「カナダ留学」の記事一覧

英語学習は自分に合うと思える方法で英語力を伸ばすのが1番

スピーキング強化の為にカナダへ留学

私はカナダに来て1か月目になる。私と一緒の日にカナダに来たという人たちは、すでに学校に通い始めてはいるのだが、私は12月から通うことに決めた。理由は自分に合うと思える学校になかなか出会えなかったからだ。
たくさんお試し授業を受けて、この学校は良いんじゃないかと思えるところもいっぱい見つけたが、それでもなかなかピンっとこなかったのだ。いったいそれはどうしてだろうと考えたのだが答えはなかなか見つからなかった。
その答えがようやく分かったのは、私が決めた学校に体験に行った時だった。今まで私が体験入学をしていたのは1クラス20人前後のいわゆる大人数でのクラスだった。確かに友達はできるかもしれない。
それも国際色豊かでともに英語を学びあえる仲間として、切磋琢磨できるという日本では得られない体験を味わえたかもしれないがいかんせん違和感もあった。そう。発言する機会が少ない事だ。
もともと私はスピーキングの強化の為にこのカナダという国に来たというのに、その発言の機会が20分の1だったのだ。一方私が通うと決めた学校は…なんと週1、だけど1対1。つまりずーっと先生と英語で会話できるという環境なのだ。
大変ありがたい。最初決まるまで周囲も学校に通ってるし…となんだかみじめな気持ちになったりしたものだったが、今ではこの選択が正しかったと思える。大事なのは、本当に自分が「ここに入りたい!」と心から思える学校に通う事だということに、今更ながら気づかされた。
勿論、先生との発言の機会はあっても友達ができない…というのでは意味はないがそんなことはない。私にはシェアハウスという立派な英語環境が用意されている。外国の人とともに暮らしていくシェアハウスは、やはり日常会話が英語のやり取りになるため、自然と英語力も身に着くしコミュニケーションの相手としてシェアメイトともっと仲良くなれる。
そしてそこからさらに新しいコミュニティが広がってくるのだ。英語を学ぶには確かにプロに教わるのが1番だが、それをうまく生かしながらも自分に合うと思える方法で語学力を伸ばすのが1番であると私は考える。

英語学習は自分に合うと思える方法で英語力を伸ばすのが1番へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

海外語学留学では絶対に日本人の少ない場所に行くべき!

夢だった海外語学留学

高校生の頃から私は、複数の言葉を操る人の思考回路はどうなっているんだろう?いつか自分もその状態を体験してみたい、という興味を持っていました。そして、とりあえず英語を身につけよう、言葉を身に付けるには現地で生活するのが一番、という根拠のないポリシーを掲げ、いつか語学留学することを夢に見ていました。
大学を出て就職して5年後、ある程度資金もたまったので、いよいよ語学留学をしようと思い立ち、会社を辞めて実行することにしました。
  まず、留学先を選ぶのに、なるべく日本人の少ない場所にしようと思い、日本人の多そうな街は避け、カナダのトロントを選択しました。次に学校選びですが、書店で留学情報誌を購入し、その中で自分の予算や希望期間に合致するコースがあり、ホームステイ先も紹介してくれる学校を選びました。語学留学先を斡旋してくれる代理店もあるようでしたが、高額でしたし、これもいい経験と思い、ビザなどの手続きも、全て自分で行いました。
いざ現地へ着くと、予想通りというか期待通り、街にも学校にも日本人は少なかったので、学校での授業はもちろんのこと、友達とのやり取りや、もちろんホームステイ先でも、全て英語でしか意思の疎通ができない状態でした。
クラスは英語レベルごとに分けられ、2週間に一度入れ替わったりしましたが、日本人はいつも私のみか、いてももう一人か二人だけ、という状況でした。他にはヨーロッパや中南米、韓国からの留学生が多く、皆、不完全ながら英語でやりとりして親交を深め、世界各地に友人ができたようで楽しかったです。講師は、さすがに慣れていて、英語で英語を非常にわかりやすく教えてくれる講師もいれば、やや怠慢で、映画のDVDを英語字幕付きで見て、感想を言い合って1時間終わり、という講師もいて、ピンキリだな、という印象でした。
こうして英語にどっぷりと浸かった生活を9ヶ月間送り、英語力はそれ以前に比べて確実にアップしましたが、残念ながらバイリンガルとまではいかず、当初の目標だった、「複数言語を操る人の思考回路」は体験できないままでした。しかし、英語力がアップしたということも勿論ですが、それだけでなく、外国人と臆することなく話せるようになったこと、そして、とりあえず何でもやってみよう、というある種の度胸がついたことは、この語学留学の大きな収穫であったと思います。  
海外語学留学では絶対に日本人の少ない場所に行くべき!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

英語は文法がバラバラでも会話は成立する!?留学で学べた事

1ヶ月間の短期カナダ留学

カナダへ1ヶ月語学留学をしました。滞在方法はホームステイ、授業は日本以外にもインドや中国など他の国からも留学に来ている人たちを含めた多国籍のクラスで外国人教師から講義をしてもらう形でした。
リスニングに関しては学生ということもあってか普段から英語を聞くように心がけていたからか、1週間もしないうちに全部とは言えませんがホームステイ先の方との会話の内容は理解できるようになりました。

(さらに…)

英語は文法がバラバラでも会話は成立する!?留学で学べた事へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  - 

英語が全くできないまま決めたカナダ留学での話

留学をした事により日本の素晴らしさを改めて実感

海外留学をした事により、一番得たものは、もちろん英語を話せるようになった事でもありますが、日本の素晴らしさを改めて知ることができました。それまではいつも「外国ってスゴイ」「日本はなんて退屈な国なんだ」と嘆いていました。そして英語も全く出来ないまま、カナダへ。
「憧れていた外国」での生活。どれも初めての事ばかりで、しばらくはワクワクの毎日が続きました。そして半年程過ぎた頃、日本との違い、日本の素晴らしさも分かるようになりました。
日本人の「謙遜」という心は、カナダにはあまりありません。日本では、ほめられると謙遜するのが当たり前のようになっていますが、こちらでは、ほめられればありのままに「ありがとう」と受け止めます。 Canada Day 2010
Canada Day 2010 / Victor Magdic

人生で必ず役に立つ経験が出来ました

日本人の「人を思いやる心」や「がんばる」といったところも素敵です。カナダでも「人を思いやる心」はありますが、日本とはまた違う思いやりの方法です。
例えば、ドアを開けたときは、次の人が来るまで押さえておくなど、行動で人を思いやる事はありますが、人の心の中を察知して、他の人の為に行動を起こすということはあまりみられませんでした。
日本人はその「人の心」を察知し、思いやりのある行動をする事が得意なんだなと、知らず知らずにしていた事が、日本特有の文化だったのだと知りました。
留学をした事により、自分自身が一回り大きくなった気がします。もちろん、甘いものも沢山食べて、身も心も大きくなりましたが、一番成長したのは、心の方です。
海外で生活していない限り、日本がどれだけ素敵な国か、知る事ができませんでした。異文化での生活体験は本当に貴重なものとなりました。いい思い出として残るだけではなく、これからの人生で必ず役に立つ経験が出来たと思います。
英語が全くできないまま決めたカナダ留学での話へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  - 

pagetop