「洋画」の記事一覧

センター試験英語対策!好きなものから英語を吸収すること

好きなものから吸収する英語学習方法

私が実際に効果があった英語の学習法です。大学受験のセンターでの方法だったのですが、私は中学、高校で英語は決して得意ではありませんでした。高校の頃、英語の小テストも苦手だし、先生の話も関係副詞とか受動態とかわけわかりませんでした。そんな私が、社会に出てからもう一度受験することになり、必要にかられて英語も勉強しなきゃならなくなったのですが、まず、何をしたのかというと、ひたすら好きな英語の曲の歌詞をノートに書きました。
その中から、ターゲットの重要単語を赤でチェックしていきました。曲もただ聞くのではなく、耳でちゃんと聞き取れるようになるまで繰り返しきいて、ソラでも英詩で歌えるようになるまで歌いました。英語の意味もちゃんと理解して、感情込めて歌えるまで曲を理解しました。そうすると、メロディーと曲全体のイメージのおかげで、単語をすぐに覚えてしかも忘れにくいという効果がありました。私はバイトと絵の予備校に行きながら、あまった時間でしか学科をできなかったので、
忘れにくい!というのが重要でした。そこで、覚えるには興味をもって楽しめば忘れにくい!ということに気づきました。曲である程度、英語の感じを掴んできたころ、耳で聴いたり、シチュエーションで覚えてしまうのはかなり効果的だったので洋画のDVDのセリフを、全部ノートに写して、そこから重要単語を拾っていきました。いろんな言い回しや、会話の感じがつかめたし、なにより英語への抵抗感がなくなってきました。ただ単語帳で一個ずつおぼえていくよりも、文章の理解力が高まり、長文読解が得意になりました。
朝、早めに起きて一曲ノートに書き写して重要単語の意味をチェックし、日中その曲を頭の中でリピートして、歌ってみたり、覚えている部分の歌詞を書いてみたり。夜に、家に帰ってその曲をチェックする。時間が多く取れる日はDVDの方を進めて、休みの日に予想問題を試験時間で解く。これを楽しみながらやっていった結果、初めは80点~100点だったのが、3ヶ月後には140点近く取れるようになって行きました。
センター試験程度の問題ならば、英語の勉強法は、基本好きなものから英語を吸収していけば、文法は中学生レベルを理解していれば、徐々にわかってくるのだなと実感しました。
センター試験英語対策!好きなものから英語を吸収することへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

中級者向け!リスニング力とスピーキング力を確実に伸ばす英語学習法

中級者向けの英語学習方法

これは初心者というよりは、中高と英語を勉強してきた中級者向けの勉強法だと思うので、その点はご了承ください。私がこれから紹介する英語の勉強法は、主に日本人の義務教育では養うのが難しいと思われている、「リスニング力」と「スピーキング力」を養うための勉強法です。その方法とはずばり「映画を英語字幕で見る事」です。
それっていきなりじゃ無理なんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、これが結構やってみるとできてしまうのです。もちろんわからない所は止めて辞書を引くなどする事も重要なのですが、実際内容はなんとなく目と耳で補いあえるために流れとして頭に入ってきます。特に自分の一度見た事がある映画だとやりやすいので、最初は見た事あるもので字幕の早さなどについていく練習をしてもいいでしょう。しかし慣れて来たら、見た事はないけれど興味のある映画を選ぶ様にしましょう。
その映画の内容やストーリーをきちんと把握したいという気持ちから映画にも集中する事ができますし、映画字幕でも理解して見れるという楽しさがまたモチベーションに繋がるために、飽きずに向上心をもって取り組む事が可能なのです。これをつづけているとだんだん簡単に映画についていく事ができますし、映画内でよく使われている表現が正しい発音とともに頭にインプットされていきます。
そのため慣用表現の発音の繋がりが理解でき、他のリスニングなどをやった時にも言葉同士の繋がりがわかっているのでとても楽に聞ける様になります。そして映画で覚えた単語や表現は、その状況になった時にぱっと頭に浮かんでくれそれをそのまま口に出す事ができ、スピーキングにも貢献します。ただ紙に書いて覚えるのと、ストーリーの中で人が喋っているのを聞いて頭に定着させるのでは全然違うのです。このような面から私はこの映画での学習法をおすすめします。
中級者向け!リスニング力とスピーキング力を確実に伸ばす英語学習法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

マンツーマンの効果は?英語学習を家庭教師にお願いすることのすすめ!

家庭教師から習う英語学習方法

塾と家庭教師によって、英語を学習しました。家へ、学校が終了してから二時間ほど英語を習いました。その日に学校で習った事をその先生にもう一度習います。受験もある中学校三年の時には、この方法で学習しました。学校で習った英語をもう一度、学習出来ますので、より身近でわかりやすい方法でした。自宅へ来てくれますから、自分で行く時間が省けますし、体も疲れなくてより勉強出来ました。
先生は、教科書に添ってゆっくりと丁寧に教えてくれますので、とても判り易かったです。文章の書き方では、日本語の文章を英語に直したり、英語の文章を日本語に直したりします。更に、単語の書き方や読み方、日本語に訳したりします。ヒアリングも行ってくれますし、単語の書き方を丁寧に繰り返し教えてくれるので、学校で教わるよりも判りやすかったのです。自分で持っていた英語のドリルを見せて、一緒に問題を解決したりもしました。家庭教師は、自分で容易した教科書やテキスト、ドリルを見せてそれに添って教えてくれるのです。
その家庭教師を一年間の週に2回ほど行いました。学校での次の授業での英語の内容を前もって教わっていたので、とても判り易くなり、楽しく授業に参加が出来るようになったのです。それに、ヒアリングも良くなり、先生から褒められました。スペルの書き方もスラスラと出来るようになりましたし、英語の文章も理解出来る様になりました。
テストの点も格段に上がりましたし、英語の内容を理解出来るようになると、その授業を楽しく参加出来る様になりました。そして、3年生の通信簿が一つ上がりました。それに、英語の文章を自分で作り、日本語に直す事が簡単に出来るようになり、英字新聞や英語の映画を見ていても、日本語に訳す事も出来るようになったのです。
マンツーマンの効果は?英語学習を家庭教師にお願いすることのすすめ!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語力向上の一番の近道!自分に合った英語学習法を探してみる!

映画で楽しく学ぶ英語学習方法

私のオススメの英語勉強法は、洋画を使ったものです。洋画を観る時、普通は、英語音声、日本語字幕であることが多いと思います。それを、英語音声、英語字幕に変えるのです。これが私の勉強法、すごく簡単で、いつでも実行できます。これを行うと、英語音声にかなり集中するようになります。そして、聞き取れなかったものを、英語字幕で確認するといった具合で、映画が進んでいきます。こういったやり方なので、できれば、何度も観たことがあるなど、内容を把握している洋画をチョイスすることがポイントです。初見の映画だと、さすがに難しいとおもいます。
私がこれをはじめたのは、TOEICのリスニングの点数を上げたいと思ったことがきっかけです。リスニングだと、テキストを解くよりも、もっと実践的な学習が必要だと考えたのです。そこで、趣味である映画鑑賞を楽しみつつ、英語を学べるこの方法を編み出したのです。これを始めてから、映画のセリフを暗記してしまい、登場人物より先にセリフを言ってしまったりします(笑)
さて、こうして週に3、4本ほどの鑑賞を続けていました。そして三カ月ぶりにTOEICを受検すると、見事にリスニングの点数が上がったのです。100点程だったと思います。総スコアでは、200点以上アップしていました。耳が映画で慣れていたのでしょうか、リスニングの音声はいつもよりゆっくりに聞こえましたし、クリアな感じがしました。余裕を持って、慌てることなく、リスニング問題を解くことができました。
テキストを何度も解くことも、もちろん重要だと思います。だけどある一定のレベルまで達してしまうと、それだけでは英語力の向上は難しいでしょう。そうしたら、自分なりの方法を模索していけば、必ず一人一人に合ったやり方を見つけられるはずです。それが、英語力向上の一番の近道だと思います。
英語力向上の一番の近道!自分に合った英語学習法を探してみる!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop