「基礎英語」の記事一覧

【英語×Kindle】英語学習者にオススメする、Kindleで読むことができる良本

Kindle fire keyboard Kindle fire keyboard / kodomut あなたは、「Kindle(キンドル)」をご存知ですか? 「Kindle」とは、アマゾンが販売する電子書籍リーダー、ならびに、コンテンツ配信をはじめとする各種サービスのことです。 10月24日には、アマゾンジャパンが電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」と、タブレット端末「Kindle Fire HD」「Kindle Fire」の日本国内での予約販売を開始。さらに、25日には、かねてからオープンが注目されていたAmazonのKindleストアが、日本でも正式にオープンしました。 最近大きな注目を集めている「Kindle」。そこで今回は、英語学習にオススメな「Kindle」で読むことができる本をご紹介していきます。 (さらに…)
【英語×Kindle】英語学習者にオススメする、Kindleで読むことができる良本へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

iknow!を使って自分に最適な英語学習で学ぶ!

iphoneアプリを使った英語学習方法

パソコンとiphoneアプリに対応している、iknow!というサイト(アプリ)で英語を勉強しています。あまり時間もお金を掛けず気軽に続けたかったのでそういうものを探していました。iknow!は無料トライアルが用意されていて、そこで5回ほど試してみることができました。さらにワンコインキャンペーンというのをやっていて、一年間一括で払えば、一か月たったの500円というのが魅力的でした。正規料金でも一か月1000円と格安です。
勉強方法は、いろいろなコースがありますが、基礎英語というのをやっています。これは、使用頻度の高い単語や表現を学習しようというコースです。英訳、和訳、見て、聞いて、単語と例文を繰り返して覚えます。コース診断テストで自分のレベルにあったコースがわかります。何度か挑戦してみましたが、全て同じコースをすすめられたのでわりと正確に相応のコースを勧めてくれるのではないかと思います。
繰り返して覚えるので、忘れてしまった問題、答えられなかった問題があとから出され、完了するまでに必ず覚えられるしくみになっています。つまり、いままでは、せっかく覚えたことも時間が経つにつれて忘れてしまいますが、この方法では最適な学習タイミングで繰り返し、効率よく学習を行なうことができます。それにより、学習した英単語や文章を長期的に記憶し、必要なときに引き出せるようになります。また、あるコースの学習が完了しても復習モードがあるのでいつでも自由に復習することができます。
効果ですが、繰り返し覚えているので、同じ表現を使う場面になれば必ずスラスラ出てきます。言葉ですから、ボキャブラリーを増やせれば幅が広がります。それに最適な勉強方法だと思います。
iknow!を使って自分に最適な英語学習で学ぶ!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

留学しなくても国内で英語を習得できる簡単な英語学習法

今まで私がやってきた英語学習方法

小学2年生にECCジュニアに入って以来、英語が好きになり、得意になりたくさん勉強してきました。以下に自分がやってきた英語学習法に関して書いていきたいと思います。
①新しく出てきた単語を50回書く。中学1年の時、塾の英単語テストで合格点がとれず、罰としてテストに出た各単語を50回書いて提出させられました。
すごく悔しかったのを覚えていますが、50回書いたことで、テストに出た単語のスペルは完璧に覚えられました。それ以来、単語のスペルを正確に覚えるには「書くこと」だと信じ、新しい単語が出てくるたびに、ノートに50回書いてきました。今は「書く」ということをなかなかしない時代になってきましたが、英単語は書いて覚える事がベストな学習法だと確信しています。
②NHKのラジオ英語を聞く。テキスト代が月に300円ほどかかってしまいますが、ヒアリングの練習には最適です。自分は中学校1年の時に「基礎英語I」という番組を聞いて以来、大学4年までNHKのラジオ講座にお世話になっていました。
語学学習は毎日することが大切です。それがたとえ1日10分であったとしてもです。このNHKラジオは1日15分という短い時間ですが、毎日聞くことでヒアリングの能力が結構高まりますのでかなりおすすめです。また、ラジオを聴いてテキストを読む際、必ずネイティブの発音を真似して声に出してください。自分でネイティブの声を真似して発音することでも、ヒアリングの効果は飛躍的に高まります。
③英語カフェに行く。日本にいる限り、なかなか英語を話す機会がありません。(ネイティブスピーカーの恋人でも見つければ別ですが。。。)が、今の時代英語カフェという非常に便利なものがあります。カフェに行くとネイティブスピーカーの人も客できており、 その人たちと話すことでスピーキング能力の向上が期待できます。
もちろん、英語圏に留学することが英語上達の近道だと思いますが、日本にいながらも十分英語は勉強できます。英語学習で悩んでいる方に、ぜひエールを送りたいです。
留学しなくても国内で英語を習得できる簡単な英語学習法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

英語をさらに極めたいと思ったオーストラリア留学での体験

1ヶ月間の短期オーストラリア留学

私が通信制の高校3年生の時、授業の一環で1ヶ月間のオーストラリア語学留学へ行きました。場所はオーストラリアの東側にあるブリスベンという街です。
それまで旅行で海外は一度行った事があったのですが1ヶ月も日本を離れると思うと本当に不安だらけで、ホームステイも相部屋だったので同室の子と仲良くできるかとか、なによりも英語が全く話せない聞き取れない状態だったのでちゃんと生活できるのかとか考えだせばきりがないほどでした。
そうこうしながらもオーストラリアに到着し、空港の外へ出ると天気も晴れていてみるもの全てが英語表記でまさに外国そのもの。すっかり好奇心の塊になりました。
私がホームステイでお世話になった家族はベジタリアンで躾の厳しいお母さんと子供が3人と犬がいるお家です。家から学校まではバスで通うのですがちゃんと最初の往復を一緒に来て教えてくれました。
授業はというと本当に基礎英語と発音の練習ですが、まず先生が話す英語が聞き取れないので苦労しました。ゆっくり丁寧に分かるまで教えてもらい、だんだん耳が慣れてくるとホストファミリーの話す言葉も少しずつ聞き取れるようになり、beenをベーンと発音しているのが分かったときはこれがオーストラリアなまりかと嬉しくなりました。
お昼ご飯が学校の近くのカフェでみんなと食べ、夜は初めてのベジタリアン料理を家で食べます。慣れない味付けでしたが残すと悪いのでがんばって全部食べていました。未成年だったのでお酒も飲めないので学校が終わった後はショッピングセンターやスーパーへ行って遊んでいました。
スーパーではカラフルなお菓子がいっぱいあって安くで買えるので、お気に入りのグミのつめ放題をよく買って帰りました。でもホストマザーが家でお菓子を食べさせない人だったのでこっそり隠れて子供達と食べていたのですが一度見つかり怒られました。
英語が分からなくても子供とはなんとなく話してる事を想像しながらゲームをしたり庭で遊んだりできて楽しかったです。語学学校のイベントでコアラを見に行ったり海へ遊びに行ったりしてあっというまの一ヶ月でした。
最後お世話になったホストファミリーと別れるときも寂しくてもっと英語が話せたらなあと思いました。留学は旅行と違い、現地の生活を体験できる本当に貴重な時間だと思います。
英語をさらに極めたいと思ったオーストラリア留学での体験へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop