「洋楽」の記事一覧

私が日々行っている英語の学習方法を3つ紹介!

効率的な英語学習法法

英語の学習方法は、人によって本当に様々だと思います。私が思う最も効率的な英語の学習方法は、インターナショナルスクールに通って日本人以外の友達を作るか、英語圏の国に留学してしまい、日本人以外の友達と一緒に生活するか、のどちらかだと思います。しかし、これらを実際に実行出来る人は金銭的にも状況的にもとても限られていると思います。その為、私が日々行っている英語の学習方法をこれから紹介したいと思います。
私が、英語を学習する際に重要だと思う事は主に3つあります。1つ目は英語の本を読む事です。ここで重要なのは、本を読む際に分からない単語全てを1つずつ調べる事は絶対にしない事です。なぜかと言うと、単語にばかり目をやってしまうと、英語を学ぶ事よりも単語を調べるという事に重点がいってしまい、分からない単語が沢山ある始めの頃はそれだけでへとへとになってしまうからです。
その為、本を読む際は適当に分からない単語をいくつかピックアップして調べ、読み進めていく事が重要です。2つ目は、英語を流す様に聞く事です。例えばこれは洋楽等を聴く際に、1つ1つの単語を一生懸命聞き取ろうとするのではなく、ぼんやりと流す様に何度も同じ曲を聴く事で、次第に不思議と英語が聞き取れる様になっていく為です。英語を聞こう聞こうとせず、楽しむ様に、流して聞く事で英語を聞き取れる様になるスピードも速くなると思います。3つ目は、英語を学び始めて最初の頃は文法を気にせずどんどん話す様心がけるという事です。
英語を学んでいると、間違った英語を話したくないと思ってしまう為、ついつい文法にばかり目をやってしまいますが、実はこれは逆効果です。話す事よりも、正しい文法を身に着ける、という事に重点がいってしまう為スピーキングの練習を行うにあたって文法はとてもやっかいな存在となっていまうのです。文法は気にせず、とにかく英語を話す事を心がける事が、最終的には英語を話せる様になる為の近道であると私は思います。
私が日々行っている英語の学習方法を3つ紹介!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

私が英語を身につけた「聞いたことある!」を増やすという考え方

聞いたことがある!を増やす英語学習方法

私はアメリカ海軍基地関係の職業についています。もちろん、顧客とのやりとりはすべて英語で行います。なので、自分の英語能力については人よりも長けていると自負しています。ですが、私は海外留学経験も、英会話教室もしたことがありません。どのようにして、英会話を身につけたかというと「聞いたことある!」を増やす、ということを10年程度継続して行いました。
日本人が英語の習得を目指すにはまず大きな壁があると私は思います。それは単語。もちろん単語は日本語と英語は異なりますから、英単語を身につけなければなりません。とは言ったものの、英単語の数は当然ですが気の遠くなるほどの数があり、一体何から覚えていいのか、どう覚えればいいのか分からないでしょう。英会話でも、英語を読み書きするときでも必ず出てくるのが「分からない単語」です。
例えば「envelope」という単語が出てきたとします。英語を知らない人はもちろんその意味を理解することは出来ません。もし外国人に「I need to buy some envelope」などと言われれば、なんだ?何を買いたいんだ?と戸惑ってしまうことでしょう。「envelope」という単語を知らなければ何かを買いたい、ということしか分からず相手の伝えたい一番大事なことを理解することができません。
そこで「聞いたことを増やす」ことが大事になってくるのです。もし、海外ドラマで「envelope」という単語を聞いたことがあるとします。そのシーンはオフィスでの上司と部下の会話。「Please buy some envelope for me.」と上司が部下に言いました。すると今度はあなたが英語で「I need to buysome envelope」と言われた時にそのシーンを思い出してください。「オフィスで使ってたな。」「たしかその後部下は何かを買いに行っていたな。」などそのシーンを思い出すでしょう。
単語の意味が分からなくてもあとで調べても、その場で辞書を引いてもいいのです。その行為はenvelopeという単語をあなたの中に強く印象に残るでしょう。辞書で引いた結果envelopeは封筒ということがわかりました。「この人は封筒が必要なんだ。」あなたの頭の中には強く残り次からは辞書を引かずとも単語を理解できるようになります。聞いたことがない。まったく知らない単語より「どこかで聞いたことあるけど・・なんだっけな。」と思えたほうが自然と英語も理解できるようになります。
「どんな意味かわからないけどオフィスで使っていた。」「何か物だ。」などその程度であっても全く知らない単語よりは会話の内容を理解することができます。そもそも知らない単語が出てきてしまうと文全体がわけのわからないものになってしまうことが多いのです。もしも知らない単語が出てきたら頭の中では「わたしはエンベロープが必要だ」と聞こえたままに訳してしまってもいいでしょう。
「聞いたことあるぞ!でもなんだっけ?」という疑問が英単語を強く印象に残してくれるでしょう。私は海外ドラマや洋楽、映画などでたくさんの「聞いたことある」を増やしました。その結果、実際に自分が会話をしていても「この単語、確かあんなシーンで言っていたな」と考えるようになり、一つ一つが頭の中に強く印象に残りいつの日か自然に自分の語彙が増えてるのを実感できました。「知らない単語」を「知ってるが意味は忘れた単語」にどんどん変えていくことが、英単語を覚える鍵になりました。
私が英語を身につけた「聞いたことある!」を増やすという考え方へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

洋楽で英語学習!自分の好きなものを通じて学習する効果は!?

洋楽を聞きながらの英語学習方法

私の一番の英語学習方法は洋楽を聞きながらの勉強です。学生時代は塾などに通って詰め込みで暗記をしていました。でもそのほとんどはテストまでのもので、今では全くそのときに覚えた英単語などは忘れてしまってます。それとは別にもともと音楽が好きだった私は洋楽にハマりました。洋楽を聞き始めると気になるのは歌詞の内容です。
一つずつ単語を辞書などで調べてはノートに書いていき、自分なりに和訳していきました。テストのための勉強とは違い、苦痛もなく、むしろ楽しみのほうが増えていきました。自分の好きな音楽を通じて英語を学習することはすごく大きな意味のあるものだと思いました。洋楽には単語だけではなく、接続詞なども出てくるし、学校や塾で学ぶよりも理解しやすいです。何より教えてもらうのではなく、自分から動いて理解するからこそ学べるものだと思います。
そして英語を学ぶ中で一番難しいのは発音です。こちらに関しては学生時代にもとても苦戦をしました。とくに人前で話すのが恥ずかしくて、thの発音などみんなとそろえる声だしではできても一人で喋るとなるとなかなかできたものではありません。でも不思議と洋楽を歌う中ではできるのです。
メロディーが流れている部分もあるでしょうし、何よりも歌手というお手本がいるからこそマネから入れるのだと思います。でもただ聞くだけでは洋楽は言葉の詰め込みが多かったりもするので、まずは文章を読むところから始め、そこから歌に入ったほうがいいと思います。そうすると読めなかったところを一生懸命聞いたりして自分なりに理解することができます。
ただ勉強をするという方法をとるよりも自分の好きなことに交えて勉強するのが一番です。途中で飽きてしまったり、いやいや勉強をしたところで何も身につかないと思います。
洋楽で英語学習!自分の好きなものを通じて学習する効果は!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

TOEFLで結果が出た英語を口に出して喋るトレーニングを徹底解説!

英語を口に出して喋る英語学習方法

私は英語を勉強する上で大切にしていることは「英語を実際に口を出して喋ること」です。英語を喋ることは英語学習において最も効果が高い勉強方法だと考えています。数学などとは違い、英語は言語の科目なのでペーパーを通して本来勉強するものではありません。また、数学などのようにひらめきや考え方を訓練する必要はないのです。
英語の上達に必要なのは瞬時に言語を発することが出来る、かつ、手が勝手に動くなどの瞬発力が必要なのです。この瞬発力を鍛え上げる為には、英語を口に出して喋ることが一番良いと考えています。
しかし、実際に英語を口に出すというのは抵抗があるかもしてません。そこで私がおすすめしている具体的な英語の勉強方法は洋楽を好きになることです。洋楽を好きになることによって、大きな英語学習に繋がります。まずは、洋楽の音楽的要素を必然的に好きになります。
もし好きになれたのであれば、その洋楽の曲がどういう意味なのか?また、自分自身も歌を歌いたくなると思います。そこで、歌を歌う事によって英語が鍛えられると考えています。口で英語を出す事によって、わからない単語も自分で調べて理解して頭にしっかりと入ります。これはボキャブラリーの訓練になります。歌を聴いて意味を考える事はリスニングの勉強になります。
以上より、私はこの勉強方法を用いて英語力を伸ばすことが出来ました。その効果として、私は中高時代は英語が苦手な学生だったのですが、口に出して喋るトレーニングを行い、それに付け加えてTOEFLの勉強を行った結果、アメリカの大学に入学できる英語のスコアを出すことが出来ました。このようなスコアが取れたのは「実際に口に出して英語を喋る」ことのおかげだと考えています。
TOEFLで結果が出た英語を口に出して喋るトレーニングを徹底解説!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop