英語学習は環境で効果が180度違う!適した環境を整える8つのポイント

2012年8月3日
LINEで送る
Pocket


自分で簡単に出来る英語学習方法

英語は言葉なので、実際に使える環境で学ぶことがとても大切です。一方で、日本で生活を送っている限りなかなかそのような環境には行けません。また、単に環境に入ったからといって、自動的に英語を話せるようになるわけでもないようです。適切な学習方法で学びつつ、英語を使える環境にはいる。ということが英語学習をする上でもっとも効果的な方法です。
しかしながら、このような環境を体験できる人は少ないと思います。たいていの場合は、独学で学ぶ必要があります。残念ながら、日本語と英語は音の面、文法面などを見ても大きくは慣れた言語です。和訳、筆記中心の学校英語をどれだけしても英語を操れるようにはならないように、英語学習方法の正解は見つかっていません。現在、私が取り組んでいる学習法はそれなりに効果がありそうです。私が取り組んでいる学習方法は、リスニング、音読、英作文を組み合わせた勉強法です。
まず最初に、英語の耳をしっかりと作ります。しっかりとと言いましたが、英語の回路ができないとリスニング力も上がりません。ですので、なんとなく英語を聞き取れると思うまでしっかりと英語を聞き込みます。リスニングだけではこれ以上伸びないと思う地点が必ず来ると思います。このときに、音読を初めて下さい。リスニングだけだと、音が重なって聞こえたり、単語の順番が頭の中でごちゃごちゃになったりすると思いますが、音読をすることで英語の回路ができると、音の重なり、単語の順番が整理されて聞き取れるようになります。
音読は色々な教材で行う必要があるのですが、効果を実感したければリスニングした教材でやるといいでしょう。音の整理、英語回路ができたら英作文です。英作文と言っても、紙と鉛筆は必要ありません。日本文を見たり聞いたりして、10秒以内に英作文をします。簡単な文でかまいません。語順、文法などを考えずに英作文してください。英語が身に付いていれば簡単にできます。まだの場合は、音読をもっと繰り返しましょう。そうすることで徐々に英語が扱えるようになっていきます。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop