「大学受験」の記事一覧

ヒアリングを効率的に鍛える4つの方法を紹介

ヒアリングで耳を慣らす英語学習方法

私の英語の学習方法は、なんといってもヒアリングです。基礎の単語や、基礎の文法はテキストや辞書などである程度勉強しますが、ヒアリングで耳を慣らしていくことが大切だと思ったからです。
気に入ったなるべく長文の文章で、日本語と英語、両方が確認できるものを用意します。例えばCDとテキストといった教材が良いかと思います。そのCDを毎日、空いた時間でもいいから聞き流していくというスタイルです。
最近の教材では、英語のスピーキングの後に日本語の翻訳といったものがあるので便利です。英語の文法と日本語の文法は根本的に違うので、まず徹底的に英語の語法に耳を慣らします。
これを繰り返し、繰り返し聞いていくと自然に英語で伝えたいことのニュアンスがつかめてくるようになりました。そしてある程度、自信がついたときは完全に英語のみの内容を聞くようにしていました。
昔の話になりますが、大学受験の時に英語を鍛えたくてこの方法で学習していたところ、受験を受ける頃には英語の偏差値が他の教科よりも数段上がっていました。
その後、学校で翻訳コースの方とも友達になりいろいろな英語学習方法を参考にしました。例えば海外の有名な映画を家で見ます。その時、ガムテープを用意して字幕部分にテープを貼って鑑賞する。または、片手を顔の前に持っていき、字幕部分を隠すように観る。そして翻訳に自信がない箇所は手をどけて字幕を確認する、といった方法もあります。
単語を知らないと翻訳も出来ないので、まず単語の知識を増やす必要がありますが、これもテキストや辞書を参考にして繰り返し、聞く→書く→話すの練習をして覚えていきました。
そして何よりも効果があるのは、外国の人と友達になることです。コミュニケーションを重ねていくうちに、伝えたいことなども増えて、知らぬ間に辞書を引く回数も増えていきます。最近ではメールやチャット、電話も気軽にできるようになりました。ネイティブの人に自分の英語力を試す良い機会にもなれますし、より楽しく効果的に学習が進みます。
ヒアリングを効率的に鍛える4つの方法を紹介へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

問題多すぎ!?TOEICで高得点を取るなら慣れと戦略が必須

TOEICを受けた理由

TOEICという試験が気になり始めたのは、大学生になってからでした。大学受験で頭に叩き込んだ英語の知識を忘れてしまう前に、有益な形で残せたらと考えたのが受験したきっかけです。
就職の際に英語力をみる企業もすでに多くなってきていた頃でもありました。大学に入るまでは文部科学省認定の英検を受験していましたが、TOEICは英検と異なり、ノンネイティブを対象とした世界規模の試験であることもグローバル化が進んだ現代に合っていると思いました。

TOEICを受けた印象

初めて受けた時はまずその試験時間に面食らいました。TOEICは1回の試験が2時間。大学の講義の多くが90分。集中力の持続はせいぜい45分〜60分なので、120分ずっと試験に集中しているのはかなり脳が疲労します。
問題と問題のインターバルも少なく、200もの問題ひとつひとつに手間取っていられません。次々答えていくスピード感も重要でした。 また、英検と違ってメモを取れないのが想像以上につらいです。これは単なる英語の試験ではなく、慣れと戦略が必要だなと感じました。

TOEICを資格を持っていて得したこと

実際にTOEICのスコアが武器とするには800以上はあるべきなのかもしれませんが、そこまでではなくとも一定の指標にはなるでしょう。
入社試験や転職の際もTOEICの点数でざっくりと英語力をみられ、認められることは多かったです。また、イギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語、カナダ英語の違いに触れることができるのはTOEIC学習の楽しいところだと個人的には感じています。海外旅行に行った際もネイティブの話し方を聴くのが楽しみになりました。
問題多すぎ!?TOEICで高得点を取るなら慣れと戦略が必須へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

英検を受験して外国人の英語が少し理解できるようになりました。

英検を受けた理由

[browsershot url="http://www.eiken.or.jp/" width="200"]私が英検と出会ったのは、高校3年生の時でした。担任の先生から大学の推薦入試に有利になるとの情報を聞き、当時唯一の得意科目であった英語の利点を生かすべく早速受験することを決めました。
高校生が受けられるレベルとして勧められたのが英検の3級ということで、早速参考書を買い込み勉強をし始めました。印象としては大学受験に出てくる試験と中学受験に出てくる試験の中間といった感じで、すんなりと対策を立てることができました。

英検を受けた印象

とある国公立大学の教室が試験会場となっていて、筆記のみヒアリング無しで、時間的にはけっこう余裕があり全問を解答することができました。結局3級は一発合格ですんなりといったこともあって、今度は2級を目指すことになったのが長い道のりの始まりでした。
3級にはなかった私の苦手な項目ヒアリングが、2級にはあったのです。英検2級の筆記はある程度出題パターンが決まっていて、長文の読解力もそんなに難しいものではありません。大学受験レベルで十分対応できます。
しかしヒアリングは、ネイティブの外国人がワンツーマンで質題してくる問答形式で独特の雰囲気があったのです。まず、普段話さない外国人との会話がとても緊張します。
今考えると、かなりゆっくりとわかりやすく質問してくれているのですが、試験の緊張感と、外国人と話す緊張感の両方でいっぱいいっぱいになってしまうのです。結局、受験3回目にしてやっと2級に合格しました。

英検を受験して得をしたこと

就活などで書き込める資格として利点があったのかも知れませんが、それより当時2級のヒアリングを克服するため、対策用のテープを何度も何度も繰り返して聞いてその甲斐あってか、少しだけ外国人の英語が理解できるようになったのがとても役に立った気がします。
英検を受験して外国人の英語が少し理解できるようになりました。へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英検は様々な面で評価される検定の1つです。

英検を受けた理由

[browsershot url="http://www.eiken.or.jp/" width="200"]もともと英語が好きで積極的に勉強していましたので、中学のときから英検を受験していました。最後に受けたのは、英検準1級で、高校3年のときに、大学受験の内申書に記載する目的もあって受けました。
また、2次試験では口頭でのフリートークでの会話試験もありましたので、オーラルの力を社会的な資格として試したいという気持ちもあり、受験しました。 受けた印象としては、筆記については英語力だけではなく内容も深いですので、きちんと勉強しておいてよかったという点でした。

英検を受けた印象

大学の国語の入試試験を英語で受けているような印象でした。また時間配分も大事だと感じました。二次試験については、会場の雰囲気としてとても緊張する場だというのが、一番の印象でした。
フランクな試験官でしたので、緊張がすぐほぐれてきちんと会話することができましたが、10分間程のフリートークですが、緊張するかしないかが、大きく結果を左右するなと感じました。

英検を受験して得をしたこと

資格を持っていて得したことは、大学受験の際に資格が考慮されたことです。高校からの推薦状を書いてもらうときにも、先生方が考慮してくれました。自分自身としても、高校の英語の成績だけですと、筆記がメインの試験の成績の成果しか示せすことができませんが、英検があると、オーラルの力や応用力もあると示すことができたと思います。
また、面接の際にも英検をきっかけにして、自分の英語に対する意欲を伝えることができたケースが多々ありました。応用的な英語力がある、英語を勉強する意欲があると伝えるのに、公的な資格はとても強いと感じました。
社会人になる時の面接でも、若いときに英検をきちんと取っているという点は、能力だけではなく、学生の時から継続して勉強をしているという点でも評価できるとおっしゃってくださった方もいました。
英検は様々な面で評価される検定の1つです。へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

pagetop