「オーストラリア」の記事一覧

ケアンズで語学留学したら1ヶ月で英語が理解できるように!?

大学を卒業した後の春休みを利用して

大学を卒業した後の春休みを利用して、オーストラリアのケアンズへ一か月間の語学留学をしました。ケアンズを選んだのは、趣味でやっていたスキューバダイビングの資格のインストラクターへのアップグレードもアクティビティに組み込める、という点です。将来その資格を使ってのワーキングホリデーも視野にいれていたので、語学学校のスケジュールとダイビングのスケジュールがあらかじめセットされているコースを選びました。
宿泊はホームステイを利用しましたが、春休み期間ということもあり、語学学校自体は日本人が多く、また授業よっては日本人同士でグループワークになってしまうことも多かったため、合間で個人授業をとったりすることにはなってしまいました。そのため、ホストファミリーが誘ってくれる行事や、ワーキングホリデー中の人に会える機会は積極的に利用して、時間を有効に使うように心がけました。
ダイビング資格のアップグレードはボート泊でクルーは全てネイティブという環境で行ったので、英語を使う機会としては一番よかったかもしれません。仕事の状況などもクルーに教えてもらいながらの取得だったので、実際自分がワーキングホリデーをするとしたらどれくらいの収支になるのか、適した場所や職場はどこか、などとても参考になりました。また、ケアンズ以外の場所も検討してみたらどうか、というアドバイスももらいました。
同じ時期に留学していた日本人は、学生から社会人、WHのスタートにきている人など様々で、ダイビングの初級資格をとって帰る人が多く、概ね、みんな満足していたように思います。ケアンズは日本人の受け入れに慣れている、過ごしやすい場所ではありますが、逆に英語を使う少なくなりがちなので、こうして語学以外の目的も持ったほうが、充実した留学期間を送れるのではないかという印象でした。
ケアンズで語学留学したら1ヶ月で英語が理解できるように!?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

TOEICで高得点を取りたいなら何度も挑戦することが一番の近道!

TOEICを受けた理由

私は昨年末TOEICを受けました。受けた理由は、派遣会社になるべく多くのスキルを登録したかったからです。それまで履歴書には「日常会話程度」と書いていましたが、企業のサイトを見ると具体的に何点以上、という条件が書いてあるところが最近は多く、やはり受けておかねばと思いました。
また、英語は中学の頃から英会話教室などに通っていましたので、生活レベルくらいはできるのですが、実際何点くらいなのか分からなかったため、一度知りたかったと言う事もあります。

TOEICを受けた印象

実際にTOEICテストを受けてみて、印象はとにかく例文が早くて聞き取れないということです。また、英・米に加えオーストラリアのアクセントで話されるので、それも混乱する原因になりました。
初回はただでさえ緊張していますので、聞き取れないという事がさらにプレッシャーになり、本当は集中すれば理解できた事もあったかもしれませんが、とにかく耳を右から左に通り過ぎていきました。
私の受けた会場はスピーカーの質もよく、声ははっきり聞き取れましたので、やはり早いリスニングに耳が慣れていなかったせいと思います。
また、解答用紙に何か書くのは禁止されていて、メモも取ることができませんので、全ての内容を暗記する必要がありますが、緊張しているのでそれもうまくできず、初回はめちゃくちゃでした。後で受けた人に聞いたら、皆最初はそうだというので少し安心しましたが、それでもやはりへこみました。
実際に受けた結果は思ったより低い720点で、それから受けていませんので、実際の就業に関してはあまり得したことはありませんが、それでも自分でレベルを知れたという事と、何がウィークポイントかがはっきり分かったことが何より得した点です。

TOEICを資格を持っていて得したこと

また、それほど高い英語力が求められない会社であれば、TOEIC720ならそこそこ喋れるという感じで見てもらえるところもあります。何より、点数がはっきりしていれば、採用するほうも明確な目安になっていいのだと思います。
TOEICで高得点を取りたいなら何度も挑戦することが一番の近道!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

TOEICのスコアを基準にレベルの合った語学学校を探せる

TOEICを受けた理由

私がTOEICを受けた理由は、大学の英語の講義で、TOEICを受けることが義務付けられていたからです。義務だったと言っても、私は無理やり受けさせられたとは思っていません。
TOEICは立派に世界で通用する英語力判定基準になりますし、これからこのグローバルな社会に出ていく者の身として、受けておいて損はないと思ったからです。

TOEICを受けた印象

試験は難しかったです。選択形式ですが、運だけで高得点が取れることはまずないと思いました。点数を取るには実力をつけるしかありません。問題の難易度以外では、試験時間の長さが気になりました。かなり長いので、人によっては途中で集中力を切らしてしまうと思います。
リスニングの部分では、特に集中を要しました。一度遅れてしまうと、本当は出来ていたはずの問題まで出来なくなってしまいます。それと合わせて問題数も多いので、事前に模擬試験を受けるなどしてしっかりと対策をしないと、実力を出すことは難しいと感じました。一緒に受験した友人も、問題の多さに疲れてしまったと言っていました。

TOEICを資格を持っていて得したこと

私はオーストラリアへ語学留学をしたのですが、その際、自分の英語力を客観的に相手に示すことができるという点で役に立ちました。語学学校に入学してクラス分けテストを行なうとき、TOEICの点数で、事前にある程度の予測が出来ます。これは学校側にとっても自分にとっても円滑にクラス分けをするのに役立ちます。
また、TOEICの点数を基準にすることで、自分がその語学学校の授業に着いて行けそうかどうかや、この学校のこのクラスに入るにはあとどれくらいの勉強が必要かなどを見積もることもできます。そのおかげで、余計なお金や時間をかけることが少なくなります。
他にも、自分に何が出来て、何が足りていないのか判断できるので、これからの進路を決めるときに指標になりました。
TOEICのスコアを基準にレベルの合った語学学校を探せるへお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

問題多すぎ!?TOEICで高得点を取るなら慣れと戦略が必須

TOEICを受けた理由

TOEICという試験が気になり始めたのは、大学生になってからでした。大学受験で頭に叩き込んだ英語の知識を忘れてしまう前に、有益な形で残せたらと考えたのが受験したきっかけです。
就職の際に英語力をみる企業もすでに多くなってきていた頃でもありました。大学に入るまでは文部科学省認定の英検を受験していましたが、TOEICは英検と異なり、ノンネイティブを対象とした世界規模の試験であることもグローバル化が進んだ現代に合っていると思いました。

TOEICを受けた印象

初めて受けた時はまずその試験時間に面食らいました。TOEICは1回の試験が2時間。大学の講義の多くが90分。集中力の持続はせいぜい45分〜60分なので、120分ずっと試験に集中しているのはかなり脳が疲労します。
問題と問題のインターバルも少なく、200もの問題ひとつひとつに手間取っていられません。次々答えていくスピード感も重要でした。 また、英検と違ってメモを取れないのが想像以上につらいです。これは単なる英語の試験ではなく、慣れと戦略が必要だなと感じました。

TOEICを資格を持っていて得したこと

実際にTOEICのスコアが武器とするには800以上はあるべきなのかもしれませんが、そこまでではなくとも一定の指標にはなるでしょう。
入社試験や転職の際もTOEICの点数でざっくりと英語力をみられ、認められることは多かったです。また、イギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語、カナダ英語の違いに触れることができるのはTOEIC学習の楽しいところだと個人的には感じています。海外旅行に行った際もネイティブの話し方を聴くのが楽しみになりました。
問題多すぎ!?TOEICで高得点を取るなら慣れと戦略が必須へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop