英語学習はかなり努力が必要!ひたすら何度も繰り返しす効果は?

2012年8月5日
LINEで送る
Pocket


中学生の時の英語学習方法

これは私が中学の時にやっていた英語のひたすら学習方法です。まず教科書を声にだしてひたすら読みます。意味がわからなくても関係なく、何度も読みます。スラスラつっかえなくなるまで何度も声にだして読みます。スラスラ言えるようになったら、単語帳をつくって書いて単語を覚えます。このときもできるだけ口にだして覚えます。単語のつづりを覚えながら同時に英文を訳していきます。訳したらその文章がどんな内容か把握します。
そして最後まで声にだして読み続けることを続けます。なぜこんなことをするかというと、声にだして読み続けることによって、つっかえる部分はまだ自分で覚えていない部分であることがわかります。スラスラ読めるということはある程度暗記をしていることになります。単語書くことによって、目でおぼえることができます。和訳をすることによって、教科書の内容がわかるのでここからは国語の文章問題と同じような形になります。
内容さえ覚えていればゆっくりおちついて解答をするこよができます。最近感じた英語の勉強法は、実際に英語を使ってみることだと思いました。なぜなら、先日海外旅行に行ったときに現地のガイドさんやホテルの従業員が英語しか話せない人たちで、最初はすごく困ったけどだんだん耳がなれてきて、なんとなく聞き取れるようになったのを覚えています。
今回のことから英語は実際に使って話すことの重要さというのを認識することができたと思います。実際に外国人と話す機会というのはむずかしいと思いますが、教科書を声にだして読むことは結構簡単にできることなので、ぜひ使ってやってみてほしい勉強方です。騙されたと思ってやってみてほしいと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop