「英語の字幕」の記事一覧

SNSを使って英語の自然な表現力が身につく方法を徹底解説!

ネットを有効に使った英語学習方法

アメリカ在住暦10年になる筆者の経験を元に効率よく簡単な英語学習法を2つ紹介いたします。世界中どこにいてもできる、ネットを有効活用した英会話の上達方法です。1.SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用する。【効果】自然な表現力が身につく。例えば、Twitterで自分の好きな情報を英語で発信している英語ネイティブをフォローする。
ファッションや車、パソコンに料理、果てはジョークなど自分の読みたい情報を呟いている人をフォローすることで、自分が話したいことの自然な表現方法をピンポイントで学習できます。この学習法の良い点は、時間がかからず、いつでも好きな時にできるということです。大抵のことは中学生程度の英語で書いてありますし、何より自分が興味あることを読むのですから長続きしやすいです。次に自分の趣味を英語で話す時、こうやって学んだ英語表現がするっと自分の口から出てきます。
2.英語の字幕を利用する。【効果】自然な表現力、語彙力の向上。日本語のドラマやアニメを英語の字幕付で見ます。YouTubeやCrunchyRoll、HULUなどに海外のファンが英訳した日本のテレビ番組が多数あります。字幕は表示される秒数や文字数に限りがあるので、大抵容易で的確な英語で構成されています。これを読むことで、「あれ、これって英語でどういうんだろう」とかいうちょっとした表現や言い回しを学べます。
自分がすでに知っている内容の番組の英語吹き替え版を見るのも同じように効果的です。英語の学習は、筋トレと同じようなものです。毎日少しずつ、繰り返し続けることで上達します。逆に使わないと筋肉と同じであっさり後退してしまったりします。だからこそ、筆者は無理をせずに楽しみながら続けられる方法をお勧めいたします。
SNSを使って英語の自然な表現力が身につく方法を徹底解説!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

2年で英語を習得!英語習得までの過程をまとめてみた

洋画できれいな英語をマスターする英語学習方法

私の英語の学習方法は、ひたすら映画を見るというものです。机に向かって勉強とか、誰かに教えてもらうのが苦手な私にとっては、この方法が効果がありました。見たことのある好きな洋画を、字幕も英語にして吹き替えなしで見るという方法です。
よく知っている映画だと、だいたい何を話しているのか予想がつきますし、話している人の感情や言葉を発した時の状況がイメージしやすいからです。そして、字幕があると瞬間的に単語が出てきて消えていくので、フラッシュカードのような役目、つまり見た字が脳に刻まれやすいということもあるのかと思います。
一週間に3、4本の映画を見るだけで効果があります。好きな映画なら同じ映画を何回も見たりするのも良い方法です。さらにこの方法の利点は、ちょっとした状況の違いで、使う言葉のニュアンスが違うということが分かるからです。同じような言葉でも、状況によって使う単語が変わってくるので、それぞれの単語の使い方を学ぶことができます。
たとえば、ビジネスで英語を使いたいなら、そういう場面のたくさんある映画を見ると役に立ちます。外国人の友人がいっていたのですが、英語にも方言というか訛りがあるそうです。イギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語、他にも地方によって訛りがあります。
でも、ハリウッド映画は、基本的に訛りがないそうなのできれいな英語を学ぶのに最適だと思います。逆に、映画によっては訛りをからかったりする場面があるので、この単語はどこの訛りなのかが分かります。
この方法で、一年から二年続けると、ある程度英語が話せるようになります。知り合いの人のために日常会話の通訳をしたり、仕事で英語を使う機会のある場合でも、ほとんど問題なく話せるようになりました。
2年で英語を習得!英語習得までの過程をまとめてみたへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

シャドーイングを実践する洋画で楽しく英語学習の効果とは!?

洋画を観るだけで出来る英語学習方法

私の英語勉強法で最も力を注いでいるのは、ずばり「洋画を観る」です。英語が苦手な私ですが、映画は大好きですので、この勉強法であればぜんぜん苦になりません。
洋画から英語を学ぶ場合、まず英語での字幕を表示します。その理由は、字幕なしではさすがになにを言っているか聞き取れないからです。さらに、日本語の感覚とネイティブの発音には違いがあるため、ナチュラルな発音を文字といっしょに頭にたたきこむ効果があります。
観る洋画の種類ですが、基本的には好きなものを観るようにしています。私はSFが好きなので、とくにその系統のジャンルをよく観ます。ですが、会話の多いものや、日常的な英語を身につけられるという点で、ニューマンドラマものも率先して選んでいます。また、海外ドラマは、映画にくらべて会話の量が多いので、そちらも観るように心がけています。
さらに映画をつかった勉強法の発展として、「好きな洋画は何度も観る」というのが挙げられます。作中のセリフをすべて覚えるくらいまで、繰り返し観るのです。そうすれば、自然と英語が身につきます。
私は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が好きなので、part1~3まで、それぞれ50回は繰り返して観ました。おかげでセリフをほとんど覚えてしまい、見返すたびにキャラになりきりながら復唱しています。私の知人には、ロバート・デニーロさん主演の映画「タクシードライバー」を100回観た、という強者もいます。彼は作中の名シーン、「you talkin’ to me?」を完璧にマスターしておりました。
この作中のキャラクターになりきるというのは、楽しいだけでなく、学習において意外なほど効果があります。いわゆる「シャドーイング」を実践できるので、映画を楽しんでいるうちに、英語が体に染み付いているのです。
シャドーイングを実践する洋画で楽しく英語学習の効果とは!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

英語習得者が教える!キンドルを活用した英語初級者から脱却する英語学習法

実際の英会話に使える英語学習方法

私の英語の学習方法は、直ぐにTOEICの点数が上がるとか、テストに有効とか言うものではありません。学生時代は英語のテストは自分でも得意だと思っていたのですが、受験勉強を終えた時点でほとんど英語を使うどころか、目にする機会もなくなってどんどん頭の中から消えていきました。TOEICのために勉強をして受験した事もありますが、つまらないので続きません。
そこで考え方を変え、”勉強”としての英語ではなく別の言語を自分のものにしようという気持ちで取り組む事にしました。現在私がやっている方法は以下の2つです。1つ目は、読書。私の場合はラッキーな事にキンドルを所持しているため、アマゾンUSAで安く人気の小説を購入して読んでいます。キンドルを手に入れる前はペーパーバックで読んでいました。
最初のうちは背伸びせず、子供が読むような簡単なものから読むとある程度のスピードで読めますし、意外と面白いのと案外知らない単語が出てくるので、単語をチェックしながら読めて勉強になりました。
2つ目は海外ドラマのDVDを見ることです。字幕を入れて見れば知らない単語をその都度チェックする事も出来るし、字幕なしで聞く事にのみ集中して見ればリスニングの練習になります。映画もいいと思いますが、映画だとどちらかと言うとあまりに非日常なシチュエーションが多いのと、長いので最後まで集中して見る事が難しいと思います。
その点ドラマは1話1話が短いので最後まで楽しめますし、次が気になるのでもっと見ようという気になって、続けられると思います。以上の2つのことを続けてきて、以前のただテキストをやるような勉強と比べ一番何が変わったかと言うと、会話に使う単語や表現が学べている事です。
簡単な単語でできたイディオムのようなものも案外ドラマの中で出てきて、どういうこと?と考えてしまう事がありますが、巻き戻して見る事で、話の中で使い方を覚えることができるのでニュアンスも分かります。ただひたすら勉強するのが苦手な自分には、今のところ一番あっている勉強法です。
英語習得者が教える!キンドルを活用した英語初級者から脱却する英語学習法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop