「英語を聞く」の記事一覧

スポーツしながら英語学習!?オーディオブックを使う画期的な英語学習

運転しながら出来る英語学習方法

私の英語の学習方法はスポーツをしながら行います。飽きっぽい性格なので、机に向かってじっと勉強すなんてことは出来ません。なので、何かをしながら勉強しています。具体的に説明すると、私は、週一でマラソンをやっています。その時に、IPODなどの携帯音楽プレイヤーを用意します。そして、その音楽プレイヤーの中に英語の教材を入れます。スピードラーニングは良いと聞きますが、お金がかかるので買いません。
主には、オーディオブックと言う英語の本を入れています。それなら、お金もかからないし、簡単にダウンロード出来るからです。そして、英語教材を用意したら、あとはずっとマラソン中に聞いているだけです。もちろん、マラソンはきついので、耳から入ってくる英語には集中できないことが多々あります。しかし、聞き流すだけでも英語の勉強になります。
とにかく、英語耳になることが先決だと本に書いてありました。考えてみてください。私達が日本語を覚える時にもちゃんと言葉を紙に書いて勉強したでしょうか?違いますよね?子供の頃は、ただ親が話している言葉をひたすら聴くだけでした。特に日本語について勉強はしていません。なので、とにかく英語を聞くという行為だけでも、英語を覚えることができるわけです。まあ、漢字は特殊なので、勉強しなければ覚えないのですが。
私は、この聞き流す勉強法を1年ほど続けているのですが、以前より英語に関しての抵抗がなくなりました。英語を聞くと、はっきりと頭の中で文法をまとめられるようになりました。ためしに、英語ニュースというのを集中して聞いてみたら、全て理解できるレベルまで達していました。この英語を聞くだけの勉強方を繰り返せば、きっとTOEICも点数が上がると思います。
スポーツしながら英語学習!?オーディオブックを使う画期的な英語学習へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語講師が教える!英語力をバランスよく伸ばす英語勉強法

英語を英語のまま理解する英語学習方法

英語を学習していると思うのですが、読む、書く、聞く・理解する、話す、という能力はそれぞれ密接に関係していますが別々の能力のような気がします。それぞれバランスよく鍛えることで、短期間で英語力を総合的に伸ばすことができますが、どれかひとつを鍛えたからといって、バランスよくのびるものでもないと思います。
日本人にはあまりいませんが、外国の方で日本語を話せるけど、読めない、書けないという人は沢山いますよね。耳から覚えたという学習方法です。ひとつを鍛えるとすべてが伸びるのであれば、このようなことは起こりません。ですが、話せる人が読み、書き、を学習すると飛躍的の伸びると思うので、密接には関係しているはずです。
こうしたことから、英語を学習するに当たり、それぞれ関係性を持たせつつ、バランスよくトレーニングすることが重要だと思うのですが、私がまずつまずいたのが英語を英語のまま読めないことでした。これは日本式学習方法の弊害だと思うのですが、日本では和訳ばかりさせられます。日本語とは語順が違うため、和訳をしようとすると後ろから訳したり、とても複雑な手順を踏まなくてはなりません。
中学校、高校、大学と英語に取り組んできたために、この方法が身体に染み付いていてそこから抜け出せなかったのです。こうした状況から抜け出すために私が取り組んだ学習方法が、簡単な英文を訳すことなく読むという地味な作業です。なれない間は、簡単な文章であっても訳そうとしてしまいます。ここをいかにこらえるか、ということが大事なのですが、私は心の中で訳しかけたときに「アー」とかぶせるように思っていました。
うそだと思われそうですが、こうすることで翻訳をとめることができるのです。最初は簡単な文章しか理解できませんが、このトレーニングを継続しつつ、英語を英語の順番で訳すことなく音読を行うと理解できる文章の量が増えていきます。これはペンです。とわざわざ訳さなくても分かるように、理解できるようになります。その幅が徐々に増えていくのです。
このような作業を続けていくと、やがて英語を聞いて訳すことなくなんとなく理解できるようになります。英語を英語のまま理解できるということだと思います。私の場合は、このまま理解をしているようなので、友人などになんと言っているのか教えてほしいといわれたときに、自分で日本語の意訳をつけているといった状態です。
私が英語を学び始めたときに、かなり英語ができる方から、和訳はプロ・専門家が行う領域だから絶対にしないこと。と忠告を受けたことがあります。今思うと、まさにそのとおりだと思います。
英語講師が教える!英語力をバランスよく伸ばす英語勉強法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語習得のスピードを格段に上げる英文法からの英語学習法

流し読みで習得する英語学習方法

私の英語学習方法はいくつかありますが、今回はその一つである文法の学習法をお伝えしたいと思います。今、巷では英語を聞き流すだけで習得する勉強法が流行っていますが、私はそれに警鐘を鳴らしたいです。確かに英語を絶えず聞き流すことで耳が英語に慣れていくことでしょう。しかし、それが結果的に英語を正確に習得できるとは思えません。聞き流すだけでは文法などもあやふやな状態で覚えるでしょうし、言葉として間違った使い方をしてしまう可能性が高いです。
そこで私は聞き流す学習法の前に強く推奨したいのが、文法の勉強です。文法の勉強でも、ずっと参考書片手に勉強をしていくわけではありません。もちろん最初は参考書などを読んで文法の基本的な型を学ぶ必要があります。しかし、その後はひたすら本を流し読みすることが大きなポイントです。
リスニングで聞き流しの勉強法と似ているところがありますが、この文法の流し読みは必ず先に文法の基本形を学ぶ必要があります。これをやらずに本を流し読みしても、聞き流しについて警鐘を鳴らしたようにあやふやな英語しか身につきません。
まずはしっかり参考書を読んで文法を学ぶこと。しかし、丸暗記しろというわけではありません。きちんと頭の中で理解できればいいのです。この後に流し読みをすることで、文法の基本形が定着するどころが応用もきくようになってきます。あと、実際の英文を読んだときでも、文法の型が身についていれば、よりすんなりと頭に入ることだと思います。
そうです。流し読みをすることで、文法の型を身につけて、英文への抵抗がなくなり、読むスピードが格段に上がるのです。しかも、その後にリスニングの訓練をすることでより効率的にリスニングを習得できるようになるでしょう。
英語習得のスピードを格段に上げる英文法からの英語学習法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

海外旅行で使える英語を1ヶ月で習得できる効率的な英語教材

イギリス旅行も大成功

去年の話ですが、旧友とイギリスへ旅行にいくことになりました。友人も私も英語は20年前に大学の最初に習ったきりで、ほとんど覚えていません。そんな二人でしたが、パック旅行で決められたルートを回るのは嫌だということで、個人旅行での英国です。当然言葉のことが話題にでまして、お互いに話せないというところから「これじゃあいかん、せっかくのイギリス旅行なのに英語の一つも聞き取れないではもったいないじゃないか」ってことになりました。
なにかいい教材はないかしら、と探していたところ、私の夫の友人が使っていたという「30日間英語脳育成プログラム」に行き当たりました。イギリス旅行の当日まで1ヶ月半くらいあったので、30日ならちょうどいい期間です。夫の友人もこれを使って英語が聞き取れるようになってという話を聞いていましたので、半信半疑ながらも利用してみました。
私は初級コースを利用したのですが、最初はなにかどんどん会話が進んでいって、正直にいえば「なんのこっちゃ」でした。これで本当に分かるようになるのかと投げてしまいたくなりましたが、旅行も目前なので聴き続けていました。すると、5日か6日くらい経った頃でしょうか、なんとなく聞き取れるようになってきたのです。
聞き取れるようになると面白くなってくるもので、それから先は英語を聞くのが楽しみになるほどでした。耳だけは一足先にイギリスへ飛んでいってしまったように。30日後にはちゃんと英語がしっかりとわかるようになりましたし、字幕も吹き替えもない洋画を見てもしっかり内容がわかるようになりました。もちろんイギリス旅行も大成功で、イギリスの方々ともぎこちないながらもコミュニケーションをとることができました。最初は半信半疑でしたけれど、本当によかったと思ってます。
海外旅行で使える英語を1ヶ月で習得できる効率的な英語教材へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop