英語の勉強に悩み試行錯誤して考えた自己流の英語学習法を紹介

2012年8月1日
LINEで送る
Pocket


自己流の英語学習方法

学生の頃、英語の勉強に随分悩まされました。まず、言葉が違いますし、文法も違います。こんなのどうしたら覚えられるんだと思った時もありました。しかしある時、ある事に気づきました。問題の英単語を全部日本語にしてしまえば、後は日本語の並び替えに変わるのではないかと。例えると、Can you tennis?(あなたはテニス出来ますか?)という問題があったとします。(簡単な問題すぎて申し訳ない)この文章を直訳すると、出来る、あなた、テニス、になります。
もし、問題の文法が分からなくても、単語すべてを日本語に訳してしまえば後は正しい日本語に並び替えれば良いだけになります。そう思ったときから、私は試験範囲の英単語をひたすら暗記、スペルも覚えました。すると、問題を見ると覚えた単語ばっかりで、日本語に訳しては並び替え、訳しては並び替えを繰り返し、ほぼノーミスに近いレベルまで点数を取ることに成功しました。
それからというもの、苦手分野だった英語がだんだんと得意になっていきました。不安要素であったリスニングも、単語さえ覚えていれば聞いた内容の中の単語を訳して繋げる。文字で記されているかいないかの違いしかありません。私が思うに、英語が難しく思う理由は、動詞と接続詞にあると思います。動詞1つに対して、前後の分の内容で意味が全く変わってしまうので、そこに悩まされる事が多いと思います。
しかし、単語を覚えてしまえば動詞がどのような意味を指しているのか分からなくても、日本語としてしっくりくる文を自分で作ることさえ出来ればそれが正解なのです。意味の分からない文を問題にするわけが無いのですから。この勉強方は様々な言葉にも対応できるのが強みだと私は思います。ですので、もし、英語が苦手という方はこの勉強方を一度試してみてください。暗記はひたすら読む、書くを繰り返せば自然と頭に入りますのでぜひお試し下さい。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop