「英会話」の記事一覧

ネットで学ぶ!英語力を伸ばすYouTubeでの英語学習法を解説!

You Tubeで英語学習方法

私は、海外の情報を見るのが大好きで、常にインターネットを使って、海外のニュースサイトなどを見ています。特に日本が海外の人からどう思われているのかなどを知るのが好きです。といっても英語が分かるわけではなく、もっぱら翻訳ソフトを使っています。ただし、翻訳ソフトというのは、感情が不足している機械的な翻訳となるため、訳のわからない言葉になることも多く、翻訳としては完璧とはいえません。
やはり自分で英語を学んで理解できるようになるのがベストだと思っています。そこで最近、英語の勉強の場として選んでいるのが、動画サイトのYou Tubeです。日本のことが大好きな外国人がいて、You Tubeで日本の情報を発信しています。その人の大きな特徴は、英語を話ながら日本語の字幕をつけてくれるところです。日本語を話している時は英語の字幕をつけてくれます。
英文は勿論のこと、英語の発音の仕方など、英語を理解する上では、この動画がとても分かりやすく参考になります。私はどちらかというと、文字で読む英語は、どうにかのレベルで半分以上は理解できるのですが、実際に英語を聞くとなると(リスニング)基本的な正しい英語の発音を理解していないので、聞き取ることができない状況です。ゆっくり繰り返し話してもらえれば、理解できることもありますが、通常の速さで英語を話されたら、殆ど理解できない状況になります。
You Tubeの動画は、自分で繰り返し見ることができるので、分からない英語を何度も聞き直すことができます。難しい教材を買って、無理に頭に詰め込むよりは、自分の興味のあるものから、自然に英語と接する方が、英語を学ぶ上では頭に入りやすいと思います。私の英語力は、まだパーフェクトとはほど遠いですが、好きな情報を題材にして勉強しているので、以前よりは英語が理解できるようになりました。
ネットで学ぶ!英語力を伸ばすYouTubeでの英語学習法を解説!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

偏った英語学習法を実践すると効果は半減!?全方面での学習がおすすめ

ディクテーションが英語学習の上達法

英語を聞き流すだけの勉強方で、英会話の習得ができるとさまざまなメディアでCMが流れています。多くの有名人やスポーツ選手が利用しているようで人気らしいのですが、個人的には英会話には良くても、英語の学習法としては足りないと思っています。よく、文法なんて意味がない、文法が分からなくても会話はできると言う人がいますが、確かに話しは通じるかもしれませんが、英語ときちんと学びたいなら、文法はやはり大切です。
最低でも、中学生レベルの文法と英単語はマスターするべきです。私は英和辞書を常に携帯し、分からない単語はすぐに調べるようにしています。例文を書き写し、分からない単語を調べ、和訳をします。この場合は意訳ではなく、なるべくそれぞれの単語の意味を反映した訳にします。また、「ディクテーション(dictation)」も大切にしています。
リスニングと似ていますが、ディクテーションは聞こえてくる英文と一言一句残さずに書きとる勉強法です。全ての文章、全ての単語を書き取ります。とても面倒くさい勉強法ではありますが、私の音の聞き取りとスペリング力が上達したのは、ディクテーションのおかげです。特に、TOEICなどの得点を上げるにはとても効果的だと思います。
学校では論文、ビジネスの場では書類と、英語でレポートを作成する機会は少なくありません。その場合、英会話だけの英語力では足りないのです。英語をきちんと習得したいならば、聞き流すだけのような偏った学習法ではなく、手間と時間がかかって面倒くさくても、リスニング、リーディング、グラマーと全方面での学習をおすすめします。できれば、ディクテーションもぜひ取り入れてください。映画のディクテーションは楽しくもあり、勉強にもなる素晴らしい勉強法だと思います。シナリオも手に入りやすいので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう。
偏った英語学習法を実践すると効果は半減!?全方面での学習がおすすめへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

簡単なフレーズを徹底的に覚える!?自信をもって推薦する英語学習法

300のフレーズを丸暗記する英語学習方法

ある程度の基礎学力は必要ですが、私が自分自身で実行してきた英語習得方法をお話しします。ここで紹介することは、私が自信をもって推薦する方法ですので、是非皆さんにもやっていただきたいと思います。【往復チケットをください】を英語に訳すと【I want to buy a round ticket】となりますが、このようなフレーズを300程度集めて徹底的に覚えるのです。難解なフレーズである必要はありません。とにかくこの程度の簡単なフレーズで良いのです。
これは旅に関するフレーズですが、このように様々な分野を自分で決めて簡単なフレーズを300ほどピックアップします。そして、あとはひたすらこれを暗記。まずはこの段階まできっちりとやり抜きます。問題はこの効果がどう表れるかですね。このようなフレーズを覚えた後に、実際の生活シーンで似たような状況が出てくるはずですが、その時に頭の中で英語でそのフレーズを唱えるのです。
たとえば、寿司屋に入ったとしましょう。その時「どれがお勧めのネタなのかな?」とまずは日本語で考えます。そしてその次ぎに、300フレーズの中でこのフレーズに似たものがなかったかどうかを思い出します。 「そういえば what do you recommend・・・ という文章があったな」
もうおわかりですね。この寿司屋で私の頭の中にはこういう発想を起こすのです。そして、頭の中で文章を組み立てて復唱するのです。このような作業が外国で役に立ちます。4年前にパリに遊びに行ったのですが、その時入ったレストランでも、お店の人にこの構文を迷うことなく話すことが出来、そして実際に通じました。ただ問題はヒアリング。このときにも、私の問いかけに早口で返してきたので何を言っているのかわからなかったのです(笑) でも、この問題は別の勉強方法で克服すれば良いのです。
簡単なフレーズを徹底的に覚える!?自信をもって推薦する英語学習法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

英語は音が重要!?自分で目標を決め総合的な英語力を伸ばす!

リスニング教材で英語学習方法

英語は海外に行って勉強するのが本当は一番いい、一番の近道だ、と主張する人がいますが、実際それは真実だと思います。赤ちゃんがそうであるように、相手の言っている言葉を理解してリアクションをおこさなければ自分の生命の危機にさえ関わる、少なくとも生活に著しい不便が生じる・・といった環境におかれることで、人間の脳はそれに順応して必要なものから習得していくようにできているからです。
しかしだれもが留学できるわけではありませんし、する必要もないと思います。自分で目標を決めてひとつずつクリアしていくことによって、総合的な英語力も付いてくるからです。まずは「音」が一番大切です。耳から入ってくる音を理解して、こちらから相手にわかる「音」を発しなければいけません。リスニングとスピーキングは非常に密接な関係にありますが、ここではリスニングについて書いてみます。
リスニングを勉強する時の方法は・完全なネイティブのスピードで・自分の語彙の範囲内の内容を・わかるまで何度も聞くの繰り返しがとても効果的です。 わからないものは何度聞いてもわかりません。ここが留学時と違うところで、わからない言葉も場面を変えて何度も出てくれば自然とわかるようになりますが、日本で学習する場合はそうはいきません。わからないものは調べるしか方法がないのです。
リスニング教材を用意して、まずは何度か聞きます。何度か繰り返して聞き取れないときはスクリプトをチェックします。実際にわからない単語があれば調べて、単語単位で知らないものがなければ更に聞き込みます。知らない単語がないのに聞き取れないようなら自分でその箇所を声に出して何度も読んでから聞き直します。この方法を根気よくやることでかなりのリスニング向上が得られます。
英語は音が重要!?自分で目標を決め総合的な英語力を伸ばす!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop