「リーディング」の記事一覧

偏った英語学習法を実践すると効果は半減!?全方面での学習がおすすめ

ディクテーションが英語学習の上達法

英語を聞き流すだけの勉強方で、英会話の習得ができるとさまざまなメディアでCMが流れています。多くの有名人やスポーツ選手が利用しているようで人気らしいのですが、個人的には英会話には良くても、英語の学習法としては足りないと思っています。よく、文法なんて意味がない、文法が分からなくても会話はできると言う人がいますが、確かに話しは通じるかもしれませんが、英語ときちんと学びたいなら、文法はやはり大切です。
最低でも、中学生レベルの文法と英単語はマスターするべきです。私は英和辞書を常に携帯し、分からない単語はすぐに調べるようにしています。例文を書き写し、分からない単語を調べ、和訳をします。この場合は意訳ではなく、なるべくそれぞれの単語の意味を反映した訳にします。また、「ディクテーション(dictation)」も大切にしています。
リスニングと似ていますが、ディクテーションは聞こえてくる英文と一言一句残さずに書きとる勉強法です。全ての文章、全ての単語を書き取ります。とても面倒くさい勉強法ではありますが、私の音の聞き取りとスペリング力が上達したのは、ディクテーションのおかげです。特に、TOEICなどの得点を上げるにはとても効果的だと思います。
学校では論文、ビジネスの場では書類と、英語でレポートを作成する機会は少なくありません。その場合、英会話だけの英語力では足りないのです。英語をきちんと習得したいならば、聞き流すだけのような偏った学習法ではなく、手間と時間がかかって面倒くさくても、リスニング、リーディング、グラマーと全方面での学習をおすすめします。できれば、ディクテーションもぜひ取り入れてください。映画のディクテーションは楽しくもあり、勉強にもなる素晴らしい勉強法だと思います。シナリオも手に入りやすいので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう。
偏った英語学習法を実践すると効果は半減!?全方面での学習がおすすめへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

英語耳の重要性!?私の英語の勉強スタイルは音読!

英語能力を総合的に伸ばす英語学習方法

私個人としては中学生時代に英語を学び始めてからずっと苦手意識がついてきています。社会に出ても未だに英語での会話など思い及びませんし、積極的に英語で話しかけようとは感じません。しかし、社会に出て英語が必要になる場面が多いのも痛感し、学生時代、特に大学受験から大学での講義で役に立った勉強方法を再度活用しています。
私の英語の勉強スタイルは音読です。音読する内容は長文でも短文でも、会話文でも構いません。ただひたすらネイティブになりきったかのように英文を読んでみるのです。できれば、その文章をネイティブが実際に音読しているCDなどの音源があれば、本当に正しい発音を確認できるのでよいですが、別に英字新聞など教材でなくても構いません。それっぽい発音をしてみて、違和感があるなと思う発音をしてしまったら辞書をひいて音を確認し、意味の通じない文章があったなと思えば、一度真剣に訳してみます。
できれば周りに人がいない環境でやらないと、偽外国人っぽくて恥ずかしい思いをしますが、逆にその自分の偽外国人さを楽しめるようになれば、どんどんすらすらと読めるようになっていきます。その繰り返しをすることで、英語で重要となるリーディング・リスニング・スピーキング、そしてグラマーも力がついてきます。リーディングは言うまでもなく、自分で文字を追い、わからなければ辞書をひいていますので力が付きます。リスニング・スピーキングも自分の耳と口で音を発し、聞いているので次第に慣れが出てきます。
わからないところ、難しい発音も自分でスピードを調整しながら話すので理解度は高まりやすいです。さらに意外とグラマーのスキルも上がります。私自身グラマーは苦手なのですが、何が苦手というとあの複雑な同士や形容詞、副詞の組み合わせを覚えることです。ところが音読をしていると英語の語感がなんとなく感じられるようになり、迷った時に口通り・耳通りがいいほうが正解だと思えるようになります。適当に思えますが、実は結構これが正解を運んできてくれます。
英語耳の重要性!?私の英語の勉強スタイルは音読!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

英語の基本はリスニング!?リスニングの基礎から応用までを詳しく紹介

リスニングで学ぶ英語学習方法

英語の学習の中でも1番簡単なのに1番苦手意識があるのがリスニングです。リスニングが言語習得の第一歩、基本中の基本で「もれなく誰でも」できることなのです。しかし、日本の英語学習においてリスニングはあまり重要視されていないことから、積むべきトレーニング量が圧倒的に少なく、結果として苦手意識を持っている英語学習者が大勢いるのです。 リスニングの学習にはスクリプト(原稿)が必須です。本来、リスニングのメカニズムは、同じ単語をいろいろな場面で何度も繰り返し耳にすることによって脳の中で意味が統一されて定着していくのですが、母語でないかぎりそういった環境は手に入りにくいので、あとづけで学習としてリスニングをする場合は、聞こえてくる音と、それが何を言っているのかをはっきり理解させるスクリプトが必要です。
リスニング教材を何度も繰り返し聞いて、一体どのくらいわかるのか確認します。理解度が30パーセントもないようなら、まだその教材は難しすぎます。聞ただけの時点でせめて30パーセントの理解度がほしいです。そしてその次にスクリプトを確認して、どのくらい意味が取れているか。「読めばわかる」のであれば、明らかにリスニング力の問題であり、「読んでもわからない」のであれば、リスニング・リーディング問わず英単語力がまだまだ十分ではないのだということになります。
教材は聞いて50パーセント以上、読めば80パーセント以上わかるくらいの内容が適していると思います。リスニングをスクリプト付きで勉強する効果は絶大です。普段目にしている単語が、実際の音はどんな風に発話されているのかわかることによって、全体的なリスニングの応用力がつくからです。
英語の基本はリスニング!?リスニングの基礎から応用までを詳しく紹介へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

2回目で860点を獲得したTOEICのヒアリング対策を紹介!

TOEICを受けた理由

将来的に、自分で輸入の仕事をしたいという目標があり、その為、貿易会社への転職を志しました。貿易関係の会社の採用条件に、TOEICが何点以上かという条件が多いため、TOEICを受験しました。もともと、英語は高校時代から得意だったので、あまり勉強は苦ではなかったのですが、私がやっていた受験英語ではリーディング主体だったので、ヒアリングを習得するのに少し骨が折れました。

TOEICを受けた印象

通信教育で、教材を申し込み。それを主体に勉強し、映画を見るときは、字幕を英語にしたり、歌を聴きながら、歌詞を書き取る自己流の勉強も取り入れてヒアリングをマスターしました。最終的には、努力の甲斐があって、リーディングよりもヒアリングの方が得意になっていました。受験が終わり、数社面接を受け、その中で採用していただきました。860点取ったので、会社の仕事でも、英語が絡んでくるものは任されることが多いです。

TOEICを持ってて得したこと

TOEICを持ってて、得したことは、やはり転職だと思います。学生の方なら当然就職についても強みになると思います。これは、あくまでも私の思ったことなのですが、英語をよく使う会社よりも、そこそこ英語を使う会社の方がTOEICの点数が高いことがメリットになるのではないかなと思います。TOEICの試験は、リスニングセクションとリーディングセクションです。
会話のもう一つの要、スピーチセクションがありませんので、会話力を測ることができない為、英語をよく使う会社は、それほど重要視しないのではないかと思います。数年前から、話すことに関してもスピーキングテストが出来た為、TOEICに対しての見方も変わってきてるようです。あまり、スピーキングについては自信がないので、来年は、このテストも受けようと思っています。
2回目で860点を獲得したTOEICのヒアリング対策を紹介!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop