「海外生活」の記事一覧

ネイティブの英語を利用した映画英語学習法のポイント

映画を見て英語を覚える英語学習法

私は海外に住んで7年目になります。英語の学習方法を今までいろいろ試してみましたが、自分にむいた勉強の仕方、また不向きな勉強の仕方というのがだんだんと分かってきました。
昔は、英語の参考書などを購入して単語を必死で覚えたり、とにかく長い時間机に向かうことで英語を身につけようとしていました。しかし、文法が得意ではない私、もの覚えの悪い私、勉強嫌いの私は、その方法ではなかなか英語が伸びることはありませんでした。
しかし海外生活が始まって、ほぼ毎日のように実行していたことがあり、それをすることによってグンと英語力が伸びていることに気が付きました。私にとっては趣味も兼ねたとても簡単なことで、DVDの映画を毎晩英語で見るという勉強法でした。
昔から大の映画好きの私は、とにかく毎晩映画を見続けました。最初は英語の字幕を出るようにしていましたが、それも目が疲れてくるので途中からは字幕もなしで観るようになりました。
もちろん最初の頃は映画の内容全てを理解できるはずはなく、なんとなく理解することしかできませんでした。また、画像だけで理解するには難しい映画などは、全く理解できない時もありました。
しかし、とにかくそれでも見続けるうちに1年経った頃から自分のリスニングの力が伸びてきたことに気が付きました。昔は聞き取ることができなかった早口のセリフなどがだんだんと理解できるようになりました。
単語などは勉強していない分、正確に書くことはできませんが、よく使われるフレーズなども適当な場面で自然と自分の口からでてくるようになりました。
何よりも、教科書の英語ではなく生きた英語が出てくるようになったことが、映画から学んだ英語の大きなポイントだと思います。7年経った現在でも映画は頻繁に見るようにしています。映画でなくても、民間のテレビドラマなどでもいいのでとにかく毎日自分が興味を持って楽しみながら英語に集中する環境を作ることが英語学習習得の近道になると思います。
ネイティブの英語を利用した映画英語学習法のポイントへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

ロンドンが楽しすぎてヤバい!ウィンブルドン留学体験談

1ヶ月の短期でイギリスに語学留学

21歳の時、ウィンブルドンの語学学校に一ヶ月ほど通いました。滞在中はホームステイで、シングルマザーと子供が二人いる家でした。イギリスでは一軒家を数人でシェアをして住むというスタイルが定着していて、その家でも私の他にもう一人部屋を借りている女の人が住んでいました。
食事も全部自分で作るので、週末スーパーへ行って食材を買うのですがなんでも量が多いので一人で使いきれないので冷凍保存したり、パスタのような常温保存のきくものをよく使っていました。
当時物価が日本の倍くらいしていたのですが、パンやパスタは安くておいしいので重宝します。昼ご飯もマクドですらセットが日本円で1000円くらいしていたのでサンドイッチを作って持って行っていました。
語学学校は古いイギリスの家をそのまま使ったような学校で、ちょうど夏休みだったこともあり一年間で一番学生が多い時期でした。国籍もヨーロッパ圏やアジア圏の人達が多く、英語よりもいろんな国の言葉を覚えました。
休憩時間に庭に出て一服するのが楽しみでした。授業が終わった後はパブに行ってビリヤードをしながらお酒を飲み、夜はクラブへ行くのがお決まりです。日本のように24時間あいているカラオケもコンビニも無いのですが夜はにぎやかな街でした。
治安が良いとはいえませんが、ちゃんと自己管理をしていれば問題なく楽しめます。古い町並みそのままで、家も古い所が多く友達のステイ先はシャワー中お湯が途中でなくなるといって困っていました。
ずっと雨が降っていたり電車もダイヤ通りに来ない事が多々あり、生活では不便を感じる事もありましたが、それ以上に音楽やアートやファッションといったカルチャーは日本よりも断然刺激的で斬新なものばっかりだったのでロンドンはおもしろい街でした。
そして日本食が恋しくなったときは、持って行ったインスタントのお味噌汁を大事に飲んでいましたが日本食品店もあるので自分で作れます。韓国人街に行けば日本のものよりも安くで食材が手に入るのでだいぶ助かりました。
ロンドンは移民が多いので郊外の街へ出た方がイギリス人に会えるよと現地の人が言うほど多国籍な街なので本当にたくさんの貴重な体験ができると思います。
ロンドンが楽しすぎてヤバい!ウィンブルドン留学体験談へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  - 

英語を話せるようになると性格が明るくなるって本当?

急遽決まった海外移住

私にとって日本人以外は外国人で、その実物に会うことなく育ってきました。外国人はテレビや映画でしか見たことがありませんでしたが、海外で暮らさなくてはいけなくなり、その大勢の外国人の中で生活することになりました。
聞きなれない英語の音にとまどい、理解できないことが恐怖になり、英語を聞くことすら拒絶してしまったことが一時期ありました。ですが、やはりこれではいけないと思い、英語教室へ通い、家でも勉強して、ある程度の私自身の言い分は相手に伝えることができるようになりました。
不思議なことで、英語を話す自分はまるで別人のようです。今まで、言葉を濁すことでうまく相手と会話できていたところが、英語となるとまったく通用しないので、イエスorノー。とした、はっきりとした態度で自分の意見を主張できるようになったのです。
Beverly Hills
Beverly Hills / Sarah_Ackerman

それは人間関係で、相手に気を使うことばかりに目をむけていた私にとって、自然体で接することができる言葉でした。あんなに最初はとまどい、しまいには恐怖までした英語なのに、今ではすっかり主人にまで使ってしまう始末です。日本語がでてこなくなり、ついつい英単語を混ぜたりしてしまったりとかもありますね。
言葉の表現では、日本語は本当に多いと思います。微妙な言い回しなど、時々考えてしまうのですが、やはり英語で対話できる場面では必要がないかと思います。良いものは良い。悪いものは悪い。
そうはっきりと言ってしまって、英語を話す友人達の誰一人として気を悪くする人はいないと思います。英語が話せるようになって、今まで出すことのなかった自分、きちんと自分の主張を相手に伝えることができるようになったのは、本当に良かったと思います。
そして自分への自信です。できないと思っていた外国人との対話が、あたりまえとなってしまった今の生活が、少なからず大きな自信を与えてくれています。
あとは英語の通じない両親の前で、主人と英語で内緒話することが、些細な楽しみでもあったりします。
英語を話せるようになると性格が明るくなるって本当?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

他人の言う事はむやみに信じてはいけないと悟ったイギリス留学

語学留学の為にイギリスに渡航

私は18歳のとき、語学留学のため初めて海外、イギリスに渡航しました。なんといっても初めてのことですから、周りから入ってくる外国行きの情報や助言をとても頼りにしていたんです。
その1つが、飛行機チケットを購入した旅行会社の社員さんからのアドバイスで、「入国審査で、語学留学が目的で来た、と言ってはダメ。観光に来たと言っておいたほうがいい」というもの。
それはありがたいアドバイスとばかりに、その言葉を信じて旅立ちました。ところが、飛行機がイギリスの空港に着陸し、入国審査で入国の目的を聞かれてアドバイス通りの答えをしても、審査官は私の言うことを信じてくれません。
私は1年間のオープンチケットを持っていながら、あくまで「観光目的」であるから滞在先も滞在期間もあいまいなことしか言えず、怪しまれるのも無理はなかったのでしょう。
その頃のわたしの語学力では相手の言ってることもよくで理解できないし、こちらの言いたいこともはっきり言えず、他の旅行者たちは次々と審査を通過していくのに、私一人が取り残されました。 54/365 - Yet more study
54/365 – Yet more study / threefingeredlord

海外での生活が自分の力を信じる自信に

危うく別室行きになりそうなって、初めて私はホームステイ先の住所と電話番号を伝えると、審査官が実際にホームスティ先に電話し、私が語学留学でイギリスにやって来たことを確認。
「どうして最初から本当のことを言わなかったんだ」というようなお叱りを受けながらも、私は無事、入国することができました。なぜ旅行会社の社員さんが何故あのようなアドバイスをしたのか不思議でなりません。そしてその言葉を疑うことなく信じてしまった自分も愚かでした。
でも、いまとなってはこの“事件”も笑い事で済ませますし、海外生活をした経験から他の人の言うことをむやみに信じることのない慎重さが身につきました。なにより英語を話せるようになったことで、過度にならない程度に自分の力を信じる自信がついたように思います。
他人の言う事はむやみに信じてはいけないと悟ったイギリス留学へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  - 

pagetop