「英会話スクール」の記事一覧

英会話スクールと独学での英語学習効果を徹底比較!

英会話スクールに通う英語学習方法

私の英語の勉強方法は、英会話スクールに通う方法です。自宅での独学ですと気分が乗っている時と乗らない時があるので、乗らない時は勉強を怠ってしまうからです。
また勉強方法も独自のやり方では、単語を沢山覚えたりなどの単純作業になってしまいます。その点英会話スクールに通えば、嫌でも定期的に行かなければなりませんし、英語の堪能な心強い先生方や、同じように英語を学んでいる生徒達がいるので励みになります。
英会話教室のでの勉強方法は、毎回違うテーマで英会話しながら学んでいきます。例えばレストランに入った時のメニューの見方や注文の仕方を英会話したり、地図の中の建物名や道順の説明などを英会話します。他には絵のついたカードを使って単語を覚えたり、今日は何をしたか週末はどんな予定があるのかといった、たわいない会話を楽しむ時もあります。
質問したり答えたりということを頻繁にします。日本では話し役と聞き役のような会話が多いですが、英国では会話のキャッチボールが大事だということです。質問されたら同じように聞き返すようになりました。
英会話スクールに通って1年になりますが効果といえば、最初は恥かしい事もあり殆ど話せなかったのですが、今は簡単なことなら臆せずに話せるようになりました。英国やアメリカの先生達とも親しげに話せるようになりました。私の場合は英語を習っているというより、英語や英会話に慣れることが効果があったように気がします。
質問する時も以前は頭の中にある引き出しをひきだすまで時間がかかりましたが、今は少しずつ早くできるようになってきています。ゆっくりでも自分で考えて一つ一つをものにしていく方が確実に覚えられると思いました。英語を学んでいくと色々な発見もあり楽しいです。
英会話スクールと独学での英語学習効果を徹底比較!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

4つの学習法を試す!時代に合わせた英語学習法!?

一番いい効率方法で学ぶ英語学習方法

わたしの場合、英語を学習する時には読み書きと会話を切り離して勉強しています。本やネットの記事を読み文章を書くことと、仕事で海外の方と会話する能力とは違った側面がありますから、勉強に対するアプローチの仕方も変えて学ぶ必要があると思っています。
読み書きの場合には、これは学生時代に取り組んだ英語の勉強法と大差ありませんが、なるべく英字新聞だけでなくインターネットニュースをプリントアウトしたものをテキストにして使用するようにしています。これは日本人が学校での英語学習で学んだ英語が実際には現地で読み書きのレベルでも時代遅れになりがちな事を考慮しているからです。
英語に限らず言語というのは常に変化しつづける面がありますので、時々刻々と新しく登場するキーワードを常に捉えることが必要になると思っています。また、会話についてはとにかく基本的な会話に困らないように常に英語で会話する環境を見つけ出す事です。
なにも有料の英会話スクールに行くだけではなくて、社内に外国籍の社員がいるなら比較的容易に英語で話す環境を作ることは出来ますが、日本にいる外国の人は日本語を話したいという欲求が強いことを覚えておく必要があります。
彼らもわたしが英会話を望んでいると同様に、身につけた日本語を試してみたいと望んでいるからです。それ以外にもわたしはインターネットの動画ニュースを利用します。会話の基本はリスニングであるのは現在でも変わりません、とにかく英語での会話に慣れることが大切だと思いますので、テレビを見る時間を英語での視聴の時間にしてみるだけでも、英語を聞き分ける能力が上がったと感じることができるはずです。
わたしは仕事の都合で外国籍の方とお付き合いをすることになってから、あわてて英語を再勉強しようとしましたが物事を学ぶためには必ず一番効率の良い方法があるはずですから、最初に勉強の方法を考えてみることが大切ではないでしょうか。
4つの学習法を試す!時代に合わせた英語学習法!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

積み重ねが大事!コツコツ伸ばす英語学習法を徹底解説

少しずつ積み重ねていく英語学習方法

英語の勉強方法にはさまざまあります。そこで、私が実践している英語勉強方法を紹介したいと思います。まずやるべきことは、文法を思い出すことです。学生の間までは、「過去完了」とかやったと思います。そちらを思い出すことです。そうでないと、次のステップにすら進めません。理由は次のステップで。
次に、単語と熟語の思い出しをします。順番としては、単語を思い出してから、熟語を思い出すといいでしょう。単語を思い出すことで「ああ、そういえばこの単語ってこういう意味があったな」となり、その意味を用いて「ああ、この単語のこの意味をつかって、これらの単語を組み合わせてこんな意味の熟語があったな」と思いだすことができるからです。
しかし、ここで注意点。Aを満足にこなさずに文法を思い出すことができないと、いくら単語力、熟語力をつけても文を組み立てることができません。すなわち、英語の読み書きができないことを意味します。AとBの順番はくれぐれも間違えないようにしてください。
さて、これで大体読み書きはできるようになったとしましょう。しかし、言語は読み書きだけではありません。いわゆるリスニングとスピーキング、つまり会話ができないと実践では使えません。しかし、この方法の解決策も自分で考え出しました。会話ができるようになるには、会話をすればいいのです。
何も英会話スクールに通え、というわけではありません。(それでもいいですが、金銭的に厳しい方にはあまりオススメできません)外国人のいるところ、例を挙げれば観光地化しているところで、外国人に日本を案内してあげればいいのです。これは、大学の英語部でも知られている手っ取り早い手段ですが、一般的にはあまり知られていません。しかし、効果(後述)はばつぐんです。場所は、浅草、秋葉原などがいいでしょう。
さて、以上が私の実践している勉強方法ですが、効果のほうはというと、TOEICが300点から500点まで上がりました。(かけた時間は1年。ただし、社会人なので一日あたりの勉強時間は少ないです)比率で言うと、上がりにくいとされているリスニングも100点ほど、効果がありました。
英語力は、少しずつでいいので、積み重ねていくことが大事です。一気にTOEICの点数が上がるような勉強方法では、この勉強方法はありません。「確実に点数を上げたい」という方は是非実践されてみてください。
積み重ねが大事!コツコツ伸ばす英語学習法を徹底解説へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

自分の英語学習の進捗状況が判るユーキャンスピークの魅力とは!?

話すことに重点を置いた教材です

私はユーキャンスピークという英語教材を使っています。この教材は、話すことに重点を置いた教材です。私は英語が話せるようになりたくてこれまでいろいろな英語教材をためしてきました。しかし、英語が聞き取れるようになったり、英語そのものができるようになる教材はたくさんあっても、なかなかしゃべれるようになる教材には出会えませんでした。やはり英会話スクールが一番いいかなとは思ったのですが、なかなかスケジュール的にも厳しく、あきらめざるを得ませんでした。そんな時、友人におすすめされて、始めたのがユーキャンスピークです。
この教材はインターネットさえあればどこでもできるところが気に入っています。私は主に家でやっています。サイト上に日本語を英語に訳す問題が現れます。初めてやった時に、こんなにも英語ができないものかとがっかりしました。同時に英語が話せるようになるには、英語を聞くだけではなく、英作文が作れるようになる必要があるのだなと実感しました。またそれもスピーディに作る必要性があります。そのために、ユーキャンスピークは格好の教材だなと思いました。
私は週に3回くらい勉強しています。進捗状況もわかるし、クリアできたものとできなかったものが一目でわかるようになっているのもいいなと思います。 ゲーム感覚で英語を勉強できるので、苦にならないし、楽しみながら英会話能力を上げていけると思っています。なかなか英会話を話すチャンスはないのですが、SNSなどで英語のコメントをするときに、簡単な英作文がすらすら出てくるようになり、ユーキャンスピークの効果を実感しています。これからもユーキャンスピークを続けて、英語ぺらぺらになるまで頑張りたいなと思っています。
自分の英語学習の進捗状況が判るユーキャンスピークの魅力とは!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop