「英語勉強法」の記事一覧

映画DVDの字幕を活用した楽しく学べる英語勉強法

気軽に始められる英語勉強法

自分のお気に入りの映画のDVDで字幕、(日本語・英語の両方が見られる作品)そして、音声に英語と日本語吹き替えのついた作品をひたすら見ます。
まず、最初は、音声が英語で日本語字幕の状態で普通に見ます。(このとき出来るだけ日本語の字幕の台詞を覚えます。)そして、日本語吹き替えのまま数日そのDVDをかけっぱなしにします。
そうするとだいたいの台詞を覚えるので、そこからは音声を英語に変え字幕を日本語に設定しその状態のままひたすらBGMのようにかけておきます。たまに、全然覚えていなようなシーンになったときは、もう一度もどして、日本語字幕をよく読み台詞のだいたいの意味を覚えます。
そのまま数日過ごすとだいたいの場面を覚えはじめるので、そこからは日本語字幕を英語字幕に設定をかえて、じっくり何度か見ます。そうすると、思っていた英単語がちがったり、何を言っているのか解りずらかった言葉の意味が解ってきます。
それでだいたいの発音や単語が理解できたら、また音声は英語のままでかけっぱなしにします。そして、時には声に出し主人公になったつもりでモノマネをしたりしながら発音も覚えます。そうすると、映画全ては覚えられなくても好きなシーンや、名場面は覚えられます。そうすると、次のDVDを選び同じ事を繰り返します。
字幕や吹き替えは、ニュアンスを伝える場合もありますので必ずしも正しい英語では無いのですが、英会話をメインに学習するのでしたら、しゃべる相手もある程度は意味が通じていれば解ってもらえます。
後、どちらかと言うと作品は、SFやアクションよりファミリー向けや感動する作品の方が向いています。(SFだと造語があったり、アクションだと言葉使いが悪かったりするので)
映画DVDの字幕を活用した楽しく学べる英語勉強法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  - 

映画を使った英語勉強法のポイントを徹底紹介

英語の映画を観て英語学習法

最近の私の英語の勉強方法は、もっぱら「英語の映画やドラマを観る」です。この方法はすでメジャーですが、いくつかポイントがあると思っています。まず、選ぶ映画やドラマですが、あまり地方性が強くて訛りの多いモノは、やはり聞き取りづらいので避けます。
例え訛りが少なくても、出演者の多いドラマなどは特は、人によって癖があったり早口で何を言ってるのか全くわからないこともあり、途中で投げ出してしまいがちでした。
そのような場合はまず、いきなり英語の映画やドラマを観るのではなく、外国映画の英語吹き替えから始めるようにしました。外国映画というのは、オリジナル音声が英語以外ならなんでもよいので、日本映画やフランス映画など好きなモノを選び、それを英語の吹き替えで観るようにします。
吹き替えの場合、基本的に標準英語に吹き替えられるため、訛りや癖が少なく、元々オリジナルが英語音声の映画に比べて断然聞き取りがしやすいです。まず初めのうちはこれで標準英語に慣れてから、オリジナル音声が英語の映画やドラマに入ると、スムーズに入れました。
もうひとつ大事なのは、初めのうちは英語字幕をONにして観るということです。よく、「聞き流しているだけで英語が身に付く」と言った売り文句を目にしますが、私の経験上、聞き流しているだけでは決して身に付くとは思えません。
人によるのかもしれませんが少なくとも私の場合は、やはり何を言っているかに集中し、それを理解するよう努力しないかぎり、英語をどれだけ聞き流しても聞き取れるようにはなれませんでした。
言っていることをきちんと理解するという意味でも、初めのうち聞き取りにくい場合は、英語の字幕をONにして目で文章を追いながら音声を聞き、聞き取れなかった部分は繰り返して聞く ということを繰り返しました。
一通り話の流れがわかったら、今度は字幕なしでもう一度見てみます。以前聞き取れなかった部分も、一度目で文を確認していると、2度目からはきちんと聞き取れるようになっているのがわかります。
この方法を1年近く続けたところ、英語圏の人と話す時、相手の言っていることがすっと頭の中に入ってくるようになり、以前と比べて断然聞き取りができるようになっていました。
映画を使った英語勉強法のポイントを徹底紹介へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

自分に合った英語の先生を見つけることが英語習得の最大の鍵

英語教材で英語学習法

本来、人は生まれ育った地域の語源を得意としております。親が日本人なら日本語の習得が安易。英語圏のアメリカ人の子なら英語がスムーズに頭に入って来るなど。我々は日本人です。
ハーフやクオーターの方などを除けば、まず日本語以外の言語を学ぼうとすると必ず壁にぶつかります。それは当たり前のことです。生粋の日本人ならば文章の組み立て方が日本語。
脳が日本古来のDNAにより文章の組み合わせを最も日本語表現を好むからです。他国も同様、アメリカなら英語。韓国ならハングル。と先祖が培ってきたモノだからです。
いきなりそこに他国の言語を取り入れようとすると脳はパニックを起こします。例えば日本語は「私が」「傘を」「さした」という文章があります。日本人である私と脳は十分に理解出来ます。でもこれを英語にすると「私は」「さした」「傘を」という文法になり頭が固ければ固い程この矛盾に直面します。そこで挫折するのが英語の長文。。。
受験時代はそれでも頑張りました。スピードランニング的な事もしましたし、アメリカへ留学もしました。でも慣れはするものの解決策には至らなかったのです。そんな困り果てたとき、父が「俺の友人が大学の英語教授をしているんだが、分かり易く、学生に人気があるみたいだから、1度やってみな」と。藁をも縋る気持ちで、始めた新たな英語勉強。
それは画期的でした。CDに収録された教授のアドバイスを基に、共に学んでゆくシステム。一体どこが画期的かというと、問いに対し1つ1つ丁寧に教えてくれる。「この文章の場合、こう訳したくなるでしょう。」「でも、見て、この文章にこの単語があよね?!という事はこうなるんだよ。」と優しい口調で本当に分かり易く、細かい事でも1つ1つ教えてくれた。
今までの経験を無視はしないが、少しでも早くこの教材に出会えていたなら、もっと英語が好きになれたであろうと思った。 巷では「本格的な発音でマンツーマンの〜」とか「常時、ラジオを聞いているように英語を耳に慣らして〜」とかいうが、そうではないと確信した。
日本人には、やはり日本風の。その国その国の言語変換方法とも言いましょうか、それぞれのより良い学び方がある。 私が言いたいのは、学び方には個人差がもちろんある。自分に合った学習方法を見つける事が学力アップの最善策とは言え、まず(本当に色々な意味が含まれているが)自分は日本人であるというところから他国の言語学習を始めてもらいたい。
自分に合った英語の先生を見つけることが英語習得の最大の鍵へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

無料でできる!iphoneを使った英語勉強法を紹介

インターネットを利用した英語勉強法

私はイギリスに少しだけ語学留学していたので、日本に帰ってきてからiphoneにBBCニュースとEvening Standard のニュースが読めるアプリを入れて、いつも通勤のときや、時間があるときにチェックするようにしています。
BBCは世界の話題が一通り読めるので、毎朝テレビで見たニュースのおさらいを再度英語で読んでいます。同じ内容のものなので、英語で読んでもわからない単語等を予測する事ができ、文章読解の理解力が増しますし、重要な単語やニュアンスなんかも何も内容を知らないで読むよりもはっきりしてくるのでためになります。
BBCのアプリには音声で聞けるニュースもあり、気になるものはリスニング強化のためにもいくつかピックアップして聴いています。 余裕がある時はパソコンから動画も見たりしています。映像が加わるとより言葉が鮮明になるのでアナウンサーやリポーターの話し方など見てもとても勉強になります。
Evening Standardはロンドンのローカルなニュースが満載なので、ロンドンに少しいた私にとってはなじみ深いし、興味がわくので、最近のロンドンはどんな感じなのかなという興味本位で読んでいます。
そうしてなるべく現地にいた時の感じを忘れないようにして、日々気になったものをfacebookにアップして、海外にいる友達ともコミュニケーションをとるようにしています。いろんな国のいろんな話題を知っているととても面白いです。
日本の友達には日本語に訳したものも載せるので翻訳の練習にもなります。そして、やはりその国の話題をとりいれると、その国の人は喜んでコメントを返してくれたりするので、実際そういったやり取りができることが、自分自身少しずつ英語が身に付いてきているなと実感がわきますし、自身もでてきました。
今はチャットやウォール上だけの英語のやり取りが主なので、機会があれば友達にまた会いにいって、自分がどのくらいしゃべれるようになっているのか早く試したいです。
無料でできる!iphoneを使った英語勉強法を紹介へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop