NHKの「大人の基礎英語」を活用すると英語学習が続けられた!?

2012年9月28日
LINEで送る
Pocket


ディーリングよりヒアリング!英語学習方法

年齢的な問題かも知れませんが、以前は紙面で文字としての英語を見なければ英語で何を言ってるのか理解することが出来ませんでした。どう言う状態かというと、耳で聞くだけでは何を言ってるのか聞き取れなかった(理解ではなく)のです。映画ならば、日本語の字幕の代わりに登場人物の会話を英語でそのまま流す感じでなきゃ駄目だったんです。単語の意味が判らなけくてもそのまま英語を聴き取って文字に出来ることがかなり重要だと言う事に気がついたのは30歳を越えてからでした。まず、何を言ってるのかを正確に聞きとることが重要だと思います。
そこに気がついてからはとにかくCNNや海外ドラマ(字幕)を見る事にしました。CNNはとにかく意味が判らなくても流しっぱなしに、海外ドラマは録画して一度目は字幕を見ながら普通に見ますが、その後からは画面を見ないで声だけ聞くことにしています。一度見ているので映像のイメージとあらすじが頭にある分、声だけ聞くと英語が耳に入りやすいです。それに登場人物の声を聞き分け出来るので意味も理解しやすいのでアメリカの日常で使われてる言いまわしで判らないものがあるとその時だけ画面を見て確認も出来ます。
取り合えず、目で見る左脳方式に慣れてしまった自分を徹底的に改善することからはじめました。後は、年に数回海外に行くのでそこでの実践で鍛えます。その場合、海外での予定と自分の行動であらかじめ妄想というか予想をして、言い方を予習することもなかなか役に立ちます。ただ、そればかりをやり過ぎると、間違ったまま覚え込む可能性もある為にネットや本で言いまわしのパターンは調べ直すことも大事だと思います。
別の教材としては、NHKの「大人の基礎英語」録画して週に一度まとめて見てます。旅をしているというシュチエーションなので気楽に見れるのが良いのかも。もう少し若く、さらに耳が良ければ英語の発音ももっときちんと出来たのかも知れません。ですがそこまでは欲張らずに、今は相手が何を話してるのか正確に聞きとること、基本的な言いまわし+ふさわしい単語の使い方に特化して、幅を広げたいと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop