マンツーマンの効果は?英語学習を家庭教師にお願いすることのすすめ!

2012年8月8日
LINEで送る
Pocket


家庭教師から習う英語学習方法

塾と家庭教師によって、英語を学習しました。家へ、学校が終了してから二時間ほど英語を習いました。その日に学校で習った事をその先生にもう一度習います。受験もある中学校三年の時には、この方法で学習しました。学校で習った英語をもう一度、学習出来ますので、より身近でわかりやすい方法でした。自宅へ来てくれますから、自分で行く時間が省けますし、体も疲れなくてより勉強出来ました。
先生は、教科書に添ってゆっくりと丁寧に教えてくれますので、とても判り易かったです。文章の書き方では、日本語の文章を英語に直したり、英語の文章を日本語に直したりします。更に、単語の書き方や読み方、日本語に訳したりします。ヒアリングも行ってくれますし、単語の書き方を丁寧に繰り返し教えてくれるので、学校で教わるよりも判りやすかったのです。自分で持っていた英語のドリルを見せて、一緒に問題を解決したりもしました。家庭教師は、自分で容易した教科書やテキスト、ドリルを見せてそれに添って教えてくれるのです。
その家庭教師を一年間の週に2回ほど行いました。学校での次の授業での英語の内容を前もって教わっていたので、とても判り易くなり、楽しく授業に参加が出来るようになったのです。それに、ヒアリングも良くなり、先生から褒められました。スペルの書き方もスラスラと出来るようになりましたし、英語の文章も理解出来る様になりました。
テストの点も格段に上がりましたし、英語の内容を理解出来るようになると、その授業を楽しく参加出来る様になりました。そして、3年生の通信簿が一つ上がりました。それに、英語の文章を自分で作り、日本語に直す事が簡単に出来るようになり、英字新聞や英語の映画を見ていても、日本語に訳す事も出来るようになったのです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop