「英語に慣れる」の記事一覧

ディズニーの英語教材!?ディズニー好きには効果的な英語学習法

親子で学べる英語学習方法

英語は今や、一番といってもいいほどの人気の習い事になってきました。今の時代、英語が話せるといろんなメリットがあり、小さい頃から始めるといいという親が多いのでしょう。
私もその一人です。自分も英語に興味があって、いろいろやってみたのですが、なかなか身にならず。子供だけは話せるようになれればいいなと思い、英語教材を探しました。
いろいろ探したところ、ディズニーワールドシステムがよさそうということで、オークションで粘って、全セット1万5000円で、ゲット!何十万円もするものなので、ほんとにお買い得でした。
始めてみると、子供よりも私のほうがはまってしまって、今は子供は小さいのでもっぱら私の英語学習教材になっています。まず、子供向けなので、聞き取りやすく、わかりやすいです。ビデオがついていて、それぞれのレッスンをキャラクターと供に学ぶことができ、楽しく学べます。
トークアロングという単語カードがしゃべる機械がついていて、子供はこれが大好き!絵もかわいく、一緒に遊んでると、自然と絵と照らし合わせて単語を覚えてしまいました。
一番気に入っているのが、シングアロングという、歌のCDです。挨拶の歌や、出かける時の歌など、生活のいろんな場面が全部歌になっていて、その歌を家や車で聞き流すだけで、かなりの単語や、言い回しを覚えてしまいました。今では掃除をする時は子どもと一緒に「クリーンアップ」の歌を歌い歯磨きをする時は「ブラッシング」の歌を歌うというふうで、歌で覚えるとほんとに早いということを実感しています。
とにかく、何回もビデオやCDを聞いて、耳を英語に慣れさせることと、歌で言い回しと単語を覚える、これにつきました。何回も繰り返し見たり、聞いたりするにはそれに耐えられるものでないと無理なので、かわいいキャラクターがいっぱいのこの教材は、私たち親子にとって最適でした。
ディズニーの英語教材!?ディズニー好きには効果的な英語学習法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

赤ペンを上手く使ったオリジナルの英語学習法

習得するための英語学習方法

中学生の頃から英語が好きで、テストの中でも英語は一番成績がよかったです。大学も英語のほうに進み、留学も経験しました。いつも友達からどうやって勉強しているのかと聞かれていましたが、特にこれといって難しいことはしてきませんでした。英語がすき
ただ、どういう風に英語を習得したのか、考えてみると自分にあったやり方をやっていたと思います。英語の単語帳は私は作りませんでした。どうしても覚えられない単語があったら、それを手のひらに赤ペンで書いて時間があるたびに見るようにしていたら、一日で覚えられるので、そうやって覚えていました。
あとはひたすら英語の文法をマスターするために、文法の本を一冊だけ決めて、その本の文章丸ごと暗記するようにしました。そうすると自然と文法とともに単語も暗記できるし、文法を暗記できると長文の問題が解けるようになるので、頑張って文法を暗記してよかったと思います。長文はひたすら一日最低一回は解くようにしていました。
慣れることで、長文の解く時間配分もイメージできやすくなるし、色んな単語、文法も学ぶことができるし、スピードが大事だと思うので、できるだけ毎日していました。あとはやはり、日々の生活で英語に慣れることだと思います。小さい頃、英会話教室には通っていませんでしたが、母親が英語ができたので母親から習っていましたし、英語の本やカセット、テレビも英語の番組をみていた記憶があります。
高校生とかになっても、英語のテレビやラジオをよく聞かされていました。でも私だけやらせれているのではなく、母親も一緒だったので、嫌だと思ったこともなかったので、その点はよかったのではないかなと思います。今は英語から離れていますが、それでもテレビは英語でたまにみる習慣があります。
赤ペンを上手く使ったオリジナルの英語学習法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

私が行ったTwitterを活用した楽しい英語上達法を紹介!

Twitterで英語に慣れる英語学習方法

私は英語が苦手だったので、とにかく英語になれようと思って「Twitter」で好きなハリウッドスターや、英語の歌手をフォローしました。そして、自分も簡単な内容ながら、英語で毎日何回かtweetをするようにしました。また、歌詞を見ながら洋楽をたくさん聞いて自分で何曲か歌えるようにし、簡単に歌詞を訳してみてどのような歌なのか解釈しました。
時間の空いたときには図書館へ行って、幼児向けの物語が英語で書かれている本を読んだりもしました。一番楽しかった勉強方法は、毎日の日記を英語で書くことです。最初は時間もかかってとても大変でしたが、なんとかして書こうとしているうちに英語で文を書くことへの苦手意識もなくなりとても楽しくなりました。英語というものを難しく考えずに身近に考えることによって、親近感が湧いて英語でなにかを書いたり読んだりすることが楽しくなりました。
Twitterではアメリカの同世代の子とたくさん会話をして仲良くなり、英語で会話をすることが楽しくなり、また、好きなハリウッドスターの「今は○○をしている」というツイートを読むのは本当に楽しくて、もっと勉強して英語でツイートのやりとりができるようになりたいと思いました。twitterを通して積極的に英語を学ぶことができるようになったと思います。
英語の音楽や本では、音楽やストーリーに合わせていろいろな単語を覚えることができたと思います。また、英語の本はわからない単語があっても単語を推測して読み続けるという力を身につけることができました。英語の音楽は知らない間に歌詞を暗記していて、リズムにのって英単語を口ずさむようになり、これも進歩かなと思います。
英語で書く日記は誰にも見せることがなかったので、おもうがままに自由に英語を使うことができたので、英作文に対する苦手意識がなくなりました。また、日記なので日常で使う英単語もたくさん書いて覚えることができました。いきなり参考書などを買って受験勉強用の英語を勉強すると、文法事項なども多く嫌になってきてしまうので、日常生活で少しずつ英語に慣れていったほうが勉強しやすいと思います。
私が行ったTwitterを活用した楽しい英語上達法を紹介!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

英語を習得したいなら始めに恥ずかしさを無くすこと!

英語で会話する事で上達する英語学習方法

勉強方法は、確かに真面目なやり方もあるのですが、やはり英語も会話なので、六本木に行った時に飲みながらでかまわないので多くの外人とフラッと近寄って一緒に英語で会話する事が大事だと思っています。
六本木に限らない話なのですが、外人と素直に真っすぐ話し合うと英語が壁に思わなくなるのです。日本人のメンタル面として、どうしても、間違ったら恥ずかしいという精神構造があるので、そういった恥じらいを取っ払ってどんどんお酒の力も借りて六本木の外人でも近寄っていって英語に慣れる事が大事だと思っています。
やはり、「慣れ」が必要だと思い、積極性がモノを言うものだと思います。引込み思案では英語をいくら学んだとしてもどうしても突き抜ける事がありません。何度と外人と冗談も言い合えるようになってくれば必ず英語も自然と上達してきて、そのうちに会話だけでなくて、読書に置いても簡単に思えてくるものです。
あまり苦手意識や慣れが足らない場合は上達速度がストップしてしまうのです。また、読書においても、日々英語に目を通していくことで慣れるので、たまに読んでいくのではなくて、毎日小まめにサイトうや英字新聞でも読み続ける事が大事なのです。とにかく「慣れる事」に重点を置いてどんどん接していく事が上達のこつです。
畳の上の水練じゃないですが、次々に読みこなしていかないと新しい単語や言い回しが覚えていかないのです。英字新聞でも比較的難しいとされる英字新聞や雑誌でトレーニングする事が大事です。筋肉のトレーニングじゃないですが、どんどん大きな用量にも耐えうる筋肉にするために英語の勉強に置いても日増しに難しい単語の雑誌にシフトチェンジをしていく事が大事なのです。これは誰でも同じ事が言えるので、皆そのようにしていると思います。
英語を習得したいなら始めに恥ずかしさを無くすこと!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop