働きながらでもできる、TOEICスコアを確実に上げるリーディングのポイント

2012年7月23日
LINEで送る
Pocket


通勤時間を利用する英語学習方法

私は、派遣会社で働いているので、スキルアップは常にするように心がけています。必要とされるスキルを多く持っていないと、今のご時世、なかなか厳しいです。特に、最近は、TOEICスコアを求める企業が多くなってきているような気がします。そうはいっても、働きながら英語の勉強なんて、とても無理だ、という方のお気持ちもよくわかります。
そこで、私がお勧めしたい勉強法があります。それは、通勤時間を利用して勉強する、という方法です。私は、通勤に片道一時間程度の時間をかけているので、いつもは、その時間を利用して、小説を読んだり、音楽を聴いたりしていました。その時間を、英語の勉強の時間にする、ということです。家にいると、テレビをみたり、パソコンでインターネットのサイトをみたりしてしまうので、なかなか勉強に集中できません。
その点、電車の中はエアコンもきいているし、カバンの中に本しか入っていなければ、英語の勉強ぐらいしかやることがなくなってしまうので、かなり集中して、勉強することができると思います。電車の中ですので、たまに隣にうるさいおばさんや学生などが座ることもあります。その時用に、歌詞の入っていない静かな音楽(クラシックやインストゥルメンタル系)の音楽が入った、MP3プレイヤーなどを持っていくことをおすすめします。
また、その時利用する本は、文庫サイズの小さなTOEIC対策の本などをおすすめします。大きい本だと、持ち歩きがきついですし、電車の中で開けない場合もあるので、なるべく小さな本をおすすめします。この勉強法をつかったところ、TOEICの点数は500点台から650点前後まであがりました。毎日英語の文章をある程度読むことになるので、読む速度は確実にあがりますし、単語力もかなりつくと思います。
なかなかリスニングの勉強がおいついていかないのが難点なのですが、その辺が今後の課題になりそうです。リーディングの勉強方法としては、電車の中でもくもくと毎日やる、というのは、おすすめです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop