「分かりやすい英語教材」の記事一覧

【英語×Kindle】英語学習者にオススメする、Kindleで読むことができる良本

Kindle fire keyboard Kindle fire keyboard / kodomut あなたは、「Kindle(キンドル)」をご存知ですか? 「Kindle」とは、アマゾンが販売する電子書籍リーダー、ならびに、コンテンツ配信をはじめとする各種サービスのことです。 10月24日には、アマゾンジャパンが電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」と、タブレット端末「Kindle Fire HD」「Kindle Fire」の日本国内での予約販売を開始。さらに、25日には、かねてからオープンが注目されていたAmazonのKindleストアが、日本でも正式にオープンしました。 最近大きな注目を集めている「Kindle」。そこで今回は、英語学習にオススメな「Kindle」で読むことができる本をご紹介していきます。 (さらに…)
【英語×Kindle】英語学習者にオススメする、Kindleで読むことができる良本へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

仕事で上達を実感!1000時間ヒアリングマラソン体験談

1000時間ヒアリングマラソンを始めた理由

[browsershot url="http://shop.alc.co.jp/course/h4/" width="200"]最近海外業務が主な部署へ転属となりました。これまでの国内専門の業務と異なり、相手は外国人。主な使用言語は英語。E-mailはまだ何とかなったものの、電話や会議ではさっぱり・・・。
相手が何を言っているのかイマイチ聞き取ることが出来ず、あとで先輩方に内容を聞きなおすことが常となり、申し訳ないやら情けないやら・・・という毎日を送っておりました。
さすがにまずいと何か良い教材は無いものかと探し回っていた時、ある同僚から勧められたのがこの教材でした。違う部署ではあるものの、彼女も海外業務を担当しており、英語のやり取りはお手の物。
私も一度彼女が海外の方と会話をしているのを見かけましたが、すらすらと続く会話のキャッチボールにみとれてしまいました。彼女に勧められたこの教材。

1000時間ヒアリングマラソンを使ってみて

ひたすら英語を聞きまくる、一つの文章をひたすら聞きこむ・・・。目的に応じ方法を変えつつも、1000時間と言う長時間を英語と共に過ごしました。
最初こそ非常にきつかったものの、彼女の英語を操るカッコいい姿、仕事でもうみじめな思いは味わいたくないという思い、英語を聞きこむ辛さには余裕で耐えられました。
不思議なもので、ただ聞き流していたつもりでも、脳はしっかりと英語を捉えているよう。しだいしだいに意味をつかめるようになって行きました。単語単位から文へ、文単位から文章へ。一度に理解できる範囲が増えていくにつれ、私の喜び、やりがいも増幅していきました。

1000時間ヒアリングマラソンの効果

そして迎えた、英語プレゼン。突然のことでしたが、プレゼン役に私が任命されました。今後のことを考え上司が任命してくれたのでしょうが・・・。
プレゼン自体は台本どおりに進み、問題の質疑応答。顧客の英語が分かったと感じた時、1000時間が無駄でなかったことを実感しました。本当にはじめてよかったとおもいます。
  • 総合評価
    評価4
  • 効果・上達
    評価4
  • 価格・コストパフォーマンス
    評価3
  • 継続性
    評価3

仕事で上達を実感!1000時間ヒアリングマラソン体験談へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

英語上級者にお勧め!1000時間ヒアリングマラソン体験談

1000時間ヒアリングマラソンに申し込んだ理由

[browsershot url="http://shop.alc.co.jp/course/h4/" width="200"]以前、TOEICのスコアが500点を超えたとき、つまりは英語学習に熱心に取り組んでいたとき、挑戦心が有り余っていたのでしょう、1000時間ヒアリングマラソンに申し込んだことがありました。
事前にどの様な教材なのかをインターネットで熱心に調べましたが、その時に見たレビューでは、大変だけど英語を本当に身につけようとするのであれば、とても良い教材というものが複数ありました。
それで、上記しましたが、挑戦心が有り余っていたのでしょう、エイやっとばかりに申し込みました。そして、待つことしばらく、届いた教材を開いてみると色々なテキストやら何やらが詰まっているものでした。
はっきりと言って、少なくとも当時の私にはどこから手をつけていいものかすら自信を持ってこれだとは言えなかったです。しかし、決して安いとは言えないお金を出して購入した教材です。そのまま捨てるわけには行きません。

1000時間ヒアリングマラソンを利用してみて

それで、やってみたのですが、たかだかTOEIC500点突破しただけの私には苦が重すぎました。
まず、英文が収められているCDを聞いても何を言っているのかが聞き取れない。聞いているとそれなりに理解できるようになるとのユーザーのコメントが教材などに書かれていましたが、テキストに書いてあり、CDでも使われている英単語の意味すら知らないものがたくさんあると言う状況では、上のユーザーコメントも自分には関係の無いものに見えてきて、結局、途中で断念してしまいました。

感想

1000時間ヒアリングマラソンは、もう少し英語のレベルが高い人向けの教材だと思います。少なくとも私の経験上、TOEIC500点突破だけではこの教材に手を出してはいけないでしょう。
それでも、手を出したいというのであれば、この教材に毎日、かなりの時間をさける方のみ手を出すといいのではないでしょうか。英語は苦手でかつ仕事が忙しいという方は物にするのは無理でしょう。
  • 総合評価
    評価4
  • 効果・上達
    評価4
  • 価格・コストパフォーマンス
    評価3
  • 継続性
    評価3

英語上級者にお勧め!1000時間ヒアリングマラソン体験談へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

英会話教材の選び方

Catching up on e-mail...
Catching up on e-mail… /Ed Yourdon

海外のレストランで料理を頼むとき、ネイティブと会話をするとき、英語を話すことに躊躇してしまう人が多いはずです。自信を持って英語を話せる人はなかなかいません。
英語をすらすら話せるようになってくると、もっと英語が楽しくなるはずです。そこで今回は、英会話教材の選び方を紹介します。

自分のレベルを知る

Day 3:  E-Mediat
Day 3: E-Mediat / cambodia4kidsorg

まずは自分のレベルを確認しましょう。英会話教材には、初心者向き、中級者向き、上級者向きの教材があります。英会話教材は、しっかりと時間をかけて、専門家が効果が出るように作っています。
そして、教材には、レベル分けがあります。そのレベルを守ることで、その教材の効果を最大限に吸収することができます。
初心者向けに作られている教材を、上級者が学習してもあまり意味がありません。上級者向けの教材を英会話初心者が学習をしても、教材にかけたお金が無駄になるだけです。
教材を選ぶ際には、その教材をホームページや口コミなどでレベルを確認をしましょう。自分の英語のレベルに合わせた教材を選ぶことが、英語のスキルを伸ばす第一歩になります。

理解できる英語教材

Microsoft Research
Microsoft Research / Robert Scoble

初心者の人が英会話を学ぼうとすると、どうしてもわからないところが多くなります。しかし、多くの通信教育、市販の教材だと、わからないことがあっても質問することができません。
そこで、教材を選ぶ際には、一人で学習をしても理解ができそうな教材を選びましょう。シンプルにいうと、「わかりやすい」教材を選ぶ必要があります。もちろん購入の前に教材の中身をすべて知ることは難しいですが、ホームページなどである程度確認ができます。
無理して「少し難しいかもしれない」と思う教材を選ぶ必要はありません。自分が理解でき、勉強しやすい教材を選びましょう。また、通信教育でも質問ができたり、サポートをしてくれる教材があるので、独学では挫折してしまいそうな人にはそのような教材がおすすめです。
英会話教材の選び方へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop