洋書”オズの魔法使い”を使った初心者におすすめの英語学習方法

2012年8月18日
LINEで送る
Pocket


オズの魔法使いを使った英語学習方法

私の行ってきた勉強方法は、色々あります。高校生だったころに使っていた参考書を読んでみたり、英語の勉強は英語でするに限ると聞いて、アメリカの子供向けの簡単な教材で勉強をしたり。しかし、どの勉強法も、あまり効果が現れませんでした。理由は簡単です。途中で勉強するのに飽きてしまうからです。そもそも、私は勉強が嫌いで、英語以外の勉強も捗ったためしがありませんでした。
そんな私ですが、ある日、通販サイトで見かけた本をきっかけに英語の勉強を始めました。その本の名前は「The WONDERFUL WIZARD OF OZ」。オズの魔法使いの、翻訳されていないアメリカ版です。海外の本は安く、オズの魔法使いは300円以下の値段だったので、つい購入してしまったのです。届いたオズの魔法使いを開いてみると、子供向けの小説なので、あまり難しい単語も文法も使われておらず、辞書片手にではありますが、スイスイと読んでいくことができました。
子供向けなので挿絵も多く、挿絵と照らし合わせることで、辞書を引く前に意味にあたりをつけることができたことも、早く読むことができた要因になりました。子供向けなので、ページ数もあまり多くなく(140ページほど)、二週間で読みきることができました。子供向けとはいえ、一冊の本を読みきったので、英文を読む自信がでてきて、敬遠していた海外サイトの英文などにトライしてみようと思い、英文で書かれた記事を読み始めると、思っていたよりも難しい文章ではなく、辞書を使う必要はあったものの、一つの記事を読みきることができました。
英文を読むことになれていたことと、辞書を開く習慣ができたことで、ボキャブラリーが多少なりとも増えていたことが、いままで最初の一行すらまともに理解できなかった英文を読破することに繋がりました。オズの魔法使いは、英語の勉強が苦手だった私に、英文を読める魔法をかけてくれたようです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop