「イギリス」の記事一覧

英語漬けの効果!海外のドラマや映画、本なども絶好の勉強道具

英語で行動する英語学習方法

アメリカやイギリスのライフスタイルが大好きで、英語をどうしてもしゃべりたいわたしは、まず日本にいるときはネイティブの先生の教える英会話教室に通っていました。人数の多い英会話教室ではなくて、外国人の先生が1人で教えてくれる対話形式の英会話教室だったので、外国人の先生と話をするように教えてもらうという勉強方法でした。
最初は言いたくても言えない言葉が多く、ジェスチャーだけで伝えようとしていましたが、単語や文法を覚えるようにしながら英会話も進めていくと、先生の言う英語が簡単なものは自動的に頭の中で変換されているようになることに気づきました。つまり、大事なのは英語表現をたくさん記憶して、相手の言うことを聞き取り、それに対する答えも頭の中で用意しておくと、するすると出るようになるのです。とはいえ、英語表現の暗記というのは簡単ではありませんでした。
わたしが実践したことは、家の中で一人のときでも、英語で行動するようにしていました。料理をしているときも、独り言のように自分の今の行動を英語に置き換えてみるんです。テレビも日本の番組は極力見ないで、英語の番組を字幕なしで見てみて聞き取る練習や表現を覚える練習をしました。最初のうちは、話すスピードの早さについていけず、またアメリカ英語独特の舌の巻きによって単語が聞き取れなかったのですが、イギリスの英語番組は何となく分かる感じがしてきたので、勇気を出して、イギリスへの2週間のホームステイを決めました。
日本にいても、やっぱり英語漬けの環境にはなりにくいので、現地に行き、右も左も分からない中で実際暮らしてみると、わかるものがあるのではないかと思ったのです。イギリスに行くと、やっぱり最初はちんぷんかんぷんでしたが、でも今までの暗記勉強の効果もあって全くわからないわけではありませんでした。お店でも欲しいものを言い、お金を払うとちゃんと買えるし、ホストファミリーの家族もわたしが日本人だと思ってゆっくり分かりやすくしゃべってくれているというのもあると思いますが、言葉を聞き取ることができました。
イギリスにホームステイして、日本にいるときの暗記勉強の不足を感じたのは、暗記した単語や文章ではなく、自分の言葉で伝えるようになりたいと思うようになったことです。日本語でも、心の細かい気持ちの動きなど文法の本に乗っていない文章がありますよね。そういう部分を話したいと思うようになったので、わたしは海外の映画やドラマで感情を伝えるための活きた英語を覚え始めました。
こんなときそんなふうに言うんだ、とか今までストーリーだけ追っていた映画やドラマがすごくおしゃれな英語の勉強方法になったのです。日本に帰宅してからも、すぐにイギリスに戻りたくなり、語学学校に入る準備をしました。英語学習で大事なのは、まず最初は知っている文法や単語、英語表現を一通り覚えること。その次に、今度は自分の言葉で感情を使えられるようになるくらい英語が出てくるようになること、そして英語漬けの環境に入ることのような気がします。海外のドラマや映画、本なども絶好の勉強道具になります。
英語漬けの効果!海外のドラマや映画、本なども絶好の勉強道具へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  - 

海外旅行で使える英語を1ヶ月で習得できる効率的な英語教材

イギリス旅行も大成功

去年の話ですが、旧友とイギリスへ旅行にいくことになりました。友人も私も英語は20年前に大学の最初に習ったきりで、ほとんど覚えていません。そんな二人でしたが、パック旅行で決められたルートを回るのは嫌だということで、個人旅行での英国です。当然言葉のことが話題にでまして、お互いに話せないというところから「これじゃあいかん、せっかくのイギリス旅行なのに英語の一つも聞き取れないではもったいないじゃないか」ってことになりました。
なにかいい教材はないかしら、と探していたところ、私の夫の友人が使っていたという「30日間英語脳育成プログラム」に行き当たりました。イギリス旅行の当日まで1ヶ月半くらいあったので、30日ならちょうどいい期間です。夫の友人もこれを使って英語が聞き取れるようになってという話を聞いていましたので、半信半疑ながらも利用してみました。
私は初級コースを利用したのですが、最初はなにかどんどん会話が進んでいって、正直にいえば「なんのこっちゃ」でした。これで本当に分かるようになるのかと投げてしまいたくなりましたが、旅行も目前なので聴き続けていました。すると、5日か6日くらい経った頃でしょうか、なんとなく聞き取れるようになってきたのです。
聞き取れるようになると面白くなってくるもので、それから先は英語を聞くのが楽しみになるほどでした。耳だけは一足先にイギリスへ飛んでいってしまったように。30日後にはちゃんと英語がしっかりとわかるようになりましたし、字幕も吹き替えもない洋画を見てもしっかり内容がわかるようになりました。もちろんイギリス旅行も大成功で、イギリスの方々ともぎこちないながらもコミュニケーションをとることができました。最初は半信半疑でしたけれど、本当によかったと思ってます。
海外旅行で使える英語を1ヶ月で習得できる効率的な英語教材へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

TOEICの魅力!インプットとアウトプットを効率的に実践?

TOEICを受けた理由

イギリスに1年間留学していたため、帰国後から転職目的とスキルチェックを兼ねて受けはじめ、今も年に2回を目安にテストを継続しています。勉強の励みにもなっており、毎日通勤電車でのリスニングと洋書は欠かせません。TOEICを受けるようになってから、正しい英語を意識して使うようになったので、英語のインプットとアウトプットを手っ取り早く、確実にできる、効率的な方法だと思います。

TOEICを受けた印象

帰国後すぐに受けた際は、700点程しかありませんでした。文法問題にクセを感じたのと、傾向対策のため、NINTENDO DSや過去問題集をやったところ、次のテストでは825点になりました。机上の勉強だけでは太刀打ちできないと思ったのは、リーディングです。長文を短時間で読んで、意味をきちんと理解していないと答えられない問題が多かったため、英語の使用経験のみが結果に繋がる感じがしました。
リスニングはそれほど難しくはないです。ネイティブはもっと早く話すので…。日本人はリスニングに苦手意識を持っている方が多いと思いますが、文法をしっかり勉強している分、実践を積めば伸びるので、是非訓練して欲しいです。英会話教室でもいいと思いますし、コスト的にはオンライン英会話もおすすめです。

TOEICを資格を持っていて得したこと

TOEIC825点を取得してから転職し、ドイツ系外資家電メーカーでプロダクトマネージメントとして働いています。人気の職種ですが、やはり英語力を証明できた点が強く、内定をいただきました。
本社がドイツとはいえ、グローバルに展開しているメーカーなので、資料は英語版が用意されており、本社に勤務しているドイツ人も英語が話せます。なので、ドイツ語が話せる必要はなく、英語さえできれば問題ありません。むしろ、英語が使えないと、各国のプロダクトマネージメントの方々や、社内の外国人の方々と情報交換ができず、孤立してしまいます。
TOEICの魅力!インプットとアウトプットを効率的に実践?へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

英語に対する苦手意識を無くすことができる海外留学のススメ!

自分の目的にそった努力が必要だと感じた留学

25歳の時に、イギリスの語学学校に半年通ったことがあります。イギリスへの留学は語学留学というよりも、その後、現地の大学に入ることが目的でそのための準備期間として語学学校に通ったため、短期間でいち早く語学を習得することが私の目的でした。 (さらに…)

英語に対する苦手意識を無くすことができる海外留学のススメ!へお問い合わせ

関連キーワード

 -  -  -  -  -  -  -  - 

pagetop