「英語の発音」の記事一覧

ネットで学ぶ!英語力を伸ばすYouTubeでの英語学習法を解説!

You Tubeで英語学習方法

私は、海外の情報を見るのが大好きで、常にインターネットを使って、海外のニュースサイトなどを見ています。特に日本が海外の人からどう思われているのかなどを知るのが好きです。といっても英語が分かるわけではなく、もっぱら翻訳ソフトを使っています。ただし、翻訳ソフトというのは、感情が不足している機械的な翻訳となるため、訳のわからない言葉になることも多く、翻訳としては完璧とはいえません。
やはり自分で英語を学んで理解できるようになるのがベストだと思っています。そこで最近、英語の勉強の場として選んでいるのが、動画サイトのYou Tubeです。日本のことが大好きな外国人がいて、You Tubeで日本の情報を発信しています。その人の大きな特徴は、英語を話ながら日本語の字幕をつけてくれるところです。日本語を話している時は英語の字幕をつけてくれます。
英文は勿論のこと、英語の発音の仕方など、英語を理解する上では、この動画がとても分かりやすく参考になります。私はどちらかというと、文字で読む英語は、どうにかのレベルで半分以上は理解できるのですが、実際に英語を聞くとなると(リスニング)基本的な正しい英語の発音を理解していないので、聞き取ることができない状況です。ゆっくり繰り返し話してもらえれば、理解できることもありますが、通常の速さで英語を話されたら、殆ど理解できない状況になります。
You Tubeの動画は、自分で繰り返し見ることができるので、分からない英語を何度も聞き直すことができます。難しい教材を買って、無理に頭に詰め込むよりは、自分の興味のあるものから、自然に英語と接する方が、英語を学ぶ上では頭に入りやすいと思います。私の英語力は、まだパーフェクトとはほど遠いですが、好きな情報を題材にして勉強しているので、以前よりは英語が理解できるようになりました。
ネットで学ぶ!英語力を伸ばすYouTubeでの英語学習法を解説!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

ある本を読んで、英語学習の考え方が180度変わった言葉とは!?

脳に英語回路を作る英語学習方法

英会話に興味があり、まず単語を暗記してから色々試したものの、当然聞き取りも話せる様にもなれませんでした。しかし、ある本を読んで考え方が180度変わりました。脳の中に英語回路を作るということが書かれていて、衝撃を受けました。詳細は、まず英語耳を作って5つの音の違いを聞き分けることから始めます。
例えば、「L」と「R」を聞き分けるとか、「S」と「TH」を聞き分けるなどです。正直、今までの勉強法は、単語や文章を覚える為に、口に出して読んでみるのが基本でしたが、その場の自己満足に近く、実際の英会話が必要な場面では全く意味がありませんでした。
しかし、この聞き分けることを頭に入れて単語をリスニングすると、自然と頭の中にスペルが浮かんでくる感じです。そして、はっきりと「L」と「R」の違いなどが時間とともにわかって来ます。その後に、映画や海外ドラマのDVDで俳優のセリフを聞いてみても、今までとは全然違う感覚で耳の入って来ます。
これが、脳に英語回路を作る最初のステップなのです。これだけでも、私には十分過ぎる進歩だと思い、今でもiPhoneの英会話のアプリを使って、毎日英語回路を作成中です。中学校から英語の授業が始まり、卒業まで6年間も英語の授業があったのに、最近の数か月で間違いなくレベルが上がりました。
ぜひ、学校でもこの様な実践的な英会話が身に付く方法で勉強するべきだと思います。聞き取りだけでなく、発音に関しては、ボイスレコーダーに録音して、自分で聞いてみます。前段で、脳に英語回路を作った後のステップなので、自分の発音がしっかりしていないと、違和感があってしょうがありません。その相乗効果で、聞き取りと発音が抜群にレベルアップすることが出来ました。自分でこの方法の良さを体験したので、子供たちにも伝えようと思います。
ある本を読んで、英語学習の考え方が180度変わった言葉とは!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英文を読むコツは「品詞分解」!?英語力を格段に上げるその方法とは

とにかく聞いて読む英語学習方法

中学の頃は、ネイティブスピーカーの英語教師から、英語しか使わない授業を受けていた。英語で出題されるクイズに早押しで答えたり、英語で簡単な発表をするのだが、挨拶から発音はもちろん、授業や宿題の説明まで全部英語だった。それも英語の授業は必ず毎日あるようになっていた。だから、私はリスニングやディクテーションの能力は高かったし、実際模試でもリスニングは間違って1問までだった。
私が苦労したのは英文法である。スピーキングも発音はそれなりだが文法は適当だし、文法問題がさっぱりわからないのは勿論、英作文も得意ではなかった。でも、文法の授業はつまらなくて、全く頭に入らない有様だった。そこで、大学受験を意識し始めてからは、英文を読む時に、必ず品詞分解をするようにした。文章の軸となるSVOC(主語、動詞、名詞、形容詞)を振り、名詞節、形容詞節、副詞節を括弧で書き込み、加えて修飾関係を矢印で書き記した。(やり方は塾や学校で習った記憶がある。)それだけでも難解だと思っていた文章が解りやすくなった。英語を読む時には、問題に関係のない文章でも必ず品詞分解をした。そして、長文を毎日一つ以上読むことにした。
とても「文法をしっかり勉強した」とは言えない私だが、それだけで英語の成績はみるみる伸びた。まず、勿論、長文読解はとても得意になった。文章に多く触れる中で、「ここの品詞分解はどうすればいいんだろう」と悩む部分は必ず先生に訊き、次第に正確に品詞分解をして文章を理解することができた。また、その中で自分が理解していなかった文法事項も解説してもらったり、自分で調べたりしたので、文法問題の点数も大きく伸びた。
意外な効果は、語彙力の面でも助けられたことである。読解の中で知らない単語が出てきても、文章の構造から大抵の意味は予測することが出来るのである。それが重なると、重要な単語は自然と覚えていくことができたし、試験本番の長文に難しい単語が出てくることも怖くはなくなった。
英文を読むコツは「品詞分解」!?英語力を格段に上げるその方法とはへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語耳の重要性!?私の英語の勉強スタイルは音読!

英語能力を総合的に伸ばす英語学習方法

私個人としては中学生時代に英語を学び始めてからずっと苦手意識がついてきています。社会に出ても未だに英語での会話など思い及びませんし、積極的に英語で話しかけようとは感じません。しかし、社会に出て英語が必要になる場面が多いのも痛感し、学生時代、特に大学受験から大学での講義で役に立った勉強方法を再度活用しています。
私の英語の勉強スタイルは音読です。音読する内容は長文でも短文でも、会話文でも構いません。ただひたすらネイティブになりきったかのように英文を読んでみるのです。できれば、その文章をネイティブが実際に音読しているCDなどの音源があれば、本当に正しい発音を確認できるのでよいですが、別に英字新聞など教材でなくても構いません。それっぽい発音をしてみて、違和感があるなと思う発音をしてしまったら辞書をひいて音を確認し、意味の通じない文章があったなと思えば、一度真剣に訳してみます。
できれば周りに人がいない環境でやらないと、偽外国人っぽくて恥ずかしい思いをしますが、逆にその自分の偽外国人さを楽しめるようになれば、どんどんすらすらと読めるようになっていきます。その繰り返しをすることで、英語で重要となるリーディング・リスニング・スピーキング、そしてグラマーも力がついてきます。リーディングは言うまでもなく、自分で文字を追い、わからなければ辞書をひいていますので力が付きます。リスニング・スピーキングも自分の耳と口で音を発し、聞いているので次第に慣れが出てきます。
わからないところ、難しい発音も自分でスピードを調整しながら話すので理解度は高まりやすいです。さらに意外とグラマーのスキルも上がります。私自身グラマーは苦手なのですが、何が苦手というとあの複雑な同士や形容詞、副詞の組み合わせを覚えることです。ところが音読をしていると英語の語感がなんとなく感じられるようになり、迷った時に口通り・耳通りがいいほうが正解だと思えるようになります。適当に思えますが、実は結構これが正解を運んできてくれます。
英語耳の重要性!?私の英語の勉強スタイルは音読!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop