれほど経っていませんから、はっきりと何か言えるわけではありません。しかし徐々に、大学入試の時から忘れていたことも思い出すようになったと思います。
また、過去問を解くことによって、TOEIC試験の形式に慣れてきたと思います。最近はインターネットでも効果的な英語学習ができますから、それらの方法も使って、これからもTOEIC対策をしっかりと続けていきたいと思っています。
TOEIC対策を重視した英語学習を、実践し感じたTOEICの効果!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

私が日々行っている英語の学習方法を3つ紹介!

効率的な英語学習法法

英語の学習方法は、人によって本当に様々だと思います。私が思う最も効率的な英語の学習方法は、インターナショナルスクールに通って日本人以外の友達を作るか、英語圏の国に留学してしまい、日本人以外の友達と一緒に生活するか、のどちらかだと思います。しかし、これらを実際に実行出来る人は金銭的にも状況的にもとても限られていると思います。その為、私が日々行っている英語の学習方法をこれから紹介したいと思います。
私が、英語を学習する際に重要だと思う事は主に3つあります。1つ目は英語の本を読む事です。ここで重要なのは、本を読む際に分からない単語全てを1つずつ調べる事は絶対にしない事です。なぜかと言うと、単語にばかり目をやってしまうと、英語を学ぶ事よりも単語を調べるという事に重点がいってしまい、分からない単語が沢山ある始めの頃はそれだけでへとへとになってしまうからです。
その為、本を読む際は適当に分からない単語をいくつかピックアップして調べ、読み進めていく事が重要です。2つ目は、英語を流す様に聞く事です。例えばこれは洋楽等を聴く際に、1つ1つの単語を一生懸命聞き取ろうとするのではなく、ぼんやりと流す様に何度も同じ曲を聴く事で、次第に不思議と英語が聞き取れる様になっていく為です。英語を聞こう聞こうとせず、楽しむ様に、流して聞く事で英語を聞き取れる様になるスピードも速くなると思います。3つ目は、英語を学び始めて最初の頃は文法を気にせずどんどん話す様心がけるという事です。
英語を学んでいると、間違った英語を話したくないと思ってしまう為、ついつい文法にばかり目をやってしまいますが、実はこれは逆効果です。話す事よりも、正しい文法を身に着ける、という事に重点がいってしまう為スピーキングの練習を行うにあたって文法はとてもやっかいな存在となっていまうのです。文法は気にせず、とにかく英語を話す事を心がける事が、最終的には英語を話せる様になる為の近道であると私は思います。
私が日々行っている英語の学習方法を3つ紹介!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

最新の英語学習法!海外ドラマ×英語サイトの活用で英語力を伸ばす!

一工夫するだけでかわる英語学習方法

最近、実践している英語学習法は次のとおりです。英語圏のドラマや映画を見ること!というと、なんら物珍しさも感じられませんね。多くの方が実践されていることと思いますし、私も以前から英語圏のドラマや映画はよく見ていました。 ただ、最近それに加えて新たに始めたことがあります。それは、英語圏のドラマや映画を楽しみながら、同時に“それらの台詞をベースに英単語や英文法の説明をしてくれているインターネットサイト”を活用することで、一歩ふみこんだ英語理解を得ようというものです。
ネットをみると、英語学習を助けてくれる色々なサイトがあることに驚かされます!中でも私が最近注目しているのは、先述の通り、英語圏のドラマや映画の台詞を活用しながら単語や文法の説明をしてくれているサイト。こうしたサイトで台詞を確認しながら、実際にドラマや映画を見ることで(映像を通した)英語学習の質が一段とアップするように思うのです。
自分の耳を頼りに映像を見ているだけでは、聞き取れない部分や理解できない部分がありますし、かといって日本語字幕を見ていると、文字を追うことに一生懸命になり英語に集中しにくいもの。それに、そもそも字幕の短い文字数の中では実際の台詞に含まれたニュアンスが十分に表現されていないということが少なくありません。また、ドラマや英語に使われる、いわゆる「生きた英語」は、教科書などに書かれた学習者向けの英語とは異なることが多く、教科書英語に慣れた日本人には難しく感じられるのも事実。
ですから、耳で聞くと同時に、目でも認識することには(台詞をしっかりと確認し、日本人にとってはわかりにくい箇所についての説明を読むことで)、メリットがあると思うのです。「ドラマや映画でよく耳にするけれど、実際にどうやって使ったらしいのかわからない・・・・・・、ネイティブにはどんなニュアンスに聞こえている表現なんだろう・・・・・・」といったことが、ただ単に映像を見ているだけの時よりも、分かりやすいと感じています。
ネット以外にも、ドラマや映画の台詞を扱った本や雑誌も色々と出ていますから、比較的簡単に、自分の知っている(好きな)ドラマや映画に関するものが手に入るかと思われます。ぜひチェックしてみてください!
最新の英語学習法!海外ドラマ×英語サイトの活用で英語力を伸ばす!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop