「モチベーション」の記事一覧

聞くだけでは駄目!?聞いて口に出すことで効果実感のスピードラーニング

英語力をつけたくて始めました

以前から英語力がどうにかならいかなーと思っていたところ、聞き流すだけでOKというスピードラーニングに魅力を感じ、思わず教材を購入してしまいました。
本当に、聞き流すだけで英語がペラペラになるのかと当然疑問は残っていましたが、プロゴルファーの石川遼選手も使用していて、実際にテレビでスピーチしている姿をみて、あの忙しい遼くんでも喋れているんだから、自分でも大丈夫なんじゃないかと軽く考えてみました。
早速、毎日の通勤時間に電車でCDを聞いてみました。比較的簡単な英単語の英会話からでしたので、毎日同じCDを聞いていると、一通り理解はできるようになりました。
ただ、車とかであれば、CDで聞いた後に、発声できるのですが、電車だとそうはいかないため、話す方はというと、何かイマイチという感じでした。日常生活において英語を使用する機会がないことも英語の上達に悪影響を及ぼしていたのかもしれません。遼くんのように、海外の実践で揉まれたりして実践的に英語を使う機会がないとダメなのかなとも感じました。
1年たっても広告のように、毎日聞くだけでは英語はペラペラにはなりませんでしたが教材はあくまでも教材である為、当人の頑張りによって英語の上達は変わってくるのかなと思います。
スピードラーニング+英会話スクールという組み合わせだと、もう少し上達効果はあったのかなと思います。せっかく覚えた英語を実践で使ってないと上達もしませんし、モチベーションも違ってくると思います。
とりあえず、聴く方はある程度上達しましたが、話す方は自身を持ててないのが現状です。典型的な、英語を聞いたり、書いたりは出来るけど、話せないといったレベルだと思います。
ただ、英語と接したことにより、英語嫌いは克服し、一定のレベルアップが計れたことは、大きなプラスだと思います。今後もこの教材を使用して、さらなる英語力を身につけて行きたいです。
聞くだけでは駄目!?聞いて口に出すことで効果実感のスピードラーニングへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

長文をたくさん読む!意外な英語勉強法を紹介

長文をたくさん読む英語学習法

私の英語の学習方法は長文をたくさん読むことです。その時にできるだけ、文章の構成に気をつけながら読みます。最初は動詞を特に注意して何度も読んでいると、その文がどんな内容なのかが掴みやすいです。動詞がわかるようになってきたら次はその動作を行っているのは誰なのか、何なのかを考えます。
誰が何をした、何がどうなった。それがわかるようになってきたらおおまかに文章の内容が見えてくるようになります。どんな文章でも、基本は主語が動作をする。という構成が基本になっていますので、それがわかるようになってくれば少々単語がわからなくても、想像でわからない部分をなんとなく埋められるようになってきます。もちろん、その想像した意味があっているか辞書で確認していけば、より理解力が高まっていきます。
大事なのは、長文をきっちり訳せるようにすることに労力を使い果たしてしまうのではなくぼんやりと全体像を掴みながら少しずつ理解していけばいいということです。最初から完璧に訳そうとしていると、ちょっとした意味の違いなどにこだわってしまいだんだん楽しくなくなってきます。そうなるとモチベーションも低下し、学習効率も大きく落ちてしまいます。
最初は意味なんかわからなくてもいいんです。ちゃんと訳せなくてもいいんです。なんかこんな長文すらすら読めたらかっこいいな。とかそんな軽い気持ちで、声に出して長文をなんども読んでみるのです。長文といっても、そんなに長いものでなくても、簡単な童話とかでも良いのです。日本語を覚えたとき、赤ちゃんの時初めてしゃべり出した頃に、意味とか、構文とか文章構成なんて考えて話していましたか?
違いますよね。回りの人の会話を聞きながら、なんとなく意味を掴みながら覚えた言葉はどんどん使って、そうするうちにだんだん文章が使えるようになり、会話ができるようになったと思います。英語だって同じで、外人の赤ちゃんがいちいち単語の性格な意味や構文や文章構成なんて考えません。文章の並びが違うからって気にしたりしません。
それは何度も使ってるうちにだんだんわかるようになるものなのです。だからまずは声に出して文章を読んでみましょう。何度も何度も読んでいればだんだんわかるようになります。
長文をたくさん読む!意外な英語勉強法を紹介へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

英語学習へのモチベーションを保ち続ける7つの方法

studying studying / English106 長期間英語の学習をしていると、なかなかモチベーションを保ち続けるのが難しいものです。また語学というのは、自分がどれだけ英語レベルが向上しているのかわかりにくいのです。 そんな英語学習のモチベーションを保つ方法は何なのでしょうか。今回は7つの方法を紹介します。 (さらに…)
英語学習へのモチベーションを保ち続ける7つの方法へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  - 

語学力向上もだが英語の勉強意欲が凄いことになる!?留学体験談

アメリカ留学を体験

大学時代に語学留学をしました。カリフォルニア州ロサンゼルス、サンタモニカでの暮らしはビーチがそばにあり、大きいショッピングモールに少し行けばビバリーヒルズという、憧れの立地を前に毎日が刺激的でした。
学校での勉強はクラスを簡単なものにしてしまったので物足りなかったですが、どのクラスへいっても日本人が9割で正直大学の授業と代わりがない気がしました。
楽しみは放課後。毎日違うところへ出かけてはロスの活気を感じていました。ゲッティ美術館は山の上にあり公共機関ではアクセスが悪く、行くのが大変でしたが、行ってみると十分行く価値があると思えました。
一番印象に残っているのは学校の友達4人といったラスベガスへのツアーです。バスで行ったので砂漠を入り、しばらくすると浮かび上がる蜃気楼のような町並み、ベガスの雰囲気はカジノが始めての私には強烈でした。カジノは少しだけにしてショーやジェットコースターを楽しみました。
Beverly Hills
Beverly Hills / Sarah_Ackerman

一番の目的は翌日のグランドキャニオンへのツアーでした。小型機に乗り、すごく揺れて怖かったのを覚えています。それでも下には雄大な景色。言葉では言い表せない自然のすごさ、歴史の深さを感じて、とにかく感動したことを強く覚えています。
もう一度この景色を見に来たい。今度来るときはキャニオン内にあるホテルに泊まろう。と決めたことも思い出しました。
だいぶ前のことなので細かいところは覚えていないですが、とにかく行ってよかったということだけは間違いないです。
語学の上達度合いで言えば1ヵ月半では変わらなかったですが、それよりも 海外でも一人で動けたこと、上手じゃなくても伝わるということを肌で感じたこと、アメリカの文化、歴史を直接感じることができ、帰ってからの英語への勉強意欲がわいたことが自分にとってはとてもプラスになっています。
語学力向上もだが英語の勉強意欲が凄いことになる!?留学体験談へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

pagetop