生きた英語を活用する英語学習方法が最も重要!?

2012年7月24日
LINEで送る
Pocket


有効的な英語学習方法

グローバルな時代に英語が使えるということは、もはや今は当たり前ですね。赤ちゃんが生まれてからすぐに英語を通信教育で始めるという方も最近は多いようです。どうすれば有効な英語学習が出来るか、それは勿論早く始めるのに越したことはないのですが、大人になってからでも学習方法次第でネイティブのように英語を使いこなすことは十分可能です。
私がお薦めする方法は、ただ文法や単語を覚えるだけではなく、それを実際に使うというような、生きた英語を活用する学習方法が最も重要だと思います。日本人でも外国で育てば外国語が話せるように、英語が耳に入ってくる、目に入ってくるような環境に自分を置くことが何より有効です。 英語教育の現場に外国人の先生がいるのもそのためです。
いくら沢山の文法を勉強し、単語を知っていてもそれが生かせず言葉にならなければ、それこそ宝の持ち腐れですね。実際外国人の方と会話をして自分が思っていた発音や文法は実は違っていた、なんていうことはよくあります。英語学習をマスターしたければ、外国人の方と接する機会を多く持つようにすること、国際交流会等に進んで参加することをお勧めします。
私も実際にそのような実践式の語学学習で英語をマスターしました。外国に行って語学学校に通った時も、あえて日本人の友達よりも外国人の友達と一緒に行動し、英語を話す環境に自分をもっていきました。今思えば英語を始めた時期は人より遅かったような気がしますが、このように環境と勉強方法を自分なりに工夫することで、難なく日常的に英語を使えるようになりました。英語が喋れなくても外国に行ける時代ではありますが、せっかくなので完璧に英語をマスターして、さらに楽しい旅にしたいものですね。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop