「留学生」の記事一覧

英語を通じて海外の流行も敏感にいち早くチェック!

英語が話せてよかったこと

私が英語を必死に勉強したのは5年前でした。当時の私は高校生で、受験の為だけの英語を機械のようにひたすら勉強していました。しかし、うちの高校では毎年アメリカからの留学生を受け入れているので生の英語に接する機会が多く、留学生とコミュニケーションを取っていると自分の勉強では何もつまらないことに気がつきました。
私は受験の為の英語の勉強を頑張ると同時に、アメリカからの留学生と積極的にコミュニケーションを取るようになりました。その時に身に付いた英語は日本とは違うアメリカならではの生活習慣を思わせるものばかりでした。
テレビや本で読む海外の習慣がよりリアルに感じる事ができ、その時のゾクゾクするような感動は私の人生に彩りを付けてくれるものでした。受験の為に単語帳で覚えた英単語を必死につなげながら彼と話すと、次第に英語が身に付いてきました。 Authentic Old-Timer Friendly Photographer and Patriotic Veteran named Burl McDonald (Kaweah Country), Gestures at Morro Rock, Morro Bay, CA
Authentic Old-Timer Friendly Photographer and Patriotic Veteran named Burl McDonald (Kaweah Country), Gestures at Morro Rock, Morro Bay, CA / mikebaird
そんな風に生活していると、街中で地図を持って困っている海外の方にも声をかける事が怖く無くなりました。最近では積極的に声をかけるようにしています。
ジェスチャーを交えたりしながら英語を話すのはとても楽しいです。海外に少し留学した時にも、日本語以外の文字を読んだり聴いたりできるのはとても楽しい事でした。
オーストラリアのメルボルンに少し滞在していましたが、多くの移民を迎えているメルボルンという街では英語圏以外の国の方とも接する機会が非常に多く、英語が本当に役に立ちました。
英語を通じてまた別の国の言葉を知って、文化を知って、沢山の人とふれあう事が出来ました。英語が使える分だけ世界が大きく広がりました。海外の通販サイトで買い物をしたりするのもとても楽しいです。海外の流行を敏感にチェックする事もできますし、英語が使えると人生が捗ります!
英語を通じて海外の流行も敏感にいち早くチェック!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

コミュニケーションの第一歩はやっぱり英会話!

英語が話せてよかったこと

英語が話せるようになって良かった事は自分の世界が広がったことで心にゆとりが生まれ自分らしさを誇れるようになったことです。私は学生時代大人しくてあまり目立たない生徒でしたので、あまり異性からモテませんでした。
そのため学生時代はあまり自分に自身が持てずにいました。そんな学生時代、私は海外のロックミュージックが大好きだったこともあり、将来は「英語が話せ、国際社会で活躍する仕事」に就きたいと漠然と考えていました。
その後、夢を叶えるべく英会話の勉強をするため、アメリカへ4年間留学しました。最初の頃は、全くと言っていいほど、英語が話せませんでしたが、徐々に相手の言葉が聞き取れるようになり、カタコトで話し続け、一年経つ頃には自分でも英語が思い通りに話せるまでになりました。 America Marches
America Marches / Brandon?
それからは、たくさんのアメリカ人友達や各国からの留学生友達とたくさん話をし、一緒に生活をともにしていました。そうすると、本当の意味での世界の広さ、すなわち文化や生活習慣、世界観や価値観の多様性に気づかされると同時に、これまでの自分の知っている世界・知識の狭さ、強いてはこれまでの自分の価値観や考え方が如何にちっぽけであったかということに気づいたのです。
そのことで、自分の中にあった「劣等感」が一気に吹っ飛び、自分自身を好きと思えるようになりました。小さな世界だけで生活していると、あたかもそれが全てに思えてしまえ、物の考え方・感じ方も偏りがちになります。
ところが、物事には多様性があるということを知るだけで、物の考え方・感じ方までもが自由になる、ということがあるのです。多様性があるということは他言語の人とコミュニケーションを通してのみ知りうることができるのです。その第一歩はやはり英会話でないでしょうか。
コミュニケーションの第一歩はやっぱり英会話!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  - 

外国の友達を作ることが英語上達の秘訣

留学に行くまでの準備はしっかりしておくのがベストです

オーストラリアのシドニーにワーキングホリデーというVISAを利用して約1年間留学していました。初めての留学ということもあり、VISAの申請やら語学学校の申し込みなどはエージェントを通して行いました。
慣れている方はすべて自分で手配するそうですが、海外に1人で行くわけですから不安もあり、日本人スタッフも現地に在籍するというエージェントで申し込みをしました。
留学までのながれは日本でのスタッフの協力のもと、なんの不安もなく手続きもでき、シドニー到着後も、日本人スタッフによる送迎もありスムーズに進行できました。
はじめての海外留学だったらエージェントを通していくのが無難かと思われます。まぁ昨今ではエージェントが倒産し、おカネを振り込んだのに・・・ということもあるみたいですが・・・。
とにかく行くまでの準備はしっかりしておくのがベストかと・・・語学留学で行こうと思うなら、少なからず英語の参考書のようなもので1度は勉強をしておくことをオススメします。
日本語の参考書ではなく、英語で問題が出されているものがいいです。語学学校に入学するのは週単位で新しく生徒が入ってきますので、みんな同じスタートではありません。授業途中から入るとおもっていていいと思います。
Studying for Discrete Math
Studying for Discrete Math / iBjorn

行く前に事前に調べておく必要があります

授業ではモチロンすべて英語。誰も日本語訳してなにの勉強をしているかなんて教えてくれませんもちろんクラス分けがあって、クラス分けのテスト後にレッスンに入るので自分に合ってるレベルのクラスに入ることになりますが。
場所にもよるかもしれませんが、オーストラリアは割と日本人の留学生が多いです。あと韓国人。できるだけ他の国のお友達をつくると英語の勉強にもなります。
だけど日本人のお友達もモチロン必要です!たまには息抜きも必要ですからね。まぁ学校にいけばたくさんの友達はできます。限られた時間なので、できるだけいろんなことに積極的に参加することをオススメします。
あと注意点としては、行ってはいけない地域というところがあるのでそれは事前に調べておく必要があります。友人は知らずにその場所を通り、電話で話しながら歩いていたのにもかかわらず、その話してる電話を強奪され、さらに転倒したときに金品もうばわれケガもしました。事前に知っていれば防げたこともあると思います。
ちなみにシドニーではレッドファーン、ウォータールー、キングスクロス、この3つは行かない方がいい とよく言われる場所です。とにかくついてからではなく、行く前の事前準備をしっかりすることをおすすめします!
そしてワーキングホリデーは国によって異なりますが年齢の制限があるので、行きたいと思ったそのうちに行動するのがベストかもしれませんね!
外国の友達を作ることが英語上達の秘訣へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

pagetop