暇なときに英語学習、自宅や電車の中でもできるヒアリング強化法を紹介

2012年8月6日
LINEで送る
Pocket


上達し続ける英語学習方法

自分で行う英語の学習方法で高校時代は学びました。高校が遠くなり、帰りも遅くなり体も疲れていたので、中々学習塾へ行けなかったのです。そこで、自分で考えて勉強をしました。いつでも自宅や電車の中で出来る方法ですので、マイペースで無理なく出来るのです。一つは、外国の映画や音楽を視聴します。外国の映画は、日本語に訳されていないものを観ます。目でその役者の動きと表情を見ながらにして、会話を耳で聞くのです。
自分の好きな映画ですと、自然と覚える事が出来るのです。それを繰り返して見ていますと、その場面での英語の喋り方が自然と出てくるのです。本場の英会話を何度も聞く事によって、自然と英語が頭に入るのです。音楽も、好きな英語の音楽ならば、集中して聞きますからかなり覚えます。私の場わいは、アメリカのアーティストの音楽を一日に何度も聞きました。すると、その覚えたフレーズが口から出るようになったのです。
そのフレーズは、何年経っても覚えていて、英語を話せて理解出来るようになったのです。それに、とても発音が良くなりました。ある白人との会話で、とても発音が良いと褒められたのです。その映画や音楽では、とても楽しく聞いたり見たりする事が出来るのです。ですから、無理なく楽しく聞く事が出来ます。それに、そういった映画や音楽では、日本で習わないような単語や会話が習えるのです。若者の言葉などを習えますので、より楽しく英語がわかり、アメリカや海外が身近になるのです。
英語の文を読んでいても、かなりのレベルのヒアリングが出来るようになったのです。自分で言うのもなんですが、かなりの英語の発音は自信があります。この発音は、自己流なのです。自然とその発音が身についていて、自分でもびっくりしたのです。耳で聞いた発音は、一生涯に渡り覚えているものなのです。外国人と話す時にも、自信を持って英語を話せるようになりました。あとは、単語を覚えたり、多くの外国人の会話を聞いたり、音楽を聴いたりする事で、ずっと英語を忘れずに上達していきます。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop