「英語を話せる」の記事一覧

英語の威力凄すぎ!専門卒が外資系の会社で管理職まで上り詰めた話

英語が話せることで順調にキャリアが…

私は中学校から英語の勉強を始めた日本生まれに本育ちです。海外専門学校修了後、10年間の海外就業生活を経て、2005年の時点でTOEIC 965点に至ります。くだけた日常会話程度の英語を話せる日本人は沢山いると思います。
しかし、ビジネス英語、使える英語、というと数は大きく減ることでしょう。使える英語を話せる利点はまず仕事探しにおいて選択肢が増えることである、と私は思います。
手書きの字に人柄が表れるように、マルチリンガルであることは他よりスマートである印象を与えます。また職場においては、英語の実力によって人に頼られることが「信頼を築く糧」になりますし、他人との明らかな差が顕われるチャンスです。
つまり、実績を着実に積み、順調にキャリアを進むことができます。事実、私は外資系の会社で管理職まで上り詰めました。周りは短大、4大卒の中、私は専門卒でした。
仕事以外でも英語を話せることにより友達の選択肢も増えますし、それだけ人脈が広がるわけです。転職しよう、と考えた時に友達が声をかけてくれたり、前職でお世話になった上司に快く紹介状の執筆を承諾してもらったり、という経験をしました。
日本語のみの世界ではあまりないことで、「英語が話せて良かった」と思った瞬間です。映画を字幕無しで理解できることや洋楽が歌詞を見ずに理解できることは「お土産」のようなものですね。
添乗員無しの個人旅行を自分で組み立てて自由に行動できることもうれしいですし、マスターしてしまうとスペイン語なども勉強しやすくなります。飛行機のエコノミークラスでシート前の空間が大きいものと言えば、非常口付近にあります。
この特別なシートは外資系航空会社のフライトでは英語が理解できなければ指定できません。英語を話せてよかった、と思うこと色々な所にあります。
英語の威力凄すぎ!専門卒が外資系の会社で管理職まで上り詰めた話へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  - 

今の人生を変えたいなら英語をマスターしろ!人生が180度変わる

海外との仕事のやり取りがスムーズに

今までドメスティックな会社で、英語を話せるものも自分の他に唯一一人の社内で、海外との仕事も特になかったのですが、先の円高とクライアント先の案件で、自然と海外との企業のやり取りが増えてきました。
最初はメールでのやり取りだったのが、次第にSkypeや電話でのリレーションとなってきまして、時差の問題さえパスすればお互い携帯でも連絡をするようになってきました。
そういう時に、仕事上、ちゃんと英語を話せる人抱けばチームを編成して、海外の仕事を請け負う部隊を編成していったのですが、その中に抜擢されました。今までのドメスティックな仕事と違って、海外の新規事業に携われるようになってドンドン仕事が楽しくなりました。
英語が出来る事で、多くの案件を受注できるようになったので、仕事の幅が広がった事に充実感を感じています。この仕事が増えていくにつれて、これから独立をかんがえられるようになりまして、普通の社員よりは自分のこの英語を活かしてより多くの可能性が広がってきたので、もっと英語で発信していきながら、仕事量を増やしていこうと思います。
日本人ターゲットとして日本語のみだけの仕事はマーケットの厚みが小さいので、どうしてもこれからは英語や中国語を話したり書いたりする仕事が自然と増えていくと思われます。
語学が出来る出来ないで、職場での抜擢される人材になるかならないかも関わってきた現状もあり、これからはいかに英語を話せるかで将来が変わってくるかが大いになると考えられます。
職場で出会った外国人は日本にも多いに興味があるので、プライベートでも付き合うようになって観光案内もしてあげたりできますし、お互いの文化に付いて英語でくったくなくお茶しながら話す事が可能なのです。
今の人生を変えたいなら英語をマスターしろ!人生が180度変わるへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  - 

英語が使えることで税関手続きや入国審査がスムーズに

英語が話せてよかったこと

英語を話せるようになって良かったことは、海外旅行で得する場面が非常に多いことです。海外旅行が好きな私は、旅行するたびに英会話力は欠かせないものだと実感しています。実際の体験談をいくつかご紹介します。
まず、ニューヨークのブロードウェイでミュージカルを見た際、格安のチケット屋でチケットを購入することができました。見たい公演を伝えると、「もう売り切れです」と言われたので「同じ時間でチケットが残っている他の公演はないですか?」と聞き返すと、違うミュージカルですが半額でチケットを購入することができました。
また、ミュージカルを見ている最中、前の席の男性がかなり大柄な方で少し見にくい席だったのですが、劇場のスタッフの方に肩を叩かれ、「見にくければ空いている席に案内しますよ」と話しかけられました。
That Musical
That Musical / Gamma-Ray Productions

おかげで、前の方のとても見やすい席に移動できました。英語がわからなければ、このようなお得な体験はできなかったと思います。また、自由にプランが組めるツアー会社に海外旅行の相談をする際も、日本語が話せる添乗員がつくプランになると値段がかなり上がるのですが、英語が話せる現地添乗員で構わないという条件にするだけで、格段に金額が安くなります。
そして実際に現地でツアーに参加したときも、ガイドの方との距離感が近くなるので、ツアーにはない場所に連れて行ってもらったり、時間を調整してもらったりと、非常に融通がきく旅になります。
他にも、税関の手続きや入国審査がスムーズに行えたり、飛行機内でも客室乗務員の方に要望を伝えやすかったり、旅行の安心感が格段に違います。このように、英会話力を身につけることで海外旅行がさらにお得になり、貴重な体験をすることができます。英語を話せてよかったともっとも実感できると思います。
英語が使えることで税関手続きや入国審査がスムーズにへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  - 

伝えたいことをきちんと伝える為にも英語は必須!?

英語が話せてよかったこと

英語はもともと好きで高校も外国語を専門に学ぶ学科へ進み、大学も英文科を卒業したのである程度英語を聞いたり話せるようになりました。英語を話せるようになって得したことや良かったことはいくつかありますが、まず言葉の通じない外国へ行っても困ることがない、というのがあります。
英語が母国語でない国の場合でも日本語よりはかろうじて英語の方が通じるということもあり、どこかへ旅するのにも気負いなく行けますし、言葉が通じないことで実際トラブルに巻き込まれたりなどはこれまで一度もありません。
行きたい場所にいけますし、食べたいものを食べれるし、何より向こうの人とより深く関わることが出来ることです。こちらの伝えたいことが伝わることが一番良かったことだと思います。
friends
friends / HaPe_Gera

また知り合いを通じて日本を訪れた外国人の案内役を頼まれたことがあります。日本語が全然分からない方だったので観光名所を一緒にまわり、その場所の由来や意味などを通訳しました。
私自身はプロのガイドではないので、そのおかげで自分の住んでいる場所について学ぶことが出来たのはよかったと思います。また案内した外国人や知人にも感謝されました。英語が出来るということはいろいろな場面で役に立つことが出来ることを実感しました。
その中でも英語が話せて一番良かったと思うことは国に関係なく友人が作れるということです。同じ言葉が話せないと友人になれない、つまり言葉が通じないと気持ちが分かりあえないというのは間違いだと英語を学び始めたころからすぐ思いました。
言葉が分からなくてもお互いに伝えたいものがあれば気持ちは伝わるし、英語が出来ればよりもっと理解が深まります。言葉は相手に何かを伝える手段だと思います。英語が出来れば出来るにこしたことはない、そう思います。  
伝えたいことをきちんと伝える為にも英語は必須!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  - 

pagetop