「発音」の記事一覧

日本にいながら英語の発音を習得する効率的な学習法

how to speak dutch how to speak dutch / Hans_van_Rijnberk 日本で暮らし、英語学習をしていると、どうしてもリーディングは向上できても、スピーキングは上達しない傾向にあります。実際に海外旅行に行き、単語や文法は正しいはずなのに、意味が通じない経験をした方も多いはずです。 それは、発音が悪いからなのです。「I’m Taro」というだけなのに「アイ アム タトウ」と思いっきりカタカナ英語になっている人もいます。せっかく外国で英語を話しているのにもかかわらず、言葉が通じないと、英語を話すことがどんどん億劫になっていきます。 発音がきちんとしていれば、文法が間違っていても、相手は理解をしてくれます。そこで今回は英語の発音を習得する学習法を紹介します。 (さらに…)
日本にいながら英語の発音を習得する効率的な学習法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  - 

英語をさらに極めたいと思ったオーストラリア留学での体験

1ヶ月間の短期オーストラリア留学

私が通信制の高校3年生の時、授業の一環で1ヶ月間のオーストラリア語学留学へ行きました。場所はオーストラリアの東側にあるブリスベンという街です。
それまで旅行で海外は一度行った事があったのですが1ヶ月も日本を離れると思うと本当に不安だらけで、ホームステイも相部屋だったので同室の子と仲良くできるかとか、なによりも英語が全く話せない聞き取れない状態だったのでちゃんと生活できるのかとか考えだせばきりがないほどでした。
そうこうしながらもオーストラリアに到着し、空港の外へ出ると天気も晴れていてみるもの全てが英語表記でまさに外国そのもの。すっかり好奇心の塊になりました。
私がホームステイでお世話になった家族はベジタリアンで躾の厳しいお母さんと子供が3人と犬がいるお家です。家から学校まではバスで通うのですがちゃんと最初の往復を一緒に来て教えてくれました。
授業はというと本当に基礎英語と発音の練習ですが、まず先生が話す英語が聞き取れないので苦労しました。ゆっくり丁寧に分かるまで教えてもらい、だんだん耳が慣れてくるとホストファミリーの話す言葉も少しずつ聞き取れるようになり、beenをベーンと発音しているのが分かったときはこれがオーストラリアなまりかと嬉しくなりました。
お昼ご飯が学校の近くのカフェでみんなと食べ、夜は初めてのベジタリアン料理を家で食べます。慣れない味付けでしたが残すと悪いのでがんばって全部食べていました。未成年だったのでお酒も飲めないので学校が終わった後はショッピングセンターやスーパーへ行って遊んでいました。
スーパーではカラフルなお菓子がいっぱいあって安くで買えるので、お気に入りのグミのつめ放題をよく買って帰りました。でもホストマザーが家でお菓子を食べさせない人だったのでこっそり隠れて子供達と食べていたのですが一度見つかり怒られました。
英語が分からなくても子供とはなんとなく話してる事を想像しながらゲームをしたり庭で遊んだりできて楽しかったです。語学学校のイベントでコアラを見に行ったり海へ遊びに行ったりしてあっというまの一ヶ月でした。
最後お世話になったホストファミリーと別れるときも寂しくてもっと英語が話せたらなあと思いました。留学は旅行と違い、現地の生活を体験できる本当に貴重な時間だと思います。
英語をさらに極めたいと思ったオーストラリア留学での体験へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語を話せるようになると性格が明るくなるって本当?

急遽決まった海外移住

私にとって日本人以外は外国人で、その実物に会うことなく育ってきました。外国人はテレビや映画でしか見たことがありませんでしたが、海外で暮らさなくてはいけなくなり、その大勢の外国人の中で生活することになりました。
聞きなれない英語の音にとまどい、理解できないことが恐怖になり、英語を聞くことすら拒絶してしまったことが一時期ありました。ですが、やはりこれではいけないと思い、英語教室へ通い、家でも勉強して、ある程度の私自身の言い分は相手に伝えることができるようになりました。
不思議なことで、英語を話す自分はまるで別人のようです。今まで、言葉を濁すことでうまく相手と会話できていたところが、英語となるとまったく通用しないので、イエスorノー。とした、はっきりとした態度で自分の意見を主張できるようになったのです。
Beverly Hills
Beverly Hills / Sarah_Ackerman

それは人間関係で、相手に気を使うことばかりに目をむけていた私にとって、自然体で接することができる言葉でした。あんなに最初はとまどい、しまいには恐怖までした英語なのに、今ではすっかり主人にまで使ってしまう始末です。日本語がでてこなくなり、ついつい英単語を混ぜたりしてしまったりとかもありますね。
言葉の表現では、日本語は本当に多いと思います。微妙な言い回しなど、時々考えてしまうのですが、やはり英語で対話できる場面では必要がないかと思います。良いものは良い。悪いものは悪い。
そうはっきりと言ってしまって、英語を話す友人達の誰一人として気を悪くする人はいないと思います。英語が話せるようになって、今まで出すことのなかった自分、きちんと自分の主張を相手に伝えることができるようになったのは、本当に良かったと思います。
そして自分への自信です。できないと思っていた外国人との対話が、あたりまえとなってしまった今の生活が、少なからず大きな自信を与えてくれています。
あとは英語の通じない両親の前で、主人と英語で内緒話することが、些細な楽しみでもあったりします。
英語を話せるようになると性格が明るくなるって本当?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

ヒアリング中心の勉強で本当に英語は身に付くのか!?

英語を勉強し始めたきっかけ

英語を勉強し始めたきっかけは、映画を字幕なしで観たいからでした。そう、映画ファンだったんです。教材を使用して、ヒアリングを中心に勉強した結果、早口でなければ、ほとんどの会話はだいたい理解できるようになりました。今では、テレビで映画や海外ドラマを観るときでも、吹き替えなしが当たり前になっています。
ほとんどヒアリングばかりの勉強でしたが、あるとき友達の友達のアメリカ人と会話できる機会があり、試しにチャレンジしてみたら、「発音が少しおかしなところもあるが、十分通用する」と言ってもらえて、自信を持ちました。
さあ、そんな風に自信を持ってしまったものですから、何か機会があれば英語を使ってやろうと、色々とチャンスをうかがっていましたが、これが意外とないものです。相変わらず、映画館と自分の部屋だけで役立っていました。ところが、チャンスは意外なところに。
couple on seine
couple on seine / zoetnet

コンパのときに男女10名くらいのグループで繁華街を歩いていたとき、地図を片手に迷っているアメリカ人らしき外国人を見かけました。ここは良い所を見せるチャンスとばかりに、みんなにひと声かけてグループから離れ、彼に英語で話しかけ、道案内をしました。道案内の英語なんて、難しい単語もなく簡単です。
心の中でガッツポーズをしつつ戻ったときには、男友達からは「ええカッコしい」と冗談で突っ込まれましたが。コンパの席ではやはり、英語をネタにスムーズに話題に入ることができ、女の子から「すごいですね」とほめられて、ちょっと有頂天になりました。その場かぎりの人気に留まりましたが。
確かにいいカッコをしたかったのですが、やはり、相手から「サンキュー」と言われると、とてもうれしいもので、こういった人助けにもなるのが良いところ。
ヒアリング中心の勉強で本当に英語は身に付くのか!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop