「英字新聞」の記事一覧

英語耳の重要性!?私の英語の勉強スタイルは音読!

英語能力を総合的に伸ばす英語学習方法

私個人としては中学生時代に英語を学び始めてからずっと苦手意識がついてきています。社会に出ても未だに英語での会話など思い及びませんし、積極的に英語で話しかけようとは感じません。しかし、社会に出て英語が必要になる場面が多いのも痛感し、学生時代、特に大学受験から大学での講義で役に立った勉強方法を再度活用しています。
私の英語の勉強スタイルは音読です。音読する内容は長文でも短文でも、会話文でも構いません。ただひたすらネイティブになりきったかのように英文を読んでみるのです。できれば、その文章をネイティブが実際に音読しているCDなどの音源があれば、本当に正しい発音を確認できるのでよいですが、別に英字新聞など教材でなくても構いません。それっぽい発音をしてみて、違和感があるなと思う発音をしてしまったら辞書をひいて音を確認し、意味の通じない文章があったなと思えば、一度真剣に訳してみます。
できれば周りに人がいない環境でやらないと、偽外国人っぽくて恥ずかしい思いをしますが、逆にその自分の偽外国人さを楽しめるようになれば、どんどんすらすらと読めるようになっていきます。その繰り返しをすることで、英語で重要となるリーディング・リスニング・スピーキング、そしてグラマーも力がついてきます。リーディングは言うまでもなく、自分で文字を追い、わからなければ辞書をひいていますので力が付きます。リスニング・スピーキングも自分の耳と口で音を発し、聞いているので次第に慣れが出てきます。
わからないところ、難しい発音も自分でスピードを調整しながら話すので理解度は高まりやすいです。さらに意外とグラマーのスキルも上がります。私自身グラマーは苦手なのですが、何が苦手というとあの複雑な同士や形容詞、副詞の組み合わせを覚えることです。ところが音読をしていると英語の語感がなんとなく感じられるようになり、迷った時に口通り・耳通りがいいほうが正解だと思えるようになります。適当に思えますが、実は結構これが正解を運んできてくれます。
英語耳の重要性!?私の英語の勉強スタイルは音読!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

マンツーマンの効果は?英語学習を家庭教師にお願いすることのすすめ!

家庭教師から習う英語学習方法

塾と家庭教師によって、英語を学習しました。家へ、学校が終了してから二時間ほど英語を習いました。その日に学校で習った事をその先生にもう一度習います。受験もある中学校三年の時には、この方法で学習しました。学校で習った英語をもう一度、学習出来ますので、より身近でわかりやすい方法でした。自宅へ来てくれますから、自分で行く時間が省けますし、体も疲れなくてより勉強出来ました。
先生は、教科書に添ってゆっくりと丁寧に教えてくれますので、とても判り易かったです。文章の書き方では、日本語の文章を英語に直したり、英語の文章を日本語に直したりします。更に、単語の書き方や読み方、日本語に訳したりします。ヒアリングも行ってくれますし、単語の書き方を丁寧に繰り返し教えてくれるので、学校で教わるよりも判りやすかったのです。自分で持っていた英語のドリルを見せて、一緒に問題を解決したりもしました。家庭教師は、自分で容易した教科書やテキスト、ドリルを見せてそれに添って教えてくれるのです。
その家庭教師を一年間の週に2回ほど行いました。学校での次の授業での英語の内容を前もって教わっていたので、とても判り易くなり、楽しく授業に参加が出来るようになったのです。それに、ヒアリングも良くなり、先生から褒められました。スペルの書き方もスラスラと出来るようになりましたし、英語の文章も理解出来る様になりました。
テストの点も格段に上がりましたし、英語の内容を理解出来るようになると、その授業を楽しく参加出来る様になりました。そして、3年生の通信簿が一つ上がりました。それに、英語の文章を自分で作り、日本語に直す事が簡単に出来るようになり、英字新聞や英語の映画を見ていても、日本語に訳す事も出来るようになったのです。
マンツーマンの効果は?英語学習を家庭教師にお願いすることのすすめ!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

ビジネスマン必見!英字新聞を利用して英語にもビジネスにも強くなれる方法を紹介

英字新聞を使った英語学習方法

英語を学習する方法には色々なものがありますが、実際に実践して効果が高いと感じているものに、英字新聞を使った英語学習法があります。英語を学習する際には多くの方が市販のテキストなどを購入して行うと思いますが、そうしたテキストは価格も高いですし、使われている文章も内容が古いことがあります。
しかし英字新聞を利用すれば最新のニュースについて知ることができますし、それが英語ではどう書かれているのか確認することもできるのです。英字新聞は購読することも可能ですが、駅の売店などでも一部売りされています。初めのうちは、気になるニュースがあった時に、それを取り上げている英字新聞を購入するのが良いでしょう。
そして書かれている記事を読みながら、日本での報道と違った観点で書かれているのか比較しながら読んでいくのです。これによって、同じニュースに対して世界からの見方を知ることもできるのです。読む際には辞書などを使っても良いのですが、まだ英語力の乏しい方は辞書を手にする回数が多くなり、読み進める速度も遅くなりがちです。
そのような場合には、できるだけ辞書を使わずに読んでいくのも良いでしょう。そうした読み方を繰り返すうちに、知らない単語があっても文脈から全体を理解する能力が身に付くからです。また、英字新聞ならニュース以外にも興味を持てるコンテンツが多い点も、学習方法として適していると言えます。
天気予報や占い、コミックといったものも掲載されていますし、求人情報も掲載されていますから英語ができるとどういった業種で必要とされるのかを知ることもできます。英字新聞を使った学習方法の大きなメリットは、日本ではまだ知られていない情報についていち早く接することができる点にあります。特に新しいビジネスの種を見つけることもできますから、起業や投資に関心のある方にもおすすめできる学習方法と言えます。
ビジネスマン必見!英字新聞を利用して英語にもビジネスにも強くなれる方法を紹介へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

理に叶ったヒアリングを最重要視した英語学習法とは!?

ヒアリングが大切!英語学習方法

私は小学3年から5年までの2年間をシンガポールで過ごしました。もう今から数十年も前の話なので、英語教育への姿勢や学習施設の充実など今とはまったく状況が異なりますが、私はシンガポールに行くまで英語なんて単語の一つも習ったことはありませんでした。
現地に着くと学校こそ日本人学校でしたが、当然英語の授業は必須です。シンガポールは常用語が英語でしたので、毎日1時間英語の授業がありました。英語の授業のみクラス分けがされていて、私は日本人の先生が教える一番下のクラスからスタートしました。
そこでの勉強方法は日本の英単語を書いて覚えるなんてことはなく、最初はまったく理解できなくてもいいからとにかく英会話を聞くこと。これのみでした。英単語を知っておくということも、もちろん大事なことです。しかしこちらの意思を伝えたいと思った時、ジェスチャーで伝えることはできたとしても、返ってきた言葉を理解できなければ意味がありません。
だからこそ最初は聞き流すだけでもいいから、テレビでもラジオでも何でもいいので英語を聞くということが重要になってくるのです。私も現地のラジオやテレビを意味もわからずに観たり聴いたりしているうちに、なんとなく大まかな内容を掴めるようになっていきました。最近、CMでよく見かける英語を聞き流すだけで喋れるようになるというものがありますが、半信半疑の人もいるかもしれません。
しかし私はあの勉強方法はとても理に叶っていると思います。もう日本に戻って20年以上が経ち、英語を話す機会もないのでかなり喋れなくなってきていますが、それでも聞き取りだけは理解できます。英字新聞はもう自信がありませんが、字幕なしの映画を観ることができるので、この経験は無駄ではなかったと思っています。
理に叶ったヒアリングを最重要視した英語学習法とは!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop