完全オリジナルのTOEICテストに特化した英語学習法を紹介

2012年7月22日
LINEで送る
Pocket


自己流英語学習方法

中学生のころにハリウッド映画にはまった私は、とにかく映画少女でした。毎日毎日映画を見ては、お気に入りの俳優の台詞を何度も繰り返し言ってみたり、時には暗記したりもしていました。そんなこんなで受験を迎えましたが、英語に関しては、あまり勉強という意識がなく、そのためあまり勉強が大変だったというイメージもないのですが、テストは毎回ほぼ100点。
100点が取れないと、自分でもなんでだろう、おかしいな、と思うくらいの自信がなぜだかありました。高校に入ると、なかなか好きなだけだと点数が思うように取れなくなり、多少は参考書などを解いて、文法などの知識を復習するようになりました。使った参考書は英語頻出単語、イディオム演習という桐原書店が出しているものです。単語帳もZ会の速読英単語というものを使っていましたが、とにかく同じ本をずっとやり続けました。
1回最後迄終わると、またもう一度、そしてさらにもう一度。と、5回はなめるように、同じ本を勉強していました。おかげで、やった本の内容は、ほぼ暗記状態でした。大学に入ってからは、英語系の大学に入った事もあり、英語の授業や通訳の授業なども増えました。英語講師のアルバイトを塾で始めたおかげで、中学レベルの英語を勉強し直すよい機会になりました。
特に中学レベルの英語は、日常会話などでよく使える表現が多いので、英会話の授業や先生と会話するときに役立ちました。それと平行して、同時通訳の勉強もしていました。使った参考書はウィスパリング同時通訳、著者、柴田バネッサさんです。これは通学時にひたすらイヤホンで聴いて、シャドウイングと呼ばれる、聞いたらそれを口で繰り返して言ってみる、という練習を繰り返しました。
効果としては、今ではTOEIC900点が取れた事でしょうか。それから外国人と話すときも、まったくほぼ問題なく会話できますね。海外で仕事をしていたこともあります。語学は詰め込めばできるというものでもなく、経験がものをいうと思うので、毎日少しずつでも積み重ねて勉強することが必要だと思います。私は今でも勉強中です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop