これで英会話が変わる!ネイティブとネイティブではない人の違いは3つだけ

2012年8月20日
LINEで送る
Pocket


英語圏の人と話す英語学習方法

英語のスピーキングの上達にはなんといっても実際に英語圏の人と話すことが大切です。最初は挨拶やカジュアルコンバセーションなど軽い話から始めます。この始めるということが大変なのですが、日本でも今は外国人が多いので、駅や道端またはカフェなどで英語を話せそうな人を見かけたら必ずHiやHelloなどと声をかけてみることです。そうすると、日本で生活する外国人は寂しい思いをしていることが多いので、たいてい返事を返してくれるでしょう。
でも一つ注意して欲しいことは白人に見えるからといって英語圏出身とは限らないことですね。もし英語圏から来た人ではなくとも自分の国ではなく、海外で生活している人なので、多少は英語がわかるかと思います。また、日本人に見えるようなアジア人でも英語圏出身の人は実は結構多いので、英語をしゃべってる人をみかけたら、英語で声をかけてみましょう。
一度声をかけて、返事をしてくれたらもう準備は万全です。何でもいいので、自分の知ってる限りの英語を尽くし、少しでも会話を伸ばしてみてください。もちろん、相手が忙しいときはしつこくしてはいけません。もしも嫌なそぶりをされたらByeといってその場を離れましょう。でも、相手がもっと会話を続けてくれそうだったら、メールアドレスの交換などをしておきましょう。もしかしたら友達になってもっと会話の練習ができるかもしれません。
友達になれれば英語のレベルは1段階上になれます。きっと相手も日本語の練習をしたいと思いますので、ちゃんとそれに付き合ってあげるのも大事です。英語で外国の友達と会話するのは楽しいものです。気が付くと色んな新しい単語や文法を使えるようになっていたということもあります。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop