ラジオ英語学習で効果を出すためのポイントは2つだけ

2012年8月8日
LINEで送る
Pocket


ラジオを聴きながら出来る英語学習方法

私が行った英語学習方法は、ラジオを聴きながら行う学習方法でした。毎日のように行える方法で、自宅で気軽にいつでも出来る方法なのです。夜の20時頃になると、中学校の一年から三年までの学生の為に作られた内容で進めて行くカリキュラムなのです。その内容は、一年生の学校で習った内容に近いものを習うのです。本場のヒアリングも聞けて、更に、文章なども学習できます。アメリカの先生によるもので、その先生が色々な文章や単語を繰り返し喋ってその話かたなどを教えてくれます。
テキストがあって、そのテキストにそって行っていくのです。そのテキストには、その中学一年生のレベルにあった英語の単語や文章が載っています。そして、その文章を作成するには、どんな単語を入れるのか、単語のスペルから発声練習を行うのです。時間は、一回につき30分行います。男性の先生や女性の外国の先生が教えてくれます。日本人の先生も出て来て、その先生が日本語でその問題についての解説を行います。
ですから、とてもわかりやすく教えてくれるのです。テキストも、一冊が250円ほどで書店で売っていて、定期的に購入する事も出来ます。見やすい文字と文章で書かれていて、その単語や文章のポイントが書かれていたりして、わかりやすく重要ポイントを教えてくれるのです。それに、テレビでも英語を学習できるのです。15分の番組では、目で耳で視聴しながら教わるのです。目で見ながら行えるので、ラジオよりも楽しく覚えられます。
テキストがあり、そのテキストに添って行っていきます。外国人の先生同士が、日常会話などをジェスチャーで行いながら進めていきます。会話形式で行い、それに使う単語の発声練習を何度も繰り返してくれます。効果は、ラジオもテレビの方法でも、本場の英語が聞けましたので、発音がとても良くなりましたし、簡単な日常会話も喋れる様になりました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop