英単語カードの作り方!効果を発揮するアナログ的英語学習法

2012年7月24日
LINEで送る
Pocket


たくさんの単語を暗記する英語学習方法

英語を上達していくにはできるだけたくさんの単語を暗記していくといいです。単語を暗記していくには昔ながらの単語カードを使うようにしていくとより確実に覚えていくことができます。書き方はいろいろあると思いますがオーソドックスな書き方でいいと思います。表面には単語を書いて裏には意味を書くようにします。
ちょっと変わった使い方だと単語を書いたところに英語の読みを書くのですがその読み方は日本風の読みにします。例えば犬も歩けば棒に当たるのところで棒の部分だけスティックにして犬も歩けばスティックに当たるのようにすると楽しく覚えられます。日本語の文章の中に英語を交えることで意味もわかりますし忘れにくくなっていきます。
単語カードにそうしたいろんな文章を書いていくやり方もあるというのを知っておくとよりたくさんの英語を覚えていくことができます。最近は携帯などで英語のツールがたくさん出てきていますが字を書くことで体で覚えていけるようになるのでなるべく書くようにしています。単語カードは2種類用意して1種類は初めて覚えるものやなかなか覚えられないもの用にします。
もう1種類は復習用にしてもう答えを見なくても意味がわかるものだけを集めるようにします。大体わかってきたなと思ったらその単語の部分は外してどこかにまとめておいておくといいです。単語カードの活用は英語だけでなく資格の勉強するときにも役に立ちます。すぐにパッと見て開くことができるので重点的に覚えたいのがあったら単語カードの方がいいです。携帯でもいろんなアプリがありますが起動に時間がかかったりすぐに見れないことがあるので単語カードでアナログ式に勉強していくのもいいと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop