「外国人」の記事一覧

ネットで学ぶ!英語力を伸ばすYouTubeでの英語学習法を解説!

You Tubeで英語学習方法

私は、海外の情報を見るのが大好きで、常にインターネットを使って、海外のニュースサイトなどを見ています。特に日本が海外の人からどう思われているのかなどを知るのが好きです。といっても英語が分かるわけではなく、もっぱら翻訳ソフトを使っています。ただし、翻訳ソフトというのは、感情が不足している機械的な翻訳となるため、訳のわからない言葉になることも多く、翻訳としては完璧とはいえません。
やはり自分で英語を学んで理解できるようになるのがベストだと思っています。そこで最近、英語の勉強の場として選んでいるのが、動画サイトのYou Tubeです。日本のことが大好きな外国人がいて、You Tubeで日本の情報を発信しています。その人の大きな特徴は、英語を話ながら日本語の字幕をつけてくれるところです。日本語を話している時は英語の字幕をつけてくれます。
英文は勿論のこと、英語の発音の仕方など、英語を理解する上では、この動画がとても分かりやすく参考になります。私はどちらかというと、文字で読む英語は、どうにかのレベルで半分以上は理解できるのですが、実際に英語を聞くとなると(リスニング)基本的な正しい英語の発音を理解していないので、聞き取ることができない状況です。ゆっくり繰り返し話してもらえれば、理解できることもありますが、通常の速さで英語を話されたら、殆ど理解できない状況になります。
You Tubeの動画は、自分で繰り返し見ることができるので、分からない英語を何度も聞き直すことができます。難しい教材を買って、無理に頭に詰め込むよりは、自分の興味のあるものから、自然に英語と接する方が、英語を学ぶ上では頭に入りやすいと思います。私の英語力は、まだパーフェクトとはほど遠いですが、好きな情報を題材にして勉強しているので、以前よりは英語が理解できるようになりました。
ネットで学ぶ!英語力を伸ばすYouTubeでの英語学習法を解説!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

綺麗な撥音が出来るようになる事で英語上達速度がぐっと上がる!

英語が上達する英語学習方法

私は日常英会話にはまったく困りません。しかし、この技術を身につけたのは、中学校3年生の時のことです。留学したわけでもありませんし、英語の学習塾にすら行ったことはありません。こんな私がなぜ英会話を中学生の時点で習得できたかをお教えしましょう。私が実行した勉強方法はいろいろありましたが、もっとも重要視したのは撥音の練習です。学校の授業はどうしても文法などに偏りますが、まずは綺麗な撥音が出来ると英語が楽しくなるのです。
私は中学校一年生の時に、NEW PRINCEの教科書を徹底的に読み込みました。細部についてはもう記憶がありませんが、中学校1年生ですから【This is a pen】レベルの内容です。しかし、これを何百回と読むのです。「そんなことをして意味があるの?」 と聞かれそうですが、私は実際にこうして話せるようになったのです。この単純な文を流ちょうに読めるようになると、ヒアリングも出来るようになるのです。
ポイントはここにあります。【This is a pen】という簡単なフレーズですが、これをネイティブに早口で話されると、意外に悩んだりします。しかし、自分が完全に話せると、このネイティブ発音がすーっと耳に入ってくるから不思議。とにかく試してください。また、撥音記号はもっと重要です。【This is a pen】クラスの文であればだれでも音読できます。しかし、外人のような撥音で発声できるかというと、多くの人が脱落するでしょうね。
こんな文でもカタカナ撥音をすると、外人にはわからなかったりします。やはり外人に通じないと英語をやる気が起きませんよね。しかし私は綺麗な撥音が出来ましたから、学校に来たアメリカ人の先生にも一発で理解してもらえたのです。
綺麗な撥音が出来るようになる事で英語上達速度がぐっと上がる!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

今や有名になった海外ドラマを使った英語学習方法を1から解説!

耳から覚える英語学習方法

英語の文法などを覚えるのが苦手で、学生の頃の成績はあまり良くなかったのですが、海外ドラマや映画にハマった事をきっかけに、1度目は吹き替えでドラマを観て、内容を把握。2度目は字幕でドラマを観て、英語の発音と字幕を追って単語を掴む。3度目以降は、内容やセリフはほぼ頭に入っているので字幕、吹き替えなしで観る。
ドラマが好きで、何度観ても飽きないからこそ出来る方法かもしれませんが、その効果として、まず外国人の方が話している事を聞きとれるようになりました。日本人が英語を苦手に思う原因に、日本語と英語の母音の数の違いが挙げられています。日本語の母音は「あ」「い」「う」「え」「お」の5つだけなのに対し、英語の母音は9個(厳密には10個)あります。
これが聞き取り難く、発音し難い原因でもあるので、まず耳から慣らす事は理にかなっていると思います。ドラマや映画でなくとも、音楽で日本語の歌詞を覚えてから英語の曲を聞くのでも同様の効果があると思います。またこれだけでは、英会話が聞き取れるだけで、こちらからの意思の発信は難しいです。 私の場合、職場にカタコトの日本語を話せる外国人の同僚がいたので、お互いに日本語と英語を切り替えながら日常会話をするだけで英会話も出来るようになりました。
耳で聞いて、声に出して音にする事。これが良いサイクルになっているのだと思います。また聞く事、話す事が出来るようになると自然に文法も覚えられるようになりました。学生の頃は苦手意識があったため、それが蓋をして英語を勉強する気がなくなってしまっていたのですが、ドラマや映画、音楽をきっかけにするのは自分が好きな事なので、「知りたい」という気持ちが自然と勉強する姿勢に繋がっているのだと思います。
今や有名になった海外ドラマを使った英語学習方法を1から解説!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語学習者向け!facebookで日本語ができる外国人を簡単に見つける方法

ネットショップ経営をする私の英語勉強方法

私は自作の服を制作し、ネットショップで販売する仕事をしています。最近になり、外国のお客様からメールでお問い合わせが来るようになりました。しかし私は英語が全く出来ず、外国のお客様からメールを頂く度に英語が出来る友人に翻訳や私が伝えたい内容を英訳して貰ってました。ある日を境に友人の仕事が忙くなり、翻訳も英訳も頼む事が出来なくなってしまいました。これを機に英語が出来るようになるよう少しずつ勉強していく事にしました。
私はどうやって勉強したかというと、英検の勉強をしたり、英語のスクールには通いませんでした。日本語が出来る外人の方と毎日接して覚えました。facebookで日本語が出来る気が合いそうな外人の方を探し、その方と毎日英語でメッセージのやりとりをしました。分からない英文があると日本語で教えてくれました。気が合う方なので気持ちよくやりとりをする事が出来ました。今では文通もする仲です。
たまに向こうのお菓子を送ってきますね。どれも色が濃い毒々しいお菓子でしたよ。正直全部食べる気になれなくて、近所の人におすそ分けしてました。 毎日やりとりをした結果、翻訳も英文を考えるのもかなり上達しました。やりとりしていた外人の方も「昔とは大違い、うまくなった。素晴らしい」と褒めてくれました。今日もまた外国のお客様からネットショップの商品に関するお問い合わせが来ました。
以前は返信するのに半日はかかりましたが、今では10~30分で出来てしまいます。ここまで出来るようになって嬉しいです。やりとりをした外人の方には大感謝です。ただ、おしゃべりはまだ駄目ですね。英文はぱっと出るようになったのですが、綺麗な発音で話す事は出来ないです。メールのやりとりだけでは発音は学べませんからね。
英語学習者向け!facebookで日本語ができる外国人を簡単に見つける方法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop