「模擬テスト」の記事一覧

海外の大学に入学するために必須なTOEFLの2つの魅力

TOEFLを受けた理由

私がTOFELを受けた理由は、今までの仕事に飽きてきて、ずっと憧れていたアメリカへ留学に行くために行動しようと思ったからです。留学の手続きを完了する前は、仕事を辞めませんでした。
昼は職場で仕事し、週三回夜はTOFELの専門学校に通っていました。社会へ出て仕事をしながら、勉強するのは大変でした。毎週繰り返し過去問をやり、模擬テストも山ほどやりました。そして私の苦手な英語作文も毎週出るので書かなければいけませんでした。
半年後、本番の勝負で一回目に510点を取りました。つまり、アメリカ大学に入学できる点数に達したのです。その時はとても嬉しかったです。そして早速、アメリカの大学を選びにかかり、その後ついにアメリカへと旅立つことができました。
いま思い出すと、やはり、何事も成功するためには、自信と努力が大切だと感じました。やる気を出さなければ、無理やり勉強するのは希望の結果を得ることができません。英語を上達させる上では、自分の英語に対する趣味をいかに引き出すかが最も重要なことだと思いました。

TOEFLを受けた印象

TOEFLを受けたときの印象はかなり難しかったイメージがあります。単語も、文章も大学の英語よりずっと難しかったです。単語や文章以外に、スピードも重視しなければなりません。スピードも勝負の大きな要因でした。いかにスピードを上げるかが高点数を取れるかに繋がってきます。
前回の受験で、510点という成績が出ましたが、わたし自身はそんなに満足していませんでした。これからもっと高いスコアを目指していきたいと思います。周りの人々はすごいと褒めてくれましたが、私はここで有頂天にならないで自分と勝負してこつこつ頑張ろうと思っています。

TOEFLを資格を持っていて得したこと

TOEFLを受けて得したことについては、アメリカから帰って来たとき、再就職でTOEFLの点数がすごく役に立ちました。
海外の大学に入学するために必須なTOEFLの2つの魅力へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

本気でTOEIC高スコアを取りたいなら3回は受けるべき!

TOEICを受けた理由

私がTOEICを受験したきっかけは、自分の英語力がどれくらいなのかを知りたかった事が一番の理由です。高校時代は英語を勉強せず、『英語なんて使えなくても良いや』なんて思っていました。
それがいざ社会に出てみますと意外と使用することが多く、勉強しておけばよかった、いや今からでも…そう思い独学で勉強を始めまして、いざ、今の自分の英語力はどれくらいだろうか?と思い、TOEICを試しに受けてみることにしました。
TOEICですと世界的に行われている試験ですし、自分のキャリアとして堂々と提示することが出来ます。(それなりにレベルや点数が高くないと、逆に恥ずかしい思いをしますが)

TOEICを受けた印象

岡山大学の一講義室で受験しました。公共機関を利用して移動しましたが、当日はあいにくの雨、中にはタクシーで構内までやってきて、帰りもタクシーを(あらかじめ)呼んでいる方もいました。
帰りのバスは受験者が一斉に使用しますので、その他の交通手段があれば、そちらをお勧めします。年齢層ですが、下は中学生から上は白髪のご婦人までと、さまざまでした。ただ、20代から30代の方が一番多かったように思います。
私は今回初めて受験したのですが、戸惑ったことについて。自宅で模擬テストなどを行う時は、ヘッドホンや目の前のスピーカーからクリアな音で聞いていましたが、本番のリスニング試験時に使用するオーディオ機械が、中型の携帯できるスピーカー(50センチ四方)からのリスニングでした。
音質もあまり良くなく、雑音はありませんでしたが多少聞き取りにくかったです。教室の後ろの方はさらに聞き取りにくかったと思います。市販や公式の模擬試験を何度か使用して、試験の流れを掴んでおいた方が良いと思います。私はリーディング問題を全て解けず、時間切れとなってしまいました。

TOEICを資格を持っていて得したこと

人に自慢できるスコアではありませんので、何か優遇された事はありませんが、自分の英語能力のひとつの目安になりました。
本気でTOEIC高スコアを取りたいなら3回は受けるべき!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop