シャドーイングで英語力を格段に伸ばす練習法を徹底解説!

2012年7月24日
LINEで送る
Pocket


シャドーイングで伸ばす英語学習方法

英語の学習でリスニングが苦手な日本人は多いです。どうやって勉強するのが一番効果的かよく聞かれるのもリスニングです。しかし、本来は、外国語学習で一番簡単なのがリスニングでもあるのです。言語を覚える課程でいちばん最初に覚えるのは耳からの刺激だからです。とはいえ、やはりリスニングは集中的に何か対策を取らなければ飛躍的に伸びる事はあり得ません。そして、そのいったときの対策に有効なものがシャドーイングです。
シャドーイングは、耳で聞いたものを一拍遅れでどんどん言葉にしていく練習方法ですが、耳からインプットしたものを片っ端から口でアウトプットしていくという作業は、リスニングにもスピーキングにもとても有効です。しかも、レベルを選ばず練習できるところが特徴のひとつでもあります。使う題材はなんでもよく、ビギナーであればごく簡単なダイアローグでもいいのです。比較的ゆっくりなスピードのものでも構いません。大事なのは慣れることです。そしてレベルが上がればニュース素材や映画の台詞など、ネイティブがネイティブとして話している英語を題材に使って、そのあとにぴったりついて行けるようになるまでシャドーイングの練習を繰り返しすれば、リスニングもスピーキングも確実に一段実力があがります。
シャドーイングの欠点は、難しすぎることです。自分が普段聞いているレベルの英語を題材にすると間違いなく挫折するほど難しいです。ですから、自分の普段のレベルよりも下げた教材でやるのがお勧めですが、そうすると今度は「簡単すぎて勉強している気がしない」錯覚に陥ります。ここのバランスがとても難しいのですが、うまく活用できる人には強い味方になる勉強方法です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop