「海外旅行」の記事一覧

海外旅行で、つい間違って使いそうな海外では通じない和製英語20語

Words Words / gliuoo   和製英語という言葉を聞いたことはありませんか?外国人の方と話すとき、英語だと思い込んでいた言葉が通じず、実は日本だけで通じる「和製英語」だったなんて経験もあるのではないでしょうか。日本で作られた英語風の日本語語彙である「和製英語」。日常会話に頻繁に登場しているので、ついつい間違って使ってしまうことも多くあります。そこで今回は、海外旅行でつい使ってしまう通じない和製英語を紹介します。海外旅行に行く際には、是非間違えないようにチェックしてみてください。 (さらに…)
海外旅行で、つい間違って使いそうな海外では通じない和製英語20語へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  - 

自分に合った英語学習方法を探すヒントは得意と苦手!?

自習室とネットサイトだけの英語学習方法

学生時代勉強がイヤでイヤでたまりませんでした。でも自然と社会人になるともっと勉強をしていればよかったなあとか先生の話をきちんと聞いておくべきだったとか思うようになるんです。例えば海外旅行に行くときなんてそうですよね。私は英語があまり得意な方ではなかったのでジェスチャーで乗り切るしかありませんでした。こういうときにきちんと勉強しておけば…と思ったんです。
海外旅行から帰ってきてもっと自分を磨こうと思い立ち英語を1から勉強しなおそうと思いました。ただ勉強というしようという気持ちとは裏腹に中々机に向かえない日々…。忙しかったのもあったのですが、一番は勉強したくないという気持ちでした。その日から家で勉強することをやめて、外に出て勉強することに。誰かが家にいると本や掃除やらと始めてしまうので環境的に良くないと言っていた通り外に出て勉強すると気分もよくリフレッシュできました。
行きつけのお店もできたなーと思っていたときたまたま自習室という言葉を目にしたんです。有料の勉強部屋のようなところで、お金を払って勉強をする空間を作るがコンセプトのお店(?)いざ入会して行くようになるといい感じに頭がさえて家でやっている時よりもとっても集中が出来ました。
学習方法ですが、基本1からやっていましたのでパソコンを自習室に持ち込みNHKのニュースで英語サイトさんやヘッチャラ英語学習さんなどのネットサイトを利用。単語を覚えるのにはスマートフォンでの単語作成のアプリを使用して暗記していきました。
英語力を試すにはTOEICということで最初勉強した時点で200もなかったのですがこの自習室を利用して自分の範囲で出来る勉強方法で500までアップしました。まだまだ勉強は足りないですし、海外行くには早いとは思っておりますがスクールにイヤイヤ通ったり、無理に勉強をしていては意味がありません。きちんと自分にとって効率のいい勉強方法を探すのが一番の英語を習得できる早道だと思います。
自分に合った英語学習方法を探すヒントは得意と苦手!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

英語学習はかなり努力が必要!ひたすら何度も繰り返しす効果は?

中学生の時の英語学習方法

これは私が中学の時にやっていた英語のひたすら学習方法です。まず教科書を声にだしてひたすら読みます。意味がわからなくても関係なく、何度も読みます。スラスラつっかえなくなるまで何度も声にだして読みます。スラスラ言えるようになったら、単語帳をつくって書いて単語を覚えます。このときもできるだけ口にだして覚えます。単語のつづりを覚えながら同時に英文を訳していきます。訳したらその文章がどんな内容か把握します。
そして最後まで声にだして読み続けることを続けます。なぜこんなことをするかというと、声にだして読み続けることによって、つっかえる部分はまだ自分で覚えていない部分であることがわかります。スラスラ読めるということはある程度暗記をしていることになります。単語書くことによって、目でおぼえることができます。和訳をすることによって、教科書の内容がわかるのでここからは国語の文章問題と同じような形になります。
内容さえ覚えていればゆっくりおちついて解答をするこよができます。最近感じた英語の勉強法は、実際に英語を使ってみることだと思いました。なぜなら、先日海外旅行に行ったときに現地のガイドさんやホテルの従業員が英語しか話せない人たちで、最初はすごく困ったけどだんだん耳がなれてきて、なんとなく聞き取れるようになったのを覚えています。
今回のことから英語は実際に使って話すことの重要さというのを認識することができたと思います。実際に外国人と話す機会というのはむずかしいと思いますが、教科書を声にだして読むことは結構簡単にできることなので、ぜひ使ってやってみてほしい勉強方です。騙されたと思ってやってみてほしいと思います。
英語学習はかなり努力が必要!ひたすら何度も繰り返しす効果は?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

日常英会話を習得する最短の英語学習法を紹介!

一番効率のいい英語学習方法

基本的な会話は学生時代に習得した知識で十分理解可能なので、社会人となった今は主にTV(NHK)やラジオの英語番組を視聴し、わからない表現や知らない単語等あれば、その都度ネットや辞書で調べる。当然調べた内容はメモを取り、それを読み返したりして復習します。
たまに番組の難度を下げて耳を英語に慣れさせたり、つまづきがちな自分に自信をつけたりして、一進一退を繰り返しながらも少しずつ前に進むことを目標に頑張っています。会話メインで習得したいので、ひとりで復唱したり、TVに向かって話しかけたりもします(苦笑) 番組専用の教材も販売していますが、特になくても不自由を感じることはありません。
上記方法では難しい表現はなかなか身につきませんが、日常会話をする分には十分のようです。街中で迷っていそうな外人を見かけたらアクティブに話しかけたりして習得した会話力を試してみますが、双方に「伝えたい」「理解したい」という意欲があるからか、意外と問題なく道案内や観光案内ができ、また感謝されたりして、自分でも驚きつつも嬉しくなることもあります。
また、海外旅行に行った時にも、やはり双方の意欲のお陰か、ホテルや駅等で会話をした際にもさして不便に思ったこともありません。受験用の英語学習であればこのような手段ではとても不足なのかと思いますが、社会人になり、会社で英語を使用する機会も稀な私には上記程度のレベルで充分なので、このスタイルでこれからも続けようかと思いますが、昨今TVでよくCMをしているスピードラーニングが少し興味深いです。時は金なりとも言いますので、やはり、楽して学べて習得できるならば、その学習法は魅力的です。予算の都合もありますが、今後試してみたいと思う教材です。
日常英会話を習得する最短の英語学習法を紹介!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop