体験レポート!英会話教室の私が体験した学習内容と効果を解説

2012年8月18日
LINEで送る
Pocket


英会話教室に通って学ぶ英語学習方法

英会話教室へ仕事終わりに週2回ほど通っていました。勉強に使っていたのは、そこから配布されたテキストと、仕事で必要な書類作成(外国人向けの手紙やお知らせ、ニュースレター)の英訳です。私の場合、仕事先が宿泊施設で、外国人宿泊客も多かったので、書類の英訳などは、必要に迫られて、というのもあります。レッスンの内容は、最初の15分はフリートーク。
その後の15分はテキストで、最後の10分を、自分が家で英訳してきた書類の先生によるネイティブチェックに当てました。先生はカナダ人だったので、英語も聞き取り易く、とても親切に教えてくれていました。一番役に立ったのは、最初の15分のフリートークです。この時間は、最近何があったか、週末どうしていたかを英語で会話するのですが、これが案外簡単そうに見えて難しいのです。
言いたい言葉が出てこない、のどまで出掛っているのに言い出せない、自分が何を言おうとしていたのかわからなくなる、など、フリートークではとにかく壁にぶち当たりました。日本の英語の勉強だと、読み書きや聞く事には慣れていても、自分が英語を話すという部分が今迄の英語学習の過程で欠けているのだな、と痛感しました。
それ以降は、通勤の電車の中で、次のフリートークで話す話題を考え、英語でイメージしました。これは英語だと何と表現するのだろう、とか、話したい事を頭で整理してから行くようになりました。そのおかげで、ずいぶんと言葉がすらすら出るようになりましたし、語彙力も上がりました。新しい表現単語を、メモに書き留めて行ったおかげで、次にまたわからないときは、それを見直すだけで覚える事が出来ました。
効果としては、TOEICの点数も800点近くまで上がりましたし、会社で、外国人専用デスクへ異動になりました。もともと希望していたポジションなので、すごくやりがいもありますし、俄然モチベーションも上がりましたね。英会話は、一人で机に向かって勉強していてもできるようにはならないので、ぜひ人と話す機会を自分で作って、勉強してみて下さいね。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop