「英語が使えてよかったこと」の記事一覧

日常英会話だけでもマスターするべき!派遣で活かした英語力

英語が話せてよかったなぁと思ったのは、短期間の派遣でリゾートホテルの受付の仕事をしたときです。私は、ワーキングホリデーで1度カナダに行っていましたし、数カ月間語学学校にも通っていましたので、基本的な日常会話は話せました。
英語が話せることは受付の仕事の必須条件ではありませんでしたが、実際に外国人のお客様が来られた時に本当に役に立ちました。
ある日、受付のマネージャーがミーティングの時に明日から外国人のVIPのお客様が連泊されるので困った時にはすぐに助けを呼ぶようにという話がありました。
海外でのワーキングホリデー経験がある上司もいたようでしたが、マネージャーは英語は苦手だそうで、VIPのお客様に失礼がないようにと心配していたようでした。
受付スタッフは全部で10名ちかくいましたし、まさか自分がそのお客様の接客に当たることはないだろうと思っていました。そして当日、私がシフトに入っている時に外国人家族がチェックインカウンターに並んでいるのが目に入りました。
正確に言うと、私ではなく私の隣にいたスタッフが対応する形となったのですが、一瞬でそのスタッフが固まっているのが目に入り、私が横から助けに入りました。
このホテルでは丁寧に滞在時の食事の案内について、そしてホテル内の説明についてチェックイン時に説明します。私は英語を使うのは久しぶりでしたが、無事に詰まることなく説明を終えてレストランの予約も済ませることができました。
スタッフ達は、私がこのシフトに入っていてくれて本当によかったと感謝してくれましたし、マネージャーは私の英語の能力をとても高く評価してくれました。
その後は、外国人のお客さんが来るたびにマネージャーからまたよろしく頼むという言葉があり、とてもやる気になりました。短期間の仕事でしたが、次も機会があったらぜひ戻ってきてほしいと言われ、それもやはり英語が話せたと言うことがアピールできたことがとても大きいと思っています。
日常英会話だけでもマスターするべき!派遣で活かした英語力へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

海外旅行での英語を使ったハプニング対処法

友人たちとの夢のアメリカ横断

数年前の話になりますが、友人3人と夏場に2週間にわたってアメリカを横断した時の事です。バスやヒッチハイクを使いながら、青春そのものでした。夢に見たモーテルでの移動は、思ったよりも数日で飽きて疲れが1週間後あたりから一気に来て友人の一人は体調を崩す始末でした。
食べ物もジャンクフードばかりで、コーラとビールでやり過ごして、2週間目になると早く帰りたいとも思うようになっていました。毎日必ず移動をしないとアメリカの横断は無理なので、背中や足が痛くても鞭を打ってバスや車に乗り込まないとゴールにつけないので、とにかく精神的にも大変でした。
そんな時に、いきなり友人の一人が慌てだして、ズボンのポケットを探り始めたり、バッグの中をあさりだして、ひとりだけソワソワし始めました。なにかの虫でも体に入ったのかと思いましたが、ひょっとしたら財布を旅券をなくしたかもしれないと叫び始めした。どうもこうも数日はみんなボーっとしていた時間が長かったので、どこでその友人がなくしたかは見当もつきませんでした。
America
America / Hotash

現地の警察に事情徴収をしてもらって、もし出てきた場合のこちら側の連絡先と住所を教えて、ひとまずその州を立ち去りましたが、あいにくパスポートはなくしていなかった事と、自分を含めた残りの友人も残金にゆとりはあったので、その後はあまり贅沢なものは買わずに節制して旅を続けたので、どうにか二人の残金を合わせた資金で帰りのチケットはかろうじて急遽ながら取る事が出来ました。
その時に、友人二人は英語ができなかったので、完全に自分にすべてをゆだねる形で、警察への説明やチケットの手配と予約と確認をしました。わらにもすがる想いでせがんできた友人の目は今でも語りぐさで、自分もその泣きそうな目を忘れる事が出来ません。
この時に、いかに海外で英語が話せないと、ハプニングやそれこそ犯罪に巻き込まれた際には大変な事になると心底感じました。英語が話せるという事はピンチな状況にいてもそれに対応が出来る事意味するので、英語がいかに大切かを学ぶ良い経験となりました。
海外旅行での英語を使ったハプニング対処法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

英語が話せるようになると人生が唸るぞ!体験した話

人生の幅が広がった

普段から英国economistを読んでいて、定期的にTOEICとTOEFLを受験していますが、英語を話せて得して良かったことは、より多くの世界中の人たちと話せるようになるので、人生の幅が広がったとハッキリ言えます。
英語を学ぶ最初の段階では、話すどころか読み書きもできず、旅行でのトラブルも解決できずにアタフタとして、英会話教室でも相手の言っていることが分からなくて、結局外国人に対しては引っ込み思案となっていましたが、いま英語を話せるようになって思うのは、英語で言いたい事をはっきり言えて、かつ、意見を交換出来るので、日本語だけではない英語圏との人達と友達になって飲みにいったり遊びにいったり出来るのです。
時に宗教や文化について話し合えるので、日本にいて日本語だけで話して生きている人達よりは多くの経験ができています。
Perks of the  job
Perks of the job / _leisa

また、インターネットでの情報収集では、英語でより多くの情報を掴めると同時に、電話で直接やり取りも可能なので、ボーダーレスに思考と行動ができて、英語が話せて本当によかったな、としみじみ感じています。
また、京都にせよ、銀座にせよ、外国人の観光客が地図を広げて道の片隅で止まっている時はこちら側から声をかけて行きたい場所へのアプローチを案内出来る事もひとつの日本人のおもてなしとして振る舞う事もできます。
また、六本木のクラブやバーにいる時は、英語が話せるか話せないかで楽しみの度合いが違います。 六本木はとにかく外国人が多い街ですが、インターナショナルにボーダーレスにみんなが英語を使うので、レジャーにもプライベートにも、観光にも活きてくるのです。
仕事においてはダイレクトに反映される時代になったと感じていまして、海外出張もいの一番に選抜されるわけで、アドバンテージが高く、本当に英語ができてよかったと心の底から感じています。TOEICといった分かりやすい資格もまた転職にも使えるわけで、汎用性が高い技術として英会話が重宝されています。
英語が話せるようになると人生が唸るぞ!体験した話へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

英語を話せるようになると性格が明るくなるって本当?

急遽決まった海外移住

私にとって日本人以外は外国人で、その実物に会うことなく育ってきました。外国人はテレビや映画でしか見たことがありませんでしたが、海外で暮らさなくてはいけなくなり、その大勢の外国人の中で生活することになりました。
聞きなれない英語の音にとまどい、理解できないことが恐怖になり、英語を聞くことすら拒絶してしまったことが一時期ありました。ですが、やはりこれではいけないと思い、英語教室へ通い、家でも勉強して、ある程度の私自身の言い分は相手に伝えることができるようになりました。
不思議なことで、英語を話す自分はまるで別人のようです。今まで、言葉を濁すことでうまく相手と会話できていたところが、英語となるとまったく通用しないので、イエスorノー。とした、はっきりとした態度で自分の意見を主張できるようになったのです。
Beverly Hills
Beverly Hills / Sarah_Ackerman

それは人間関係で、相手に気を使うことばかりに目をむけていた私にとって、自然体で接することができる言葉でした。あんなに最初はとまどい、しまいには恐怖までした英語なのに、今ではすっかり主人にまで使ってしまう始末です。日本語がでてこなくなり、ついつい英単語を混ぜたりしてしまったりとかもありますね。
言葉の表現では、日本語は本当に多いと思います。微妙な言い回しなど、時々考えてしまうのですが、やはり英語で対話できる場面では必要がないかと思います。良いものは良い。悪いものは悪い。
そうはっきりと言ってしまって、英語を話す友人達の誰一人として気を悪くする人はいないと思います。英語が話せるようになって、今まで出すことのなかった自分、きちんと自分の主張を相手に伝えることができるようになったのは、本当に良かったと思います。
そして自分への自信です。できないと思っていた外国人との対話が、あたりまえとなってしまった今の生活が、少なからず大きな自信を与えてくれています。
あとは英語の通じない両親の前で、主人と英語で内緒話することが、些細な楽しみでもあったりします。
英語を話せるようになると性格が明るくなるって本当?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop